オランダ起業を応援します!広告掲載者募集中

【オランダのシャンプー】完結編・シャンプーあれこれ徹底比較を総括

オランダの生活

*お知らせ*

先週、Dille&Kamilleのマルセイユ石鹸が泡立たないので洗髪には不向きとお伝えしましたが、美容室で傷んだ毛をカットしてもらい毛量も多いので沢山すいてもらったところ、マルセイユ石鹸で洗髪をしても十二分に泡立つようになりましたのでお知らせいたします。

ヘアダメージ具合や毛量などの状態で変わるようです。

【オランダのシャンプー】Dille&Kamilleの石鹸シャンプー使ってみたら超優秀
HEMAの石鹸シャンプーが巷で大人気なので購入しようとしたら在庫切れ。同じ成分のDille&Kamilleの石鹸シャンプーで試してみたら想像を上まわるクオリティーで満足度最強でした。

 

 

さてさて、オランダに移住してから悩まされ続けてきました….

髪のダメージ

 

オランダ、ヨーロッパ、海外生活で、同じ悩みをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

筆者は髪と頭皮の乾燥が一番の悩みで、特に花粉の季節は肌が過敏になるのか体調が悪いと皮膚炎になるので細心の注意を払っております。

様々なシャンプーを模索してきた実体験をもとに、成分も確認してみた結果、ついに見い出したシャンプーの良し悪しを発表してまいります!

目指せ、脱・乾燥 炎症 フケ 痒み!

 

自分にあったシャンプーを見つけてからは生活ストレスが減少して少しだけハッピー度数が上昇しました。
同じお悩みをお持ちの方にお役立ちいただけたら嬉しいです。

今日はオランダで購入できるシャンプーのアレコレをまとめたシャンプー講座総集編です。

 

 

オランダの水道水

シャンプーするのに必須のお水についても調べてみました。

オランダの水道水は飲用できますが硬水です。

硬水だから乾燥肌になるのかと思ったら、硬水が肌に悪いわけではありませんでした。

硬水はカルシウムやマグネシウムが多く含まれているので、利尿作用や便秘解消に効果がある良いお水です。
ただミネラル分が多いため、硬水に適した石けんを使用しないと泡立ちが悪く、石鹸カスが肌に残ってしまいます。

日本のシャンプーが輸入できれば一番良いのかと思ったけれども、そうでもなくて、むしろ日本のシャンプーは軟水に適した成分で作られている製品が多いので、オランダでは不向きなようです。

硬水に適したシャンプー(石鹸)は、硬水の水が一般的な地域、つまり現地調達が一番になります。

 

 

シャンプーの成分を知ろう!

シャンプーとはなんなのか調べてみました。

 

シャンプーの主成分は主に界面活性剤で、界面活性剤に洗浄効果が含まれています。
界面活性剤の種類によって洗浄力や肌への刺激が異なっています。

 

オランダで購入できるあらゆるメーカーのシャンプーの成分表示をチェックしてみると、主に5タイプの界面活性剤がありました。

  • グルタミン酸系
  • イセチオン酸系
  • グルコシド系
  • ラウレス硫酸系
  • ラウリル硫酸Na

ほとんどのシャンプーが、この5タイプのどれかを主成分としています。

ハリさん
ハリさん

それぞれの成分を詳しく見ていきましょう。

 

グルタミン酸系

グルタミン酸を主成分とした界面活性剤はアミノ酸シャンプーと呼ばれ、弱酸性なので皮膚への刺激が弱く、頭皮が荒れやすい人や、乾燥してかゆくなりやすい人、敏感肌の人に最適です。

