キプロス共和国(Κυπριακή Δημοκρατία)は、地中海の東側、トルコの南に位置する島国で、総面積約9000㎡と、四国の半分くらいの大きさの国です。
通称キプロスと呼んでいますが、英語名はCyprus(サイプラス)。
キプロスと言っても通じません。




キプロスは小さな島国でありながら、島の北と南で別の国と分かれています。
(南キプロスと北キプロス)

島の南側の南キプロスがキプロス共和国となっており、ギリシャ系民族の多い国です。
北側の約37%を占める北キプロスは、トルコが占める独立国家となっています。



南キプロス(キプロス共和国)の首都ニコシアは、島のちょうど中腹あたりに位置し、
不思議なことに、このニコシアもまた北と南に分かれており、北側は北キプロスの政庁所在地になっているのです。

首都の真ん中に国境があり、通過するにはパスポートコントロールを通る必要があるのです。

*ちなみに北キプロス側には日本大使館がないので、パスポートを紛失すると再発行ができないらしいです。

*また北キプロスにホテルを予約すると、飛行機で到着の入国時に入国できない場合があるそうです。

そんなややこしい北キプロスは、なるべく訪れない方がトラブルが少なくてすみます。

北キプロスの観光方法としては、ニコシア観光の時にちょっとだけ北キプロスに入国して散策してトルコ料理を食べてくるくらいが良いかと思います。




そんなキプロス、メインの観光は南キプロスに集中しています。

島の東側にはラルナカ空港があり、空港から車で約1時間のところにあるAyia Napa(アヤナパ)と言う街がリゾート地になっています。

西側にあるパフォス空港からは、車で約30分ほどのところにPaphos(パフォス)という街があり、ここが西側メインのリゾート地といえるでしょう。

東側にするか、西側にするか、宿泊地と空港を合わせて計画すると移動が便利です。
といっても、東の端から西の端まで車で片道3時間ほどなので、レンタカーをする場合はなんてことありません。





<猫の多いキプロス>
キプロスの夏は暑く、乾燥しているので6〜9月は海水浴にはもってこいです。
*8月は35度を超えるので、ちょっと暑すぎる気候かもしれません。

ただただ日差しが強いのでUV50の日焼け止めでも容赦なくコンガリ焼けます。

またキプロスには標高1900m以上の山もあり、冬にはスキーができるそうです。

基本的にビーチでのんびり過ごす以外に目新しい遊び場はありませんが、自然公園内にトレッキングコースがあったり、キプロスワインも有名なので、ワイナリー見学などもできます。

Cyprusへのアクセス
アムステルダムからラルナカ空港へ(約4時間)
アムステルダムからパフォス空港へ(約4時間)

 



*合わせて読みたいEU観光情報*