☆ 広告掲載者募集中 ☆ 詳しくはコチラから ☆

【アムステルダム最古の教会】アウデ・ケルク

オランダの芸術

Oude Kerk(アウデ・ケルク)はアムステルダムで最も古い建物で、直訳すると古い教会という名前の教会です。

 

アムステルダムの観光地のレッドライト(飾り窓)エリアのシンボル的なアウデ・ケルク。

この地は13世紀初期には墓地だったそうです。この場所に木造の礼拝堂を建設し、当時は漁村だったアムステルダムの船乗りたちの安全を願っていたと云われています。

14世紀には、船乗り・漁師たちの守護神聖ニコラスに奉献され、礼拝堂は教会へアップグレードしました。聖ニコラス教会と名付けられ、建物は改装され石造りになりました。

 

15世紀にはアムステルダム市民の人口が増加したことで、もう一つ教会が建てられました。現在でもダム広場にあるNieuwe Kerk(ニューウェ・ケルク)です。ニューウェ・ケルクは直訳すると新しい教会になります。

人々は新しい教会を新教会(ニューウェ・ケルク)、昔からある教会を旧教会(アウデ・ケルク)と呼ぶようになり、その名前が今でも双方の教会の名前になっています。

 

 

15世紀頃からアウデ・ケルクは巡礼地として人気の教会となりました。また公民館のような機能も果たし、漁師さんが網や帆を繕ったりと市民が集う活気のある教会だったようです。多くの人々が集まるアウデ・ケルクはアムステルダムのリビングルームという愛称で憩いの場となりました。

 

17世紀には、バロック絵画を代表する画家レンブラントはアウデ・ケルクで婚姻したそうです。レンブラントの奥様サスキヤは死後このアウデ・ケルクに埋葬されています。また彼女と共に多くのアムステルダム市民がこの教会に眠っています。

 

 

 

 

アウデ・ケルクは今でも集いの場としての機能を維持しており、教会でありながら美術館にもなっています。

アウデ・ケルクでは頻繁に音楽会や展示会を催しており、古い建物と現代のアートによるインスタレーションの対比はとても面白く人気のある企画です。

ハイシーズンを除けば観光客が少ない日もあるので、静かで荘厳な雰囲気を独り占めすることもできます。

 

 

お墓から礼拝堂となり、そして教会が建てられたこの地は今でもお墓です。

アウデ・ケルクには2500のお墓があり、12000人の方が埋葬されてます。
(レンブラントの奥様サスキヤさんのお墓もあります。)

その上を土足でドカドカ歩くのは如何なものかと感じますが、教会の床一面がお墓なので避けて歩くことは不可能となっています。

 

 

 

アウデ・ケルクは14世紀から16世紀にかけて50年ごと計6回の拡張工事が行われ、現在の規模の大きな教会になっています。

今でも修繕を繰り返しているため、アムステルダム最古の建築という感じは少ないかもしれませんが、13世紀でも、21世紀でも、多くの市民がここで祈りを捧げている尊い場所です。
入り口の扉を開けると、その長い歴史を体感することができます。

 

アウデ・ケルクは、800年以上に渡りアムステルダム市民の憩いの祈りの場所となっているパワースポットなのかもしれません。

Oude Kerk 概要(2017年7月現在)
月〜土10〜18時、日13〜17:30時
€10.00
ミュージアムカード可
Oudekerksplein 23, 1012 GX Amsterdam, オランダ
Oude Kerk