指通りよく仕上がるグルタミン酸はコンディショニング効果が高いので、髪のまとまりも得られます。

しかし泡立ちが弱く、洗浄力が低いのがデメリットです。

成分表示には
Disodium Cocoyl Glutamate(ココイルグルタミン酸2ナトリウム)
と記されています。

実際に使ってみての感想

Good

使い始めてから1~2週間くらいから髪が柔らかくなってくるのが体感できます。
使い続けると頭皮の痒みも治まり、肌の調子がかなり良くなります。
肌の調子が悪い時や、乾燥する季節はグルタミン酸系シャンプーを愛用しています。

Bad

泡立ちがとても悪いのでシャンプーにかける時間が長くなるのと、高価格なのがデメリットです。
なので肌の調子がいい時や、時間がない時は別のシャンプーを使ってます。

 

オランダで購入できるグルタミン酸系シャンプーはWELEDAのシャンプーです。

 

【オランダのシャンプー】WELEDAのアミノ酸シャンプーの効果がスゴイ!
オランダ生活で頭皮の乾燥、痒みやフケ、髪のバサつきに数年ほど悩まされてきました。ストレスや体調、季節によっても髪のコンディションが左右され、いっそ坊主にしてしまいたい時期もありましたが、様々なシャンプーを調べて試してついに見つけました、これだというシャンプーを!!

 

イセチオン酸系

イセチオン酸は硬水でもクリーミィな泡立ちが得られ、しっとりとなめらかな感触の洗い上がりとなるのが特徴で、海外のナチュラル系コスメの主流になりつつある界面活性剤です。

グルタミン酸系よりも明らかに泡立ちが良く、肌にも優しい成分になっていますが、硬水向けの成分なので日本では見かけない界面活性剤です。

成分表示には
Sodium Lauroyl Methyl Isethionate(ラウロイルメチルイセチオン酸ナトリウム)
Sodium Cocoyl Isethionate(ココイルイセチオン酸ナトリウム)
と記されています。

実際に使ってみての感想

Good

泡立ちが良いので、洗浄感がしっかりあり、洗い上がりはサッパリし、ドライヤー後はフンワリと仕上がります。

コストパフォーマンスも比較的良いほうです。

Bad

硬水地域のブロンドヘア用に作られているシャンプーなので、日本ではあまり馴染みのない成分の製品です。害はないのですが、人によっては肌や髪に合わない場合もあるかもしれません。

 

オランダで購入できるイセチオン酸系シャンプーはRITUALSのシャンプーと、
Dille & Kamilleのシャンプーです。

 

【オランダのシャンプー】優しさと泡立ち良好RITUALSの芳香シャンプー
オランダ発祥のRITUALS のシャンプーは、髪と頭皮に優しいうえに、硬水でもしっかり泡立つ優れものです。シャワータイムが楽しくなる香りも特長で、日本にはまだ進出していないナチュラル系シャンプーは贈り物にも喜ばれます。

 

【オランダのシャンプー】Dille&Kamilleの石鹸シャンプー使ってみたら超優秀
HEMAの石鹸シャンプーが巷で大人気なので購入しようとしたら在庫切れ。同じ成分のDille&Kamilleの石鹸シャンプーで試してみたら想像を上まわるクオリティーで満足度最強でした。

 

グルコシド系

グルコシドは人体への毒性が低く、他の界面活性剤の刺激を抑える効果があるので、他の界面活性剤の補助成分となっていることが多いです。

グルコシド系は肌への刺激は弱いのですが、脱脂力(皮脂を落とす洗浄力)が少しだけ高めなので、肌荒れ中や超乾燥の方は注意が必要です。

グルコシド系の中でも ヤシ油アルキルグルコシド は特別な成分で、十分な洗浄能力があり低刺激で毒性が低いことから、赤ちゃん用のシャンプーに使われています

成分表示には
Coco-Glucoside(ヤシ油アルキルグルコシド)
Lauryl Glucoside(ラウリルグルコシド)
Decyl Glucoside(デシルグルコシド)
と記されています。

実際に使ってみての感想

Good

髪質はふんわりとなります。
頭皮への刺激性も低く、グルタミン酸系よりは安価な製品が多いです。

Bad

泡立ちと洗浄力が弱いのがデメリットです。

 

