ハンガリーの首都ブダペストは、ドナウ川沿いにブダ城や国会議事堂が建ち並び、
日没とともにライトアップされる夜景がとても綺麗で、
『ドナウの真珠』『欧州の宝石箱』と呼ばれています。


お城や鎖橋などの観光スポット、80箇所の温泉施設などと、
見所もあり温泉もあり、
市街地はバスや地下鉄、トラムと交通の便も良いため、
ブダペストは世界で37番目に旅行者が多い観光地とされています。



オランダからは直行便で約2時間くらいでブダペストへと訪れることができます。
通貨はフォリント(Forint)ですがユーロも使えるので両替不要です。
(ユーロ現金払いだと多少割高に請求されます。)

オランダ主流のデビットカードも問題なしでどこでも使えるので、そもそも現金不要です。
(Pin払いは銀行のレートになるので、ユーロ現金払いよりお得でした。)

物価も安いので、観光地で外食しても、オランダで外食するより全然安く収まります。

ハンガリー料理は個人的には塩辛く感じましたが味付けは日本人好みだと思います。
またイタリア料理やドイツ料理、日本料理などのレストランもたくさんあるので困ることは全くありません。

観光スポット的には多すぎないので、2泊3日ほどで十分に楽しめ、なおかつ温泉で癒さることができます。
1泊2日でも頑張れば周れますが、夜景は外せないので、ドナウ川のナイトクルーズに参加すると90分程のクルーズでスポットを周ってくれます。
ディナー付きナイトクルーズなどのバリエーションも豊富で、現地の観光案内所などで申し込めます。




ブダベスト観光のオススメ

ブダペストカード

ブダペスト市内を地下鉄やバスで移動したり、お城や美術館などを見学するならばブダペストカードがオススメです。

このカードが交通機関の乗り放題パスになり、
ツアーや温泉、美術館が無料になる所もあり、
ほとんどの観光スポットや、多くのレストランで割引を受けることができます。
24時間、48時間、72時間…と選べるので、滞在期間や予定に合わせて購入することができます。
(72時間で€45くらいでした(2018年))

オンラインで購入すると、宿泊先のホテルまで郵送してくれるシステムになっています。
空港の到着ロビーでも購入できるので、空港から市街地まで交通機関を使う場合は空港で購入がベターです。

ブダペスト・カード詳細・購入
http://budapest-card.com/en/

※ブダペストカード自体がそこそこのお値段なので、交通機関のみに使うならば交通機関のフリーパスを買う方がお得です。

 

ハンガリー国立歌劇場

ハンガリー国立歌劇場(Magyar Állami Operaház)はいわゆるオペラハウスです。
歌劇場内は豪華絢爛で贅沢な作りになっています。
毎日2回ほど見学ツアーが開催されており、1800年代に建設されたネオルネッサンス様式の建物を見学することができ、また10分程度の生オペラを鑑賞することができます。

ハンガリー国立歌劇場 見学ツアー 概要(2019年2月現在)
15時、16時(1日2回のみ)
言語:英語、スペイン語、イタリア語、フランス語
2490HUR  (約€7.80)
ブダペストカード20%割引あり
Budapest, Andrássy út 22, 1061 ハンガリー
Magyar Állami Operaház
見学ツアー




聖イシュトヴァーン大聖堂


ハンガリー建国の父、初代国王イシュトヴァーンの名が付けられた聖イシュトヴァーン大聖堂(Szent István Bazilika)には、初代国王イシュトヴァーンの右手のミイラが収められています。

教会上部のドームにも登ることができ(別途料金)、ブダペスト市街地を一望できます。

また不定期ですが、教会内でパイプオルガンコンサートなどが夜に開催されています。
当日券を日中に教会入り口で販売しているので、当日予約も可能です。

聖イシュトヴァーン大聖堂 概要(2019年2月現在)
9時〜19時
教会内入場無料(ドネーション制)
Budapest, Szent István tér 1, 1051 ハンガリー
Szent István Bazilika

 

ジェラート・ローザ


聖イシュトヴァーン大聖堂の横にあるアイスクリーム屋さんジェラート・ローザ(Gelarto Rosa)では、インスタ映えするジェラートが購入できます。

10数種類のフレーバーからジェラートを選ぶことができ、花びらに見立てて盛り付けしてくれます。

1フレーバーからオーダー可能ですが、3種類くらい選んだ方がカラフルなお花ができあがって気分揚々になります。

食べるのがもったいない系ですが、食べだすととまらない系です。

ジェラート・ローザ 概要(2019年2月現在)
10時〜22時
Budapest, Szent István tér 3, 1051 ハンガリー
Gelarto Rosa

 

セーチェーニ鎖橋




ドナウ川にかかる全長380mのセーチェーニ鎖橋(Széchenyi Lánchíd)は、ブタ地区とペシュト地区を繋ぐ鎖橋です。

ブタ地区とペシュト地区を繋ぐ橋の建設は15世紀初頭から計画されましたが、橋建設の技術が足らず幾度となく失敗してきました。

19世紀になって、イギリスへ視察に赴き、技師から学び、橋が完成したのは1849年でした。

1945年には戦争で破壊されてしまいましたが、戦後に復興され、今ではブダペストで最も美しい橋といわれています。

セーチェーニ鎖橋 概要(2019年2月現在)
Budapest, Széchenyi Lánchíd, 1051 ハンガリー

 

