☆ 広告掲載者募集中 ☆ 詳しくはコチラから ☆

【ロッテルダム】ダッチデザインが集まる研究所 Het Nieuwe Instituut

オランダの芸術

 

先週ご紹介したデポ・ボイマンスのオープンを記念して、デポのお隣のHet Nieuwe Instituut(新研究センター)にてMVRDV建築展が開催されています。

 

 

MVRDV展 概要
MVRDVHNI The Living Archive of a Studio
期間:2021年11月6日から2022年9月4日まで
会場:Het Nieuwe Instituut 6階

 

 

展覧会のタイトルとなっているMVRDVHNI

MVRDV + Het Nieuwe Instituut = MVRDVHNI

の造語になっています。

 

HNI(新研究センター)はデザインや建築の博物館であり、著名デザイナーのアーカイブを管理・保管する研究所にもなっています。そんなHNIが保管するMVRDVのアーカイブを展示公開しているのがMVRDVHNI展になっています。

 

 

Human・Green・Dream、過去・現在・未来

MVRDVHNI展は、HumanGreenDreamの3つのテーマに基づいてMVRDVのアーカイブから厳選されたプロジェクトが展示されています。

 

Humanでは、人と空間のあり方都市と居住空間現代の生活スタイルなどをコンセプトに計画された過去のプロジェクトが展示されています。

有名どころだと、オクラホマシロダムマルクトハルなど。

これらの模型やスケッチ、メモ、図面を見ることができます。

 

 

 

Greenでは、生活空間と自然とのつながり環境との関わり方緑地のあり方をコンセプトに現在進行中のプロジェクトがメインで展示されています。

有名どころだと、バレー・アムステルダム

その他にも2022年の園芸博覧会のプロジェクト案がとても気になりました。

 

 

 

Dreamでは、実現できなかったものも含め、今までにMVRDVが提案してきた様々なプロジェクトが展示されています。

既存のスタイルにとらわれない、新しい建築のあり方や、空間との関わり方を垣間見ることができます。

 

 

 

設計事務所の図面、スケッチ、模型などは、なかなかお目にかかることができない、建築家のネタ帳です。

MVRDVの全プロジェクトでいったら一部に過ぎませんが、それでも20〜30のプロジェクト案やコンセプトを閲覧できる展覧会はなかなかありません。

 

また展示会場からはお隣のデポを眺望することもできます。

建築好き、MVRDVファンには必見の展示会になっていますので、是非とも足を運んでみてください。

 

MVRDV展 概要
MVRDVHNI The Living Archive of a Studio
期間:2021年11月6日から2022年9月4日まで
会場:Het Nieuwe Instituut 6階

 

 

 

ウォルト・ディズニー展

訪れた日にたまたまウォルト・ディズニー展も開催されていました。

こちらの展示も素敵で、古い絵本やムービー、ディズニーランドの図面やスケッチなど、かなりレアな物を鑑賞することができました。

ディズニーファンの方必見ですのでお見逃しなく!

ウォルト・ディズニー展 概要
De architectuur van een wondere wereld
期間:2021年9月5日から2022年3月27日まで
会場:Het Nieuwe Instituut 3階

 

 

 

 

Het Nieuwe Instituut 概要(2021年11月現在)
営業時間:10-17時(月曜休館)
料金:€ 14(ミュージアムカード無料)
MVRDVHNI展:2022年9月4日まで
ウォルト・ディズニー展:2022年3月27日まで
住所:Museumpark 25, 3015 CB Rotterdam
URL:http://www.hetnieuweinstituut.nl/

 

 

 

ハリさん
ハリさん

Het Nieuwe Instituut(新研究センター)お隣の、ソネフェルト邸も建築好きにはオススメのミュージアムです。

ねずくん
ねずくん

お時間があったら立ち寄ってみてください。

 

モダニズム建築のソネフェルト邸

ル・コルビジェの影響を深く受けたモダニズム建築の一つで、機能主義スタイルの作風の中で保存状態の良いソネフェルト邸(Huis Sonneveld)。

Johannes Andreas Brinkman(故)、Leendert van der Vlugt(故)らに設計され、1933年に完成しました。

建物、インテリア、家具が調和し合い、互いに補い合うようなデザインをコンセプトがとられています。

各部屋の大きな窓やバルコニーからは、(当時は)豊かな緑の景色を眺めることができ、また多くの光を室内に取り込めるように工夫されています。

家具や照明器具などの多くもそのままの状態で保管されています。

ソネフェルト邸 美術館概要(2019年1月現在)
営業時間:10〜17時(月曜休館)
料金:€ 14(ミュージアムカード無料)
Jongkindstraat 12, 3015 CG Rotterdam, オランダ
Huis Sonneveld

 

 

 

ハリさん
ハリさん

ロッテルダムには近代建築スポットがたくさんあるので建築巡りを楽しんでみて下さい!

 

【オランダ】ロッテルダムでダッチデザイン建築巡り
近代都市ロッテルダムはダッチデザインの近代建物が多くある国際的な建築都市です。戦後の復興で様変わりしたロッテルダム。市街地の建物のほとんどが1950年以降に建てられている新都市です。ロッテルダム観光といえば建築巡りがメインになります。ロッテルダムで是非ともみたい建築物を全11物件ご紹介します。

 

 

MVRDV KM3

MVRDVのかなり初期の本がこちら。2006年発行なので約20年前の本ですが、MVファンには有名なKM3。 まだそこまで3Dデザインが発達していなかった頃の最新のデザイン形態がこの本にありました。 グラフィック中心なので見るだけでも楽しめる一冊です。

アマゾン.jpで購入 >>

楽天で購入 >>

Amazon.NLで購入 >>