キプロスの海は地中海の中でも本当に美しいと思います。
塩分濃度も高いので、泳げなくてもプカプカ浮けるのも、幸せのひと時です。

あまりの美しさに、写真を撮るのも忘れビーチではしゃいでしまいましたが、訪れたビーチをご紹介したいと思います。

今回の旅行で訪れたのはキプロスの東側、Ayia Napa(アヤナパ)周辺の人気ビーチです。


Fig Tree Bay(フィグツリーベイ)
キプロス島の東側の海に面するビーチ。
湾になってるので波は少ないです。
小さな小島があるので、その周辺がシュノーケリングスポット。
海の家的な水着で入れるカフェやレストランが充実しています。





Konnos Beach(コンノスビーチ)
人里離れたコンノスビーチは、崖をおりた所にあります。
レンタカーで訪れたのですが、本当にこの道?って感じの荒野の先にありました。
小さなビーチなので施設は充実してませんが、綺麗な風景をのんびりと堪能できます。
波が全く無く、子供でも安心して楽しめるビーチです。





Nissi Beach(ニッシビーチ)
パーティービーチ的な若者向けのビーチで、海の家にはDJブースがあったりと賑やかな所です。
ものすごく遠浅な部分があり、干潮の時は離れ小島まで歩いて渡ることもできます。
海に入っていても感じる透明度の高いビーチで、海の家のおじさん曰く、ニッシビーチが一番美しいとのこと。でも確かに本当にキラキラしたビーチです。
ただ波は高いので、浮いてると流されます。




Makronissos Beach(マクロニソースビーチ)
ニッシビーチのお隣のスポットで、落ち着いた雰囲気のビーチです。
ビーチが東と西に別れており、西側のビーチはリゾート開発工事中のため、人っ気がなくプライベートビーチみたいになっていました。
東と西との間には、古代墓所の遺跡があります。



キプロスのビーチ施設情報

レンタルパラソル
どのビーチでも、パラソルやベンチシートをレンタルすることができます。
パラソル+2つのベンチシートで10ユーロくらいです。
空いているベンチに座っていると、集金のおじさんがやってきてくれます。
荷物やタオルがかかっていないベンチが空席です。
どのビーチでもお昼前には満席となっていたので、レンタルする場合はちょっと早めにビーチに訪れる方が良いです。
日差しが強いので、パラソルが無いと泳いだ後の一休みが辛いです。

ロッカー
大きいビーチ(ニッシビーチ)にはロッカーがありましたが、コンノスビーチでは見かけませんでした。
大半の人はスマホなどはバッグに入れて、ベンチの下に置いておいたり、タオルで隠している感じでした。
100%安全では無いので自己責任ですね。

シュノーケリングと浮き輪
海の家で購入可能です。
海の透明度が高いのでシュノーケリングはオススメです。
小さなお魚の群れと泳ぐことができます。
シュノーケリングで疲れた時に、浮き輪がとても便利です。
浮き輪の空気もその場で入れてくれます。
また翌日、持参した浮き輪でも無料で空気を入れてくれました。
岩場が多いのところでは、海用の靴(マリンシューズ)があったら良かったなと感じました。

ビーチアクティビティー

パラセーリングやバナナボートなど、海ならではのアトラクションが各ビーチにあります。
当日その場で気軽に申し込めます。
日本では見かけない変わった(危険な?)アトラクションもあるので、ぜひとも楽しんでみてください。たまに肘を擦りむくこともありますが、それも思い出です。

駐車場
ビーチ周辺には必ず無料の駐車場があります。
ただ早い者勝ちなので、午後には満車です。



*合わせて読みたいEU観光情報*