ブダ城ケーブルカー


セーチェーニ鎖橋を渡った先にあるブダ城ケーブルカー(Buda Castle Funicular)は、坂の上にあるブダ城までピューンっと運んでくれます。
2機しかないので、繁忙期は乗車までに待ち時間がかかりますが、ブダ城へと続く坂を目の当たりにするとケーブルカーの有難味を感じます。

ブダ城ケーブルカー 概要(2019年2月現在)
7:30時〜22時
片道:1200 HUR  (約€3.80)
往復:1800 HUR  (約€5.70)
Budapest, Sikló u., 1013 ハンガリー
Buda Castle Funicular

 

ブダ城


ブダペストのメイン、ブダ城(Budavári Palota)。
もともとは王宮ですが、現在は城内に「国立美術館」、「ブダペスト歴史博物館」、「セーチェ二国立図書館」になっています。
また、城内の中庭には、マーチャーシュの噴水や、ハンガリーの偉人たちの彫像なども多数置かれています。

ブダ城前の広場からはドナウ川と市街地が一望でき、王族の眺めが楽しめます。

ブダ城 国立美術館・歴史博物館 概要(2019年2月現在)
10時〜18時 (季節により営業時間が異なります。)
1800 HUR  (約€5.70)(季節により異る場合があります。)
ブダペストカード入場無料
Budapest, Szent György tér 2, 1014 ハンガリー
Budavári Palota





マーチャーシュ聖堂



カラフルな屋根が特徴的なマーチャーシュ聖堂(Mátyás Templom)は13世紀に建てられたゴシック様式の教会です。

内部のフレスコ画が美しいのですが、16世紀にオスマン帝国に占領された際に天井のフレスコ画は塗りつぶされてしまい、現在描かれている天井絵は19世紀に描かれたものです。

教会内部に博物館が併設されており、教会の2階へとあがることもできます。

マーチャーシュ聖堂 概要(2019年2月現在)
月〜金曜:9時〜17時、土曜:9時〜12時、日曜:13時〜17時
1800 HUR  (約€5.70)
Budapest, Szentháromság tér 2, 1014 ハンガリー
Mátyás Templom

 

漁夫の砦



ブダペスト市街地を一望できる漁夫の砦(Halászbástya)は、1902年に建国千年祭における市街美化計画の一環として建築家シュレク・フリジェシュによって建てらました。

2階部分の見晴台に登ることもできますが(有料)、登らなくても十分眺めも良く、夜間でも出入りできるので、夜景スポットにもなっています。

漁夫の砦 見晴台 概要(2019年2月現在)
9時〜19時(季節により異なります。)
1000 HUR  (約€3.20)
Budapest, Szentháromság tér, 1014 ハンガリー
Halászbástya

 

Piknik Pavilon


マーチャーシュ聖堂の横にあるレストランPiknik Pavilon。
屋外飲食スペースもあり、マーケットのように料理を販売しています。

言葉が通じなくても指差しで購入できるので、食べたいものが食べれます。

美味しそうなものばかりなので、ついついオーダーしちゃいます。
ご飯どきは混雑しているので、ゆっくり選びたい場合は時間をずらした方が良いかもです。

Piknik Pavilon 概要(2019年2月現在)
10時〜22時
Budapest, Tárnok u. 15, 1014 ハンガリー
Piknik Pavilon

 

国会議事堂



豪華絢爛な内装を持つ国会議事堂(Országház)は、ブタペスト観光では外せないスポットです。
建築家シュタインドル・イムレにより設計されましたが、1904年の完成の前に彼は亡くなってしまいました。

4000万個のレンガ、50万の宝石と40kgの金が使われている煌びやかな内部を見学するには、見学ツアーへ参加することが必須となっています。
繁忙期は当日券の購入が難しいので、事前にオンラインで申込みしなければチケットが取れません。
特に英語のツアーが一番人気なので、希望の時間は完売していることがあります。

国会議事堂 見学ツアー 概要(2019年2月現在)
8時〜18時(11月〜3月末:8時〜16時)
EU市民:2400 HUR  (約€7.60)
非EU市民:6000 HUR  (約€18.90)
言語:英語、ハンガリー語、ドイツ語、ロシア語、イタリア語、スペイン語、フランス語、ヘブライ語
Budapest, Kossuth Lajos tér 1-3, 1055 ハンガリー
Országház

 

ドナウ川遊歩道の靴


国会議事堂の近く、ドナウ川沿いに並ぶ靴のオブジェ、ドナウ川遊歩道の靴(Cipők a Duna-parton)。

一見アート作品のようにも見えますが、靴の形をした慰霊のモニュメントです。

第二次世界大戦中に迫害を受けたユダヤ人が川辺に並ばされ、次々と銃殺された悲惨な過去があります。
銃殺され亡くなった方は5千人近くおり、一晩で60人のユダヤ人が極寒のドナウ川に落とされたそうです。
当時、靴は貴重品だったため、殺される前に脱がされたそうで、その歴史の慰霊として60足の靴のオブジェが並んでいます。

ドナウ川遊歩道の靴 概要(2019年2月現在)
Budapest, Id. Antall József rkp., 1054 ハンガリー





*合わせて読みたいEU観光情報*