海外お土産の王道、チョコレート。

オランダにも様々なチョコがありますし、隣国のベルギーチョコも美味しいです。

ですがTHEチョコレート屋がほぼほぼ無いので、チョコ土産を買うならスーパーマーケットが一番手頃です。

そんなスーパーマーケットで一際目立つのがTONY’Sのチョコレート。

TONY’Sのチョコはアムステルダム発祥のチョコレート(2005年)。
カカオ生産国の児童奴隷解放を目的としたチョコレート会社(Tony’s Chocolonely)です。
チョコの売上が対等にカカオ生産者にも支払われているフェアトレードな事から一躍有名なチョコとなりました。

ポップなデザインのパッケージでお馴染みで、種類が多いのも特徴的です。

Melk karamel-zeezout(海塩キャラメル)

<Reference:Albert Heijn>

一番人気はオレンジのパッケージ。
ミルクチョコレートとキャラメルにアクセントとなる海塩で、甘しょっぱいたまらないチョコです。



Melk(ミルクチョコレート)

<Reference:Albert Heijn>
赤いパッケージは元祖TONY’Sチョコ。
フェアトレードを世界的に広める広告塔となるように、目立つ赤いパッケージにしたそうです。




Melk hazelnoot(ヘーゼルナッツ)

<Reference:Albert Heijn>
グリーンのパッケージはヘーゼルナッツチョコ。
クリスピーなチョコとナッツの相性はいうまでもありません。




Puur(ダークチョコ70%)

<Reference:Albert Heijn>
ブルーのパッケージは、カカオ70%の高カカオチョコレート。
カカオ70%以上のチョコレートには、ダイエット効果や美肌効果もあるそうです。

 

Melk noga(ヌガーチョコレート)

<Reference:Albert Heijn>
イエローのパッケージはバナナかと思いきやヌガーです。
ヌガーとはフランスのソフトキャンディーの事で、こちらのヌガーチョコには細かいアーモンドが入っています。

 




Puur 51% amandel-zeezout(カカオ51%海塩アーモンドチョコ)

<Reference:Albert Heijn>

ライトグリーンのパッケージはアメリカで人気勃発中の海塩アーモンド。
TONY’Sチョコは基本カカオ32%なのに対して、51%とちょっとビターなタイプです。

 

Donkere melk 42%(ダークチョコ42%)

<Reference:Albert Heijn>

ライトブルーのパッケージはダークチョコの42%。
ダークチョコとミルクチョコが半々くらいのクリーミーなチョコレートです。

 

 

Melkchocolade kaneelbiscuit(シナモンクッキー)

<Reference:Albert Heijn>

パープルのパッケージはシナモンクッキーチョコ。オランダ人が大好きなシナモンフレーバーのチョコです。クッキーを食べようか、チョコを食べようか迷った時にはこのチョコで決まりです。

 

Wit(ホワイトチョコレート)

<Reference:Albert Heijn>

ホワイトのパッケージは見た目通りのホワイトチョコレート。
厳選されたココアバターで作られています。

 

Wit framboos – knettersuiker(フランボワーズホワイトチョコ)

<Reference:Albert Heijn>

キュートなピンクのパッケージはラズベリー+粒々シュガー入りのホワイトチョコレート。
一度食べると病みつきになるチョコです。

 

Tony’s Chocolonely Store(販売店)

ご紹介した以外にもTONY’Sチョコの種類は豊富です。
TONY’Sチョコはスーパーマケットで買えますが、店舗によっては種類が少なかったりします。
アムステルダムにはTONY’Sストアが2箇所あり、ここでは全種類のフレーバーが常時置いてありますし、ばらまき土産用の小さなチョコも売ってます。
TONY’Sストアでは購入はもちろん、試食もできるので色んな味を試すにはもってこいです。
またTONY’Sグッズの販売、オリジナルのパッケージを作ってもらったりもできます。

Tony’s Store アムステルダムセントラル 概要(2020年2月現在)
10〜21時
Oudebrugsteeg 15, 1012 JN Amsterdam, オランダ
Tony’s Store
Tony’s Store ウェスターパーク 概要(2020年2月現在)
10〜18時(月・土・日のみ12〜18時)
Pazzanistraat 1, 1014 DB Amsterdam, オランダ
Tony’s Store

 




*合わせて読みたいオランダ観光情報*