☆ 広告掲載募集 ☆ 詳しくはコチラから ☆

【オランダ】チーズマーケットへ行こう

オランダを観光

 

2022年のイベント情報に更新しました

 

考古学者の発掘によると紀元前200年の頃に使われていたチーズ作りの道具が発見されています。

オランダでは中世の頃よりチーズ産業が盛んになり、今では年間約80万トン以上のチーズがオランダで生産され60万トン以上世界へと輸出しています。

 

オランダでは伝統的なスタイルのチーズマーケットが開催しており、人気の観光スポットにもなっています。春〜夏にかけてチーズの産地でイベントが開催しています。

 

 

 

オランダのチーズマーケットに行ってみよう

オランダ3大チーズマーケットの情報をまとめました。

400年の歴史・アルクマールのチーズマーケット


<photo credit: Alkmaar kaasmarkt>

アムステルダムから電車で40分ほどのとことにある、アルクマールのチーズマーケット(ALKMAAR kaasmarkt)では、オランダ国内最大規模のチーズマーケットが開催され毎年世界各地から数千人の観光客が訪れます。

アルクマールのチーズマーケットの起源は正確にはわかっていませんが、1365年にはチーズマーケットが開催されていたとの古文書が発見されています。

またチーズ運搬組合が1593年に設立されていたので少なくとも400年以上の歴史あるチーズマーケットです。

毎年4〜9月の毎週金曜日に開催されています。7〜8月は毎週火曜日の夜に、ナイトチーズマーッケトも開催しています。

Alkmaar kaasmarkt 概要(2022年3月現在)
毎週金曜日10〜13時 (3月25日〜9月末)
毎週火曜日19〜21時 (7月〜8月末)
見学無料
Houttil 26, 1811 JM Alkmaar, オランダ
Alkmaar kaasmarkt

 

アルクマール観光情報はこちら
【オランダ】チーズの街アルクマールで訪れたい13の観光スポット
アムステルダムから電車で約35分のアルクマールは街を囲んだ水路が残されている自然豊かな街並みとなっています。チーズマーケットには世界中から多くの観光客が訪れ、チーズの街としても有名なアルクマール。名所をまとめたのでお出かけの参考にしてみてください。

 

 

世界シェアNo1のゴーダチーズの起源・ゴーダのチーズマーケット

散策するのも楽しい歴史ある街ゴーダでは何世紀にもわたってチーズが取引されております。

街の名前が由来しているゴーダチーズ世界で最も知られ最も食べられているチーズの1つです。

市街地の周りには多くの酪農場があり、今でも伝統的な方法でチーズを生産しています。

ゴーダのチーズマーケット(GOUDA kaasmarkt)では、酪農家さんたちがWaag(秤量)の前で商人と価格交渉を行い、契約が決まると握手を交わす伝統的なスタイルをデモンストレーションしてくれます。規模は大きくありませんが、その分より近くで見物することができます。

ゴーダは名菓ストロープワッフルの発祥の地としても有名で、チーズマーケットの周