☆ 広告掲載者募集中 ☆ 詳しくはコチラから ☆

【アート情報まとめ】オランダの芸術

【アート情報まとめ】オランダの芸術オランダの芸術

オランダだけでも600以上の美術館やギャラリーがあります。毎日通っても2年以上の月日が必要です。全てに訪れるのは無理だけれども、筆者が訪れた美術館や博物館をちょっとずつ紹介しています。

オランダの芸術

【アムステルダム】次世代型ミュージアム・没入型アート鑑賞

プロジェクターマッピングが大好きな筆者が今年一推しのイマーシブアート。19世紀の旧ガス工場を改装した大空間に最先端のプロジェクターと心地よい音楽で異世界へと導いてくれる魅惑のアートセンターがオープンしました。
オランダの芸術

【アムステルダム】ネズミの家ギャラリー・ミニチュアドールハウス Het Muizenhuis

ネズミの住む街マウステルダムが覗けるギャラリーHet Muizenhuisにはサムとジュリアの物語の本を出版するために作成されたドールハウスを展示しています。多国籍文化のインテリアや生活感のあるミニチュアを見ることができます。
オランダの芸術

【アムステルダム】ネコに出会える猫ミュージアム KattenKabinet

猫好きが猫好きのために創設しちゃった施設ですが展示品はユニークでオリジナリティーが高いです。猫の絵画や写真、ポスターや置物、招き猫まで展示されています。20世紀頃に描かれたと思われるポスターなどのグラフィック作品はとても魅力的です。
オランダの歴史

【ヨーロッパ史】アンネ・フランク 15年間の短い生涯

アンネは13歳からの2年間を隠れて暮らし、生前最後の半年間はホロコースト(強制収容所)での厳しい生活を虐げられ、最後は誰にも看取られずに15歳の時に伝染病で命を落としました。そんなアンネの生涯を今週は学んでみました。
オランダのクリスマス

【オランダ】ハーレムのミニチュア・クリスマス(2022年1月9日まで)

2021年はオランダ国内の多くのクリスマスマーケットが中止となってしまいましたが、アムステルダムの隣町のハーレムでミニチュア版のクリスマスが楽しめると嗅ぎつけたので訪れてみました。ジオラマ世界の賑やかなクリスマスを眺めてきました。
オランダの芸術

【ロッテルダム】HNI・建築研究センターのMVRDV建築展(2022年9月4日まで)

HNI(新研究センター)はデザインや建築の博物館であり、著名デザイナーのアーカイブを管理・保管する研究所にもなっている、ミュージアムカードも使える建築・デザインミュージアムです。ロッテルダムの建築巡りをする時にも立ち寄りたいスポットです。
オランダの芸術

【オランダ】完全制覇不可能なライトフェス・GLOW2021攻略法

2021年のGlowはとても広範囲で一晩でコンプリートは不可能でした。おすすめ&見どころをまとめたので絞りこんでから参戦してみてください。開催期間は11月6日から13日までの8日間です。※一部ネタバレありです。
オランダの芸術

【アムステルダム】倉庫街の体験型アート・ミュージアムAmaze Amsterdam

アムステルダムに新しくできた体験型アート・ミュージアムAmaze Amsterdamはビジュアルとオーディオで体感する新しい形の美術館です。芸術の秋に新しいスタイルのアート鑑賞を体験してみてはいかがでしょうか。
オランダの芸術

【アムステルダム】ゴッホとレンブラントのインスタレーション再開催(2022年)

アムステルダムの北教会で開催されているVincent Meets Rembrandt(ゴッホとレンブラントの出会い)は体験型のアートで、とても素敵なプロジェクターマッピングだったのでご紹介です。 ※2022年10月末までの開催予定です。
オランダの芸術

【アムステルダム】9ストリートでアート巡り9スポット

雑貨屋、アパレル、飲食店を9店舗ずつ紹介してきたので、アート情報も9箇所!っといきたかったんですが、9ストリートのエリア内では発見しきれませんでした。なので9ストリート周辺も込みでのアート情報9スッポットのご紹介です。秋の散策の参考に!
オランダの芸術

