オランダのスーパーマーケットと言えばAlbert Heijn(アルバートハイン)。

他のスーパーマーケットよりも割高ですが、店舗数が多くお土産用のパッケージされたお菓子の取り扱いがあります。

パッケージの仕様にこだわらなければ、その他のスーパーマーケットの方が安く購入することができるでしょう。

スーパーマーケットで気軽に買えるお土産アイテムをご紹介します。

Stroopwafel(ストロープワッフル)定番中の定番Stroopwafel(ストロープワッフル)は薄いビスケット生地のワッフルにカラメルシロップが挟まったビスケット。

<Reference:Albert Heijn>
様々なパッケージで低コストで購入できるので、ばらまき用のお土産アイテムです。ベーシックなキャラメル味から、チョコ味、マンゴー味、胡椒味、オーガニックタイプなど種類も豊富なので、何回でもお土産として使えます。


<Reference:Albert Heijn>
変わり種でストロープワッフルのリキュールもあります。
キャラメルとスパイスの効いたリキュールは、コーヒーや紅茶に入れたり、お菓子作りに使ったりと多用途です。



Dutch Drops(リコリスキャンディー)

個人的には苦手なお菓子なのですが、オランダ人大好きなリコリスキャンディー。
オランダ人のリコリスキャンディーの消費量は世界一です。
見た目は真っ黒の飴なのですが、飴よりはグミに近いソフトな食感。
甘しょっぱい+ミントの爽快感な味わいです。
全く美味しくないけど話のネタになるお土産です。




Ontbijtkoek(朝食パン)
オランダの朝食用のパンの1つで、スパイスの効いたジンジャーブレッド。
ライ麦粉を使ったカステラのようなパンです。
スライスしてバターを塗って朝食やおやつに食べます。

<Reference:Albert Heijn>
コンテナに入っているタイプも売っているので、スーツケースに入れるにはこちらが良いかと。
多少日持ちするので、パン好きの方へのお土産になります。




 

Hagelslag(ふりかけ)
De Ruijter社のHagelslag(ハーヘルスラッハ)はオランダ家庭定番品のパン用のふりかけです。
トーストにバターを塗って、ふりかけをかけて食します。
基本的にチョコかシュガースプリンクルなのですが、カラフルなのでお子様用のお土産にもなります。

 

Pindakaas en Nutella(ピーナッツバターとヌテラ)
海外定番のスプレッド、ピーナッツバターとヌテラは世界中で購入できます。
オランダのピーナッツバターはピーナッツの含有量が高い製品が多く、より濃厚なことで人気があります。
またヌテラの大きなパッケージは、お土産として迫力があります。

 

Cakemix(ケーキミックス)
お菓子作り好きの方へのお土産に、またティーパーティーなどの予定がある方などにオススメなのがケーキミックス。

もちろんパッケージに記載されている作り方はオランダ語なのですが、スマホで簡単に翻訳できるご時世です。
必要な材料はバターやホイップクリームなどと日本でも簡単に手に入るのものばかりです。
MonchouやSpeculaas、Kruidnotenなどはオランダでしか買えないケーキミックスです。




 

Thee(紅茶)

スーパーマーケットの紅茶コーナーは広く、特にオーガニック製品の品揃えが多いです。
ジンジャーなどのスパイス系や、ミックスベリーなどのフルーツティーなどと品揃えが豊富です。
BIO表示があるのがオーガニックなので、健康志向派へのお土産にはお菓子より良いかもしれません。

 

Rookworst(スモークソーセージ)

オランダ伝統家庭料理の1つにスタンポッドという、マッシュポテト的な料理があります。

<photo credit: Tavallai 2011-02-24-Boerenkool-Stamppot via photopin (license)>
そのマッシュポテトに添えるのがこちらのスモークソーセージ。
主食がポテトのオランダの安定のおかずといったところです。
いたって普通のスモークソーセージですが、1つ200〜350gぐらいのジャンボサイズなので迫力があるお土産になります。
甘いもの系が苦手な方へのお土産に!

 




*合わせて読みたいオランダ観光情報*