Binnenhof(ビネンホフ)に隣接する美術館、Mauritshuis(マウリッツハイス王立美術館)。
17世紀半ばに建てられたオランダ古典様式建築の美術館で、18世紀より王立美術館として開館している歴史ある美術館です。

開館当初は美術館の規模はさほど大きくありませんでしたが、オランダ絵画をはじめ珠玉の名品を収蔵することで知らていきました。
中でも世界に三十数点しかないフェルメールの作品のうち3点がここにあることは注目されました。
写真はフェルメールの代表作、”真珠の耳飾りの少女”。

2010年〜2012年にかけて拡張工事も行われ、今は広々とした館内に200点以上の美術品が収容されています。

改装されたものの、作品当時をイメージしたかのようなインテリアの館内は貴族な気分を味わいながら作品を楽しめます。

<スポンサーリンク>


美術館概要(2017年2月現在)
月13-18、火水金〜日10-18、木13-20
€14.00
ミュージアムカード可
Mauritshuis Plein 29 2511 CS The Hague, オランダ
+31(0)70 302 3456
https://www.mauritshuis.nl/