☆ 広告掲載者募集中 ☆ 詳しくはコチラから ☆

2018年9月 アムステルダム運河地区を散策

バックナンバー

アムステルダムに住んでいても見飽きない歴史ある運河の風景。
400年以上も前から都市計画され、今でもその都市計画が賛美されている景観は、世界遺産にも登録されています。

【オランダ】アムステルダムの歴史と街並み
ネーデルラント王国、首都アムステルダムはオランダ最大の都市です。もともとアムステルダムは小さな漁村でしたが13世紀にアムステル川に堤防を築きその後は港町として栄えてきました。アムステル川のダム→アムステルダムという捻りの無いネーミングですが今ではヨーロッパ屈指の都市として発展しています。

 

アムステルダムを代表する運河(シンゲル運河、ヘーレン運河、カイザー運河、プリンセン運河)とその運河に沿って立ち並ぶ旧市街の運河区を、Grachtengordel(グラクテン・ゴルデル )と呼ぶそうです。最近知りました。

必殺技でも発しそうな『グラクテン・ゴルデル』って響きが印象的ですが、直安すると『運河のガードル』。
ガードルは体のラインを整える物だから、街の区画を運河で整備しているって意味なんでしょうが、直訳はあまり知りたくなかった気もします。

運河地区、グラクテン・ゴルデルは、主には住宅地ですが、繁華街となっている通り(商店街)が幾つかあり、カメラ片手にショッピングやお茶をする観光地でもあります。

そんなグラクテン・ゴルデルの観光通りを今月はご紹介してまいります。

 

 

今月の記事一覧

 

2018年9月3日

 

2018年9月10日

 

2018年9月17日

 

2018年9月24日