De Pijp(デ・ペイプ)地区を代表する巨大市場Albert Cuypmarkt(アルバート・カイプマーケット)は、アムステルダムで最も有名なストリートマーケットです。


約600mほどの長さもある屋外マーケットは、オランダで最大かつ最も人気のある屋外市場で、300店以上の屋台が連なっています。

1905年に始まったアルバート・カイプマーケット。

新鮮な野菜や魚が揃っており、また価格が安いことから今でも多くの地元民が活用しています。


衣料品、雑貨、お菓子などなどと、なんでも売っているのですが、
チーズ、生のニシン、焼きたてのストロープワッフルなども販売しているので、ここに来れば特産品が一通り食べられることから、人気の観光スポットになっています。

アルバート・カイプマーケットの周辺には飲食店が多くあり、マーケットが閉まる17時以降は、レストランやバーが賑わい、早朝から深夜まで活気のあるエリアです。


スムージーはオランダでは人気があり、スーパーマーケットにもスムージーコーナーが広く設置されています。
屋台のスムージー屋さんは、注文してからフレッシュなのを作ってくれます。
(忙しい日は作り置きが並んでますが、それでも新鮮です。)





生活を彩るお花は、オランダ各所で販売していますが、マーケットのお花はお手頃価格で種類も豊富です。


ナッツ屋さんには数十種類のナッツやらドライフルーツが並んでます。
ベジタリアンの方が多いヨーロッパな風景です。





オランダ名物の小さなパンケーキ、Poffertje(ポッフェルチェ)。
たこ焼き機のような専用焼き機で作られる、一口サイズのパンケーキです。
トッピングにシュガーやチョコレート、ヨーロピアンが大好きなヌテラをかけて食べます。
アムステルダム市街地だと、焼きたてを売っているお店はあまりないので、アルバート・カイプマーケットに来たら是非とも食してみてください。


こちらも絶対食べたいオランダ名物、Stroopwafel(ストロープワッフル)。
ぺったんこなワッフルの間にカラメルソースがたっぷり詰まったお菓子です。
焼きたては絶品です。


お肉屋さん(チキン屋さん)の出店では、その場で調理したフライドチキンや、ミートボール、サンドイッチなどが売ってます。
味付けは家庭料理に一般的に使われる調味料系なので、オランダの家庭料理を味わうことができます。
低価格でボリュームはたっぷりです。


お魚屋さんでは新鮮な魚介類がぎっしり並びます。
一般的なスーパーマーケットではエビや、サーモンと白身魚の切り身程度しか取り扱っていないので、あぁ魚が食べたいと思ったらマーケットへ!
鮮度がいいので生食も可とのこと。
午前中に訪れると切落とし部分が格安で販売しています。


マーケット通りから横道に入ると、オシャレなレストランやカフェ、雑貨屋さんが並びます。アジアン雑貨から、アンティークショップ、インテリアショップなど見て楽しめるお店が多いです。

 

Albert Cuypmarkt概要(2019年5月現在)
月〜土9〜17時
Albert Cuypstraat, 1073 BD Amsterdam, オランダ
Albert Cuypmarkt

*合わせて読みたいオランダ観光情報*