【オランダの巨匠画家】光と影の魔術師・レンブラント画伯

17世紀のオランダ画家の巨匠レンブラントには光と影の魔術師という異名があります。レンブラントの絵画の特徴として全体的に暗い色が多い中で部分的にスポットライトを当てたかのように明るい色の表現が多く用いられその明暗のコントラストが緊張感や心情を表しています。
オランダの芸術

【オランダ巨匠画家】ラピスラズリに魅了されたフェルメール画伯の逆玉人生

17世紀の画家は決して裕福な暮らしではなく副業をしていることが多い中フェルメールは画家一筋で生計を立て生涯を終えています。フェルメールの父はバーとホテルを経営しており借金があったそうです。裕福とはいえない家庭だったフェルメールですが資産家の娘と結婚し奥さんの実家からの援助を受けまさしく逆玉の輿へ大出世しています。
オランダの芸術

【オランダ】唯一の窯元・ロイヤルデルフトのデルフトブルー

かつてオランダには多くの陶器工房がありましたが今でも伝統的な工法で現在でも生産している窯元は唯一でロイヤルデルフトのみとなっています。360年以上の歴史があるRoyal Delftの工房には美術館が併設されており、そこではデルフト陶器の歴史や工法が学べ様々な歴代の陶器や工房内を見学する事ができます。
オランダの芸術

【オランダ】国内最大のお城デ・ハール城

デ・ハール城はオランダ国内最大規模のお城として残されており、お城と庭園を見学する事ができます。ネオゴシック様式のお城の前面にはヴェルサイユ宮殿の影響を大きく受けたバラ園が広がっておりロマンチックな景観を楽しみながら散策する事ができます。
オランダのデザイン

【オランダ建築】 シュレーダー邸を見学

オランダ建築家リートフェルトのシュレーダー邸は建築好きなら誰もが知っている有名な建物です。モンドリアンの抽象画を建築化したかのような外観は今なお人目を惹きつけます。シュレーダー邸を見学してきたのでその様子をまとめました。
オランダの芸術

【オランダ】うさこの聖地ユトレヒトでミッフィーざんまい

ミッフィーの絵本の販売数は全世界で8500万部を超えています。生みの親ブルーナさんの故郷ユトレヒトにはミッフィー美術館やミッフィーのオブジェが点在していて、お土産屋さんには沢山のミッフィーグッズが並んでいるミッフィーの聖地となっています。
オランダの歴史

【オランダ巨匠画家ゴッホ】の生涯を学んでみました

高名な牧師だった祖父の名を継いで、フィンセントと名付けらたゴッホは5人の弟妹がいる長男ですが、変人なダメ男だったので家族からも疎まれていました。4つ下の弟テオドルスとだけは仲良しだったそうで、ゴッホの最後は弟テオドルスに見守られながら永眠したそうです。
オランダの芸術

バスタブ型の建物が特徴のアムステルダム市立美術館

薄くて大きな屋根はベンサム・クロウェル・ウィングという名称がありますが、通称がバスタブです。ミュージアム広場にある巨大なバスタブの美術館はでは現代アートやインスタレーションが多く開催される美術館です。
オランダの芸術

【奇跡の音響環境を備えた音楽堂】アムステルダムのコンセルトヘボウ

アムステルダムのコンセルトヘボウは、1888年にオープンした歴史ある音楽堂で、音楽ホールとしてはありえない直方体形状、そして天窓があるにもかかわらず、交響曲を奏でるのに最高の音楽堂・世界ベスト3にランクインしています。
オランダの芸術

【アムステルダム】4回移転している引越し好きの国立美術館

建物は建築家カイペルスによって設計され1885年に開館したアムステルダム国立美術館は2つの正方形で構成されており各正方形の中心にアトリウム(吹抜けの大きな空間)があります。美術館を分断するかのように遊歩道が通っているのも特徴的でこの国立美術館が旧市街へのゲートにもなっています。