オランダ起業を応援します!広告掲載者募集中

【オランダの風車】の歴史と概要を知ろう!

オランダの歴史

オランダの風車についてちょっとだけ勉強してみようと思い調べて見ました!

 

オランダ風車の歴史

 

最初の風車

オランダに最初の風力タービンができたのは13世紀でした。

13世紀のオランダは、アムステルダムやロッテルダムに港が作られて、漁村として集落が形成された頃になります。

初期の風車は、穀物や小麦粉の粉砕を目的に造られた100%木造のシンプルな風車でした。


<photo credit: molens.nl/>

その後より完璧な形が追求され、

基礎を石造で強化してより高い風車を造り、風を受ける羽をより高い位置に設置し風力を向上させ、動力を地盤面にまで伝達させることで、下階で粉砕作業をできるようにする

など改良による改良が施されてゆきます。

 

オランダ経済を支えた1万基の風車

 

17世紀から風車産業が促進し、19世紀後半にピークを迎えます。

ピーク時には約9,000の工場にて、1万基以上の風車がオランダ国内で稼働していました。

 

オランダの経済成長期、風車の動力は

風車は穀物の粉砕、油の圧搾、塗料の製造、木の幹の切断など

と、様々な用途に使われ、工場には欠かせませんでした。

また排水用の風車も登場し、池の水量を調整するなどオランダの開拓にも大きく貢献します。

 

 

風車の末路

第二次世界大戦後は、技術的な進歩により、電気やガソリンといったより効率的な動力が普及するにつれてオランダの風車の多くは廃止されました。


<アムステルダムで現在も可動している風車>

現在は約1000基ほどの風車が残っておりますが、全てが稼働しているわけではなく、多くのボランティアによって保護されているモニュメントとなっているそうです。

ボランティアのおかげで風車は荒廃することなく今でもオランダの風景の象徴となっております。

現在残っている風車の中には観光用として博物館化されていたり、レストランだったり、住宅として使われていたり、ホテルとして宿泊できる風車もあります。

 

風車を見学できる観光地👇

【オランダの風車】を見に行こう!人気風車スポット5選
オランダ観光で忘れちゃいけない風車を! オランダ各地にあるけれど、どこへ行けばいいのか? オランダ風車の観光スポットの王道、キング・オブ・風車スポットは2箇所になります! 観光雑誌お馴染み 歴史あるキンデルダイク 、 そして市街地から ...

 

風車が隣接するビール醸造所👇

【オランダビール】オーガニック代表 Bierbrouwerij 't IJ
ダチョウのマークでお馴染みのBierbrouwerij 't IJ(ブルワリー・アイ)は、1985年以来、高品質のビールを醸造しており、オーガニックビールで有名なビールブランドです。 <photo credit: brouwerijhetij....

 

風車のレストラン👇

Restaurant de Molenaar Onderdendam | Lunchen, dineren en overnachten
Zorg dat u niets tekort komt en beleef een onvergetelijke middag, avond of meerdaags verblijf bij Restaurant de Molenaar. We bieden ook arrangementen!

 

風車のホテル👇

Molen Hunsingo, Onderdendam, オランダ
OnderdendamにあるMolen Hunsingoは、レストランを提供しています。アッセンから43kmの宿泊施設で、庭の景色が望めます。 ケーブルチャンネル付きテレビが備わります。 Molen Hunsingoではコンチネンタルの朝食を毎日楽しめます。...

 

 

オランダの風車保全協会(De Hollandsche Molen)のホームページでは、風車の歴史や仕組み、種類など詳しく知ることができます。オランダ国内にある風車の場所を探すこともできるので、風車巡りの観光プランに役立ててみてください。
(サイト内オランダ語、一部英語)

https://www.molens.nl/

 

ねずくん
ねずくん

毎年5月の第2土曜日はオランダ風車の日だよ。

ハリさん
ハリさん

風車の日には、オランダ国内の600箇所以上の風車が一般公開さるよ。

気になる風車にぜひとも足を運んでみてください。