グルコシド系のシャンプーはEKOPLAZAで購入することができます。

ekoplaza.nlで検索

 

【オランダのシャンプー】要注意!EKOPLAZAのオーガニックシャンプー
オランダでシャンプーを使ったら皮膚が炎症を起こしたりとトラブルにあったので、シャンプーはオーガニックと決めて使っていたのですが、最近シャンプーについて徹底的に調べてみたらオーガニックシャプーの驚愕の事実が判明しちゃいました。今日のブログはオーガニックシャプーをご利用の方にはぜひ確認していただきたい内容です!

 

ラウレス硫酸系

硫酸系タイプのシャンプーで、洗浄性能が高く硬水でも泡立つことからオランダ(ヨーロッパ)の一般的なシャンプーに広く使われています。

オランダのスーパーやドラッグストアで販売されている一般的なシャンプーはこのタイプになります。

刺激が低いとはいえ、他の界面活性剤と比べると洗浄能力が強いため、必要以上に皮脂を洗い流してしまい肌トラブルの原因になる場合もあります。

*日本のシャンプーでも稀に使用されている成分なので、必ずしも肌に悪いわけではありません。人によってはとの事なので、使ってみて頭皮の乾燥などが気になったらシャンプーを変えてみてください。

成分表示には
Sodium Laureth Sulfate(ラウレス硫酸ナトリウム)
Coco Sulfate(ココアルキル硫酸ナトリウム)
と記されています。

実際に使ってみての感想

Good

泡立ちとさっぱり感がとても良いです。
低価格の製品が多いので、お財布に優しいです。

Bad

頭皮と髪の乾燥、痒みやフケの原因になることがありあります。

 

*オーガニックシャンプーや、PH5.5(弱酸性)の表記があるシャンプーにも使われている事が多いです。敏感肌の方や、乾燥が気になる場合は違う界面活性剤のシャンプーへと変えてみてください。

 

 

ラウリル硫酸Na

ラウリル硫酸Naの洗浄力は超強力で、頭皮への刺激も最強のシャンプーです。
非常に強力な界面活性剤なため、しっかりと洗い流さなければ皮膚に炎症を起こします。

日本のシャンプーではほぼ使用されていない成分ですが、ヨーロッパではオーガニックシャンプーに使われている事があります。

使用する場合はしっかりと洗い流すことを心がけてください。
肌にトラブルを感じたら使用を中止しましょう。

成分表示には
Sodium Lauryl Sulfate(ラウリル硫酸ナトリウム)
と記されています。

正直このタイプのシャンプーは全くお勧めできません。

BIO(オーガニック)表示のシャンプーに使われていることが多いので確認してみてください!
もし今使っているシャンプーに Sodium Lauryl Sulfate の表記があったら即買い替えをお薦めします。

 

【オランダのシャンプー】要注意!EKOPLAZAのオーガニックシャンプー
オランダでシャンプーを使ったら皮膚が炎症を起こしたりとトラブルにあったので、シャンプーはオーガニックと決めて使っていたのですが、最近シャンプーについて徹底的に調べてみたらオーガニックシャプーの驚愕の事実が判明しちゃいました。今日のブログはオーガニックシャプーをご利用の方にはぜひ確認していただきたい内容です!

