☆ 広告掲載者募集中 ☆ 詳しくはコチラから ☆

2022年2月 ブダペスト温泉旅行 その2

バックナンバー

 

先月に3泊4日でハンガリーの首都ブダペストへと旅行へ行ってきました。ブダペストへと訪れるのは2回目なので、今回は観光そこそこ温泉メインでノンビリと滞在してきました。

 

ヨーロッパの温泉は水着着用で混浴な施設が多いです。日本人の方からすると「水着着用なんて温泉じゃない」などの意見を耳にすることもありますが、逆に水着を着ているから恥ずかしさも減って、また友達や家族と一緒に入浴できる楽しみ方ができます。個人的にはプール感覚でも楽しめるヨーロッパの温泉も大好きです。

 

ブダペストの温泉成分は美肌、関節痛、ヘルニアなどの効能があります。美肌願望は言わずとも、筆者は腰痛持ちなので温泉療養は救世主です。

 

日本で週末に箱根や草津へ温泉旅行へと訪れるかのように、ヨーロッパでも週末温泉旅行は実現可能です。

今月はブダペストの温泉情報、そして温泉旅行には欠かせないお食事情報、また観光モデルプランなどをご紹介してまいりたいと思います。

 

\前回(2019年)に書いた記事も更新したので合わせてご覧ください/

 

 

 

今月の記事一覧

 

 

2022年2月7日

【ブダペスト】アールヌーボーの美しい空間で癒されるゲッレールト温泉
オランダのユリアナ王女も訪れたゲッレールト温泉は、かつてはブダペスト一番の高級スパ施設でした。モザイクタイル、大理石の柱、ガラス、彫刻などのオリジナルのアールヌーボー様式と家具が今でも残されている建築的にとても美しい湯屋です。

 

2022年2月14日

【ブダペスト】ブダペスト温泉の入浴ルール完全版
ブダペスト温泉の入浴ルール完全版。事前に入浴ルールを知っておくことで安心して温泉を楽しむことができます。異国の異なる文化にビクビクせずに、不安を解消してヨーロッパ温泉旅行を楽しみましょう。

 

2022年2月21日

【ブダペスト】基本情報とモデル観光ルート
ブダペスト温泉旅行は観光も温泉も両方とも堪能できる3泊4日プランがオススメですが、週末に温泉と夜景を楽しむ2泊3日でも満喫できます。基本情報と市内を移動するのに必要な切符情報、モデルプランと観光マップをまとめました。

 

2022年2月28日

 

このご時世に気になるコロナ対策は?

ブダペストの温泉施設利用にはEUコロナパス(オランダだとコロナチェック)、またはワクチン接種証明書が必要になります。2022年1月時点ではブースターの接種証明は不要でした。

また館内はビーチサンダルが必須で、タオルやバスローブなどのレンタルは中止、必要な場合は購入となっていました。

 

温泉とウイルス

温泉やサウナではマスクの着用は必須ではありませんでした。(している方もいました)

インターネットで調べたところ、ウイルスは高温または多湿な所では拡散しにくく感染するリスクが低いそうです。ブダペストの温泉施設内はどこも多湿空間でした。

 

筆者が訪れた温泉では混雑している施設もあり、人気の湯船には密な状態での入浴もありました。

オランダに帰国後、2日目と5日目にセルフテストを行いましたがどちらも陰性でした。事前にブースターを接種した事、また飛行機は比較的空いていた事も幸いして、感染せずに旅行できました。

あくまで筆者の場合だったので絶対とは言えませんが、温泉=感染しやすいって事では無いようです。

 

 

ねこまろ
ねこまろ

来月のテーマはアムステルダムのネコ様です。

よしなに。