広告掲載者募集中

【アムステルダムの運河上の生活】船舶住宅のハウスボート

オランダの建築

オランダには

神が世界を創ったが、我が国はオランダ人が造った

という格言があります。

格言が生まれるほど苦労して、国土を築いてきたの歴史がオランダにはあります。

 

オランダ国土は日本の九州ほどですが、その1/6は水路や運河が占めています。残りの5/6の陸地のうち、その1/3が干拓地です。

(国土を100とすると、元々の陸地が55、干拓地が30、水路・運河が15になります。)

その上、国土の半分近くが海抜ゼロメートル地帯で、堤防(ダム)によって守られた国です。

 

 

 

運河に浮く住宅・ハウスボート

アムステルダムも水路と運河とは切り離せない街の1つです。

アムステルダムの運河は合計全長100km以上あり、そこには1500基以上の橋が架かっています。

運河は交通手段だけでなく生活の場ともなっており、この運河の上もオランダでは大切な土地の一つとして利用されています。

オランダの運河には多くのハウスボートと呼ばれる船が係留しています。

ハウスボートには船としての機能は浮くという要素程度しかなく、住宅としての機能が備わっており、多くの人がこのハウスボートに住んでいます。

オランダには1万以上のハウスボートがあり、アムステルダムにはその約1/4の2256隻ものハウスボートがあります

 

 

 

ハウスボートの歴史

ハウスボートの始まりは19世紀後半の住宅不足期でした。

当時アムステルダムには農村部から都市部へ仕事を求めやってきた労働者や学生が多くいました。

出稼ぎ労働者で溢れた街には十分な住宅はなく、彼らは古い貨物船に住みつきました。

船は住宅としての扱いにはならなかったため税金もかからず、収入の少ない労働者や学生に重宝されていました。

その後、貨物船や使わなくなった船を改築し、家としての機能が整えられました。

今では電気、ガス、水道などの住宅としての設備はすべて整っており、公的な住所登録もしっかりとでき、とても人気のある物件です。

*公的な住所登録ができるようになってからは税金もかかるようになっています。

 

 

電気・ガスなどの各種設備が船に接続されているため、船として動くことはできません。

近年はハウスボートが増加したため、現在は新たなハウスボートを設けることはアムステルダムでは禁止されています。(禁止というか、係留地が余っておりません。)

数に限りができ、希少性が付加価値となり、ハウスボートの価値は瞬く間に急上昇しました。

低収入の労働者、貧困層のために考え出されたハウスボートが、今では高級住宅の位置付けとなっています。

 

 

ハウスボートの維持

ハウスボートには2種類のタイプがあります。

  1. 貨物船を改築した鉄製の船のタイプ
  2. 家として造られたコンクリートの船のタイプ

鉄製は船の形をしていることが多く、コンクリート製は長方形で見た目も家に近いのが特徴です。

鉄製ハウスボートは錆びやすいため約5年ごとにメンテナンスが必要なのに対し、コンクリートタイプはほぼメンテ不要な構造になっています。

 

土地代の代わりに運河代がかかり、鉄製ハウスボートは定期的なメンテナンスも必要。
メンテナンスするには専用業者さんにハウスボートごと造船ドックまで牽引してもらっての作業になるそうです。

ハウスボートの税金やメンテナンス費用はとにかく高いらしく、維持費がかかりすぎるために手放す人も多いようです。

ハウスボート住宅保険も高いらしく、とにかくお金がないと維持できないため、
高級住宅もとい高額維持費住宅になっています。

 

 

ハウスボートを見学しよう

アジア諸国でも似たようなハウスボートがある国もありますが、日本では馴染みのないハウスボート。

船内がどのようになっているのか気になりますが、勝手に上がり込むのは不法侵入、覗き込むのもプライバシーの侵害にあたりますのでやめましょう。

ハウスボートを見学・内観したい時はハウスボート・ミュージアムへと訪れましょう。

美術館なので合法にお宅拝見、船拝見ができます。

アムステルダム繁華街、9ストリートの一角にあるハウスボート・ミュージアムは、一般のハウスボートに混ざって見分けがつかない、存在感の薄い美術館です。

入口は看板が立ってるだけなので入りづらいのですが、勝手に入って問題ありません。

船内のキッチンエリアが受付となっています。

ハウスボート・ミュージアムはもともとが貨物船なので、ハウスボートのタイプでいうと鉄製ハウスボートになります。

もともとが船なので、通風などの住宅環境計画は施されていません。
筆者が見学に訪れた快晴の初夏、船内はとても暑かったです。

そしてやっぱり揺れます。
強風の日を除けば運河が波たつ事はないのですが、観光地エリアの運河には遊覧船が通過し、
このミュージアムは遊覧船ルート上に位置しているので、船が通過するたびにユラユラと揺れました。

船の構造上、壁面の低い位置には開口部がなく、壁面上部や天井に窓が作られていました。
窓から見える街の風景が運河からの目線になるのがとても新鮮に映ります。

船内にはリビング、ベッドルーム、シャワー、トイレもあり、住宅機能が備わった立派な家となっています。

 

ミュージアムとなっているハウスボートは1914年に造られ、1967年までの約50年の間、砂や材木を運搬していた貨物船でした。

貨物船として使用されていた時の船長の部屋もミュージアムの一角に再現されています。

貨物船としての役目が終わり、1967年に貨物室が居住空間へと改造されハウスボートへと生まれ変わりました。

 

 

ミュージアムの受付で日本語の案内書をお借りすることができるので、ハウスボートについて詳しく学ぶことができます。

House Boat Museum 概要(2017年7月現在)
10〜17時
9月〜6月のみ月曜休館
€4.50
ミュージアムカード不可(割引あり)
Prinsengracht 296K, 1016 HW Amsterdam, オランダ
House Boat Museum