 

 

界面活性剤の性質一覧表

 

皮膚刺激泡立ち洗浄力価格
グルタミン酸系超弱€€€€€
イセチオン酸系€€€
グルコシド系€€€€
ラウレス硫酸系 中~強€~
ラウリル硫酸Na最強€€€

界面活性剤の性質をまとめてみました。参考にしてみてください。

 

 

シリコン配合 or ノンシリコン

 

シリコンは髪に良いのか?
配合ありなし、どちらが良いのかは髪質や状態によっても異なるようです。

シリコン配合

シリコーン入りのシャンプーは指通りとまとまりがいいのが特徴です。
髪がきしまないので擦れなどによるダメージが軽減され、ダメージヘアの人にも適しています。

デメリットは、シリコーンで髪をコーティングしてしまうので、カラーやパーマがかかりにくくなってしまう傾向があります。美容院に行く1週間前からは使用を控えるなど工夫が必要です。

成分表示に Dimethicone とあるシャンプーがシリコン配合になります。

ノンシリコン

ノンシリコン・シャンプーは毛髪にハリ・コシを与え、根元がふんわりとした印象に仕上がるのが特徴です。
ハリ・コシを重視するならノンシリコン・シャンプーが適しています。

デメリットは、髪がきしみやすくなってしまうので、コンディショナーやトリートメントでケアする必要があります。

オランダのオーガニック系のシャンプーはノンシリコンだと思います。(たぶん)

 

 

ケラチン配合ってなんだろ?

シャンプーにKeratineと大きく書いてある製品があります。

Keratine(ケラチン)とは髪の主成分で、ケラチン配合のシャンプーやトリートメントを使うと、潤いとツヤとハリのある滑らかで柔らかい髪になるそうです。

 

Actionで見つけたケラチン・ヘアマスク

Actionで1.95ユーロという低コストで販売しているケラチン・ヘアマスクは、ヘアサロン用の製品?らしくクオリティーは良さそうなのに超安いので使ってみました。

シャンプー後に紙に塗布し2~3分置いてから洗い流すトリートメントです。シリコン配合の製品のようですが、ドライヤー後はフンワリと仕上がった気がします。

This is it keratine haarmasker Intense Repair + haar ampullen | Kim Shares All
Bij de Action tref je This is it keratine haarmasker intense repair aan en This is it repair haar ampullen. Ik probeerde ze graag uit

 

ケチランを作る成分が豊富な食品を摂取することで、食生活からも髪質を改善できるようです。

髪に良い食品: 牡蠣や牛肉、鶏肉、豚肉、卵、ごま、のり、ワカメ、昆布、カニ、スルメ、白米、納豆、ブロッコリー、レバーなど

食生活の改善が難しい時はケラチンのサプリメンもあるみたいなので試してみてください。

 

 

ケラチン配合シャンプー、ケラチン配合トリートメント、食生活改善とで、体の外と中から髪をケアすることもできたら最強そうです。

 

 

泡立ちの悪いシャンプーを上手に使うコツ

グルタミン酸系やグルコシド系のシャンプーはとても泡立ちが悪く、整髪料をベッタリ使用した日には3回くらい洗いたくなる感じです。

そこで良い方法はないものかと美容師さんのブログを徘徊したところ、泡だつ方法を見つけました!

シャンプー前のすすぎ時間が重要

シャンプー前にお湯ですすぐ時間を1分(整髪料がベッタリの日は2分くらい)にしてみてください。

1分間お湯だけでしっかり洗い流してから、シャンプーを手のひらに出して、泡立ててから髪の毛へのせて洗うだけで、モワモワ泡立ちます。
泡立てネットを使用するとより効果的です。

シャンプーの量は、ショートヘアで100円玉くらい、ミディアムヘアで500円玉くらい(ロングは長さに合わせて)のようです。

それでも泡立ちが悪い時は、シャンプーを足すよりも一度洗い流してからもう一度洗った方がよく洗えます。

そしてよく洗い流すことも大切です!

 

 

まとめ

シャンプーは効果が現れるまで1~2ヶ月かかるので、自分にあった物を見つけるまでに4年近くかかりました。

こんなに苦労するとは思わなかったし、最初から徹底的に成分を調べればもっと早く見つかっただろうとの反省点もあります。

 

頭皮のトラブル、髪のダメージを感じたら界面活性剤にこだわってみてください。

このブログがお役にたったら嬉しいです。