オランダ起業を応援します!広告掲載者募集中

2017年08月 “アムステルダムの建築史を学ぼう”

古くからの街の風景が今でも残っており、現在でもそこが生活の場であることは、その街の魅力です。

ヨーロッパの多くの都市部は古い建築や街並みが残されており、オランダ・アムステルダムもその一つです。

煉瓦造りの4~5階建ての建物が並ぶ姿は、日本人には馴染みがなく魅力的な風景です。

 

アムステルダム市の面積は2万ヘクタール、東京都23区の1/3くらいの面積。
その中で観光客が散策する観光エリアはアムステルダム中央駅前周辺がメインです。

その観光繁華街のエリアが、アムステルダムで最も古く歴史ある場所で、アムステルダムの始まりの地になります。

13世紀に小さな漁村から始まり、そこから何世紀も経て、現在の約2万haの首都アムステルダムが成り立ちました。

近年はヨーロッパ有数の金融都市となり、多国籍企業の本社も多く、アムステルダム市民の半分が移民というインターナショナルな街となっています。

 

アムステルダムが都市として発展するまでの何世紀もの間に、住む人々や生活環境が変わってきた様子は、街並みや建築からも垣間見ることができます。

今月はアムステルダムの歴史を建築の視点からご案内します。

 

今月のブログリスト

 

 

【オランダ】アムステルダムの歴史と街並み
ネーデルラント王国、首都アムステルダムはオランダ最大の都市です。もともとアムステルダムは小さな漁村でしたが、13世紀にアムステル川に堤防(ダム)を築き、その後は港町として栄えてきました。アムステル川のダム→アムステルダムという捻りの無いネーミングですが、今ではヨーロッパ屈指の都市として発展しています...
【アムステルダム最古の教会】アウデ・ケルク
Oude Kerk(アウデ・ケルク)はアムステルダムで最も古い建物で、直訳すると古い教会という名前の教会です。 アムステルダムの観光地のレッドライト(飾り窓)エリアのシンボル的なアウデ・ケルク。 この地は13世紀初期には墓地だったそ...
【アムステルダムの運河上の生活】船舶住宅のハウスボート
オランダ国土を100とすると、元々の陸地が55、干拓地が30、水路・運河が15になります。アムステルダムの運河は合計全長100km以上あり、そこには1500基以上の橋が架かっています。そしてその運河上には2256隻ものハウスボートがあるそうです…
【アムステルダム建築スポット】東部港湾地区の4つの人工島
アムステルダム中央駅から東に2kmに位置するアムステルダム東部港湾地区には4つの人工島があります。 KNSM(ケーエヌエスエム島) JAVA(ヤファ島) Borneo(ボルネオ島) Sporenburg(スポレンブルク島) これらの人...