ヨーロッパでスタバが広まらないのは自国のコーヒーが美味しいから!
オランダでも美味しいコーヒーが手軽に自宅でも楽しめます。


<photo credit: Douwe Egberts>
スーパーマーケットのコーヒー売り場で必ず見かける『DE』の赤いロゴ。
大手コーヒー会社の”DOUWE EGBERTS(ダウ・エグバート)”の頭文字をとったDEはオランダを代表するコーヒー豆ブランドです。


またオランダの大手紅茶ブランド”Pickwick”もDouwe Egbertsの製品で、オランダでのティータイムにはDouwe Egberts社のコーヒーまたは紅茶が欠かせないほどお世話になっています。

直営カフェもオランダ各地に点在しているので、グーグルマップで”Douwe Egberts cafe”で検索すると最寄りの直営店を発見できます。
直営店にはお洒落なオリジナルマグカップもあり、ご当地マグカップマニアには見逃せないアイテムです。

またDouwe Egbertsはオランダのみならずヨーロッパ各地のカフェにも上質のコーヒーを提供しているので、ヨーロッパ旅行経験がある方は知らず知らずのうちにDouwe Egbertsのコーヒーを飲んでいるかもしれません。




Douwe Egbertsの歴史

<photo credit: Douwe Egberts>
1753年に食品小売店としてオランダ北部の町Idskenhuizenにオープンし、
当初は”De Witte Os”と言う店名で、コーヒー豆や紅茶の茶葉を取り扱う、町の小さなタバコ屋さんでした。

1812年に社名をDouwe Egbertsに変え、販売促進に力を注ぎ始めました。

1919年になるとユトレヒトに支店と焙煎工場を設けてコーヒー事業を拡大し、1924年からはオランダ初のポイントカードシステムを導入して、顧客のリピーターを増やすことに成功しています。

1925年にDEの赤いロゴがデザインされ、ロゴ効果によるDEブランドがますます浸透してゆきました。

コーヒーだけでなくDouwe Egberts Teaという名で紅茶の販売も続けていたDouwe Egbertsは、1937年に”Pickwick”と言う名で紅茶ブランドを立上げました。
Pickwickという名称は当時の社長夫人が紅茶と同じくらい好きだった小説”The Pickwick Papers”に由来しているそうです。

1953年に設立200年を迎えたDouwe Egberts社は、栄誉あるRoyalの称号を授与しています。

1954年にはインスタントコーヒーが発売され、今までより手軽にコーヒーが飲めるようになり、1963年にはコーヒーマシーンメーカー”Wigomat”を設立し、フィルターコーヒーマシーンの製造が開始され、冷蔵庫・洗濯機・テレビに続く新たな家電が販売されました。

1967年にオランダ初のテレビコマーシャルを放映し、その後も輸出事業を拡大し、世界のDouwe Egbertsと名を馳せています。




Douwe Egbertsのコーヒー豆
顧客のスタイルに合わせて、
・フィルターコーヒー(ペーパードリップ)様の挽き豆
・コーヒー豆
・アイスコーヒー
・インスタントコーヒー
・カプセル
などと、タイプが充実しています。



フィルターコーヒー(ペーパードリップ)
Douwe Egbertsのフィルターコーヒーは細挽きをメインとしていて、苦味とコクのあるコーヒーが厳選されています。

Aroma Rood(アロマレッド)

<photo credit: Douwe Egberts>
・マイルド
・細挽き
・250gまたは500g
Douwe Egbertsの代表する伝統ブレンドで、芳醇な香りの丸みのあるバランスの良いコーヒー。

Aroma Rood Blond(アロマレッド・ゴールド)

<photo credit: Douwe Egberts>
・マイルド
・細挽き
・500g
上品な味わいのアラビカ豆を主体とし、軽く焙煎した柔らかな味わいのコーヒー。

Aroma Rood Donker(アロマレッド・ダーク)

<photo credit: Douwe Egberts>
・ダークロースト
・細挽き
・250gまたは500g
重めのどっしりとした苦めの味が特徴のダークローストコーヒー。アラビカ豆とロブスタ豆の絶妙なブレンドで、コクとスパイシーな味わい。

Aroma Rood Grove Maling(アロマレッド・粗挽き)

<photo credit: Douwe Egberts>
・マイルド
・粗挽き
・250gまたは500g
アロマレッドの粗挽きバージョンで、パーコレーターで抽出する様のコーヒー。粗挽きは一般的なコーヒーメーカーで抽出すると薄くなってしまうので、上級者向け。

Aroma Variaties(アロマ・フレーバーコーヒーシリーズ)

<photo credit: Douwe Egberts>
普通のコーヒー意外に、香り付きの商品もあります。
スーパーマーケットでは取扱いがあったりなかったりなので、インターネット購入がオススメです。

その他

<photo credit: Douwe Egberts>
ディカフェ(ノンカフェイン)やカフェインの少ないタイプもあります。



コーヒー豆
Douwe Egbertsのコーヒー豆には番号が振られており、数字が大きいほど焙煎時間が長い豆になります。
焙煎時間が短いものは苦味が少なく酸味が強め、
焙煎時間が長いものは苦味が強く香りが豊かなコーヒーになります。

Verfijnd(ファーファイント)

<photo credit: Douwe Egberts>
・軽めな味わい
・焙煎レベル3
・アラビカ豆
厳選されたマイルドなコーヒー豆。上品な香りとまろやかな後味です。

Aroma Rood(アロマレッド)

<photo credit: Douwe Egberts>
・マイルド
・焙煎レベル5
・ブレンド
Douwe Egbertsの定番中の定番のコーヒー豆。
丸みのあるバランスの取れた味わいです。

Intens(インテンス)

<photo credit: Douwe Egberts>
・濃厚
・焙煎レベル7
・ダークローストブレンド
風味豊かなダークブレンドで、苦めのコーヒー。

Espresso(エスプレッソ)

<photo credit: Douwe Egberts>
・苦い
・焙煎レベル9
・ダークローストブレンド
Theエスプレッソ用のコーヒー豆。
香りも強いが苦味も強い、濃いコーヒー用の豆。

その他

<photo credit: Douwe Egberts>
フィルターコーヒー同様にディカフェや香り付きの商品もあります。


<photo credit: Douwe Egberts>
インスタントコーヒーなども種類が豊富なので、コーヒーメーカーがなくても、またはお土産としても便利なアイテムです。

どのコーヒーが良いのか迷った時はDouwe Egbertsのホームページで”味覚プロファイルテスト”をすると、自分にあったコーヒーを厳選してくれます。
ホームページはオランダ語ですがグーグル翻訳機能を使えば理解できる程度に翻訳されるので試してみてください。

オランダ在住でコーヒー好きなら絶対お世話になるDouwe Egbertsです。




*合わせて読みたいコーヒーにあうお菓子情報*