広告掲載者募集中

【アムステルダム建築スポット】東部港湾地区の4つの人工島

オランダの建築

アムステルダム中央駅から東に2kmに位置するアムステルダム東部港湾地区には4つの人工島があります。

KNSM(ケーエヌエスエム島)
JAVA(ヤファ島)
Borneo(ボルネオ島)
Sporenburg(スポレンブルク島)

これらの人工島は住宅地なのでお店や観光スポットはありませんが、建築好きには楽しめるエリアになっています。

 

 

もともと貿易港だったアムステルダム。

東部港湾地区はアムステルダムの主要な埠頭として19世紀末に整備されました。

時代とともに貿易船が大型化すると、アムステルダムのアイ湾では大型船が収まらなくなり、貿易港機能はロッテルダムへと集約されました。

アムステルダム東部港湾地区は埠頭としての役割を1960年代に終焉します。

 

 

用途が無くなった人工島は都市再開発計画において、住宅地への転用が決定され、4つの人工島には高密度の住宅建設が要望されました。

4つの人工島は、各島ごとのマスタープランを一人の建築家が計画し、諸所の設計には多くの建築家が参加している壮大な都市計画となり、1990年から約10年で埠頭は見違えるように生まれ変わりました。

 

 

KNSM島(1989~1996年)

まず先行して策定されたKNSM島

KNSMのネーミングの由来は、ここが貿易港として栄えていた時代の貿易船舶会社Koninklijke Nederlandse Stoomboot-Maatschappij(Royal Dutch Steamboat Company)の頭文字を撮ったものです。

このエリアのマスタープランは、オランダの建築家ヨー・クーネン(Jo Coenen)が担当しています。

<photo credit: Google map>

埠頭の中心にメイン通りKNSMラーンを設け、その両サイドに住宅棟が建ち並ぶ構成です。

住宅設計はヨー・クーネンの他に、オランダ建築家ヴィール・アレツ、ドイツ建築家ハンス・コルホフ、ベルギー建築家ブルーノ・アルバートと、ヨーロッパで有名な建築家たちによるものです。

KNSMは全15棟の中高層の団地エリアになっています。

団地それぞれがユニークなデザインで、存在感の強い建築物になっています。

個々の建物が個性的なので、1つの団地で完結してしまっていて、KNSM島全体での団地同士の繋がりが乏しく、閉鎖的なエリアでもあります。

マスタープランでの統一が測れなかったことと、各巨匠たちが各々に設計してしまったことが、都市計画性を損なってしまったのかもしれません。
(建物個々はかっこいいです。)

 

日本の様な団地という住み方の概念がオランダにはもともとなかったこともあり、高密度な居住環境は受け入れられず、当初の販売は売れゆきが悪かったそうです。

 

 

 

JAVA島(ヤファ島)(1991~2000)

KNSM島のお隣のJAVA島はアムステルダム中央駅や市街地にもっとも近い人工島です。

JAVA島のマスタープランはオランダの建築家ソールド・スターズによって計画されました。

<photo credit: Google map>

ソールド・スターズは細長い形の人工島に4つの運河を通すことで、島を5つのブロックに分けています。

各ブロックごとに、中央に中庭、中庭を囲うように住宅棟、住宅棟の外周に道路を設けています。


<中庭>


<住宅棟>


<道路と運河>

JAVA島の都市計画は、アムステルダム旧市街の街並みと類似しています。

各住宅棟は多くの建築家により設計されてるため、それぞれが異なるデザインですが、
設計上でのモジュールルールなどが明確に定められており、異なるけれど統一感があり、旧市街地がモデルとなっているっというコンセプトを感じさせる街並みになっています。

緑も多いので、散歩していて気持ちが良いエリアです。
他の人工島よりテラスや公園で過ごす人々が多く、プライベート空間とパブリックエリアの関係性が上手に計画されており、活気や賑わいを感じるいるエリアです。

 

 

 

Borneo(ボルネオ島)と Sporenburg(スポレンブルク島)(1994〜1999)

この2つの島は、KNSM島とJAVA島の中高層集合住宅の街並みとは異なり、建築物の高さが低い低層住宅が並びます。

Borneo島とSporenburg島にはボートや小型船舶、ハウスボートも多く停泊しており、水辺がとても近くに感じられるエリアになっています。

<photo credit: Google map>

マスタープランはオランダのランドスケープデザイン事務所West8のアドリアン・ヒューゼが担当しています。

2~3階建ての低層住宅がメインで計画されているため、都市計画で求められた住戸数をクリアするために公共の中庭や公園といった機能が省かれているので、開けたスペースのない高密度な住宅地になっています。

それでも住戸数が足りなかったためか、数カ所にシンボリックな高層マンションがあるのも特徴的です。

旧市街の住宅群の中に教会があるような感じで、低層住宅群の中にランドマーク的な高層マンションが建っています。

各低層住戸は道路側のみが外と面していて、両サイドは隣の家と隣接しているというオランダスタイルの住宅デザインです。

しかしその分奥行きのある家となっており、家の中に小さな中庭が設けられ、採光と通風が取れるようになっています。

このエリアは20組もの建築家が設計に参加しており、全ての住戸が異なった様相になっていますが、計画段階から統一されていたモジュールや規則性により洗練された都市デザインとなっています。

水辺に並ぶ住宅群は現代版の旧市街の装いです。

小さな住宅が高密度で隣接しているこのエリアは、アムステルダム旧市街の街並みとの類似性を一番感じます。

水辺沿いの住宅には自宅のテラスで寛ぐ人たちがいるものの、共用の広場や公園がないので通りには人も少なく、エリアの印象としては静かで暗い印象となっています。

 

 

 

 

どの人工島も住宅地なので、建物内に入ることはできませんが、散策することは可能で、建築好きには有名な観光スポットとなっており、この辺りを案内するツアーガイドさんもいらっしゃいます。

20世紀後半のダッチデザインを一挙に見ることができる建築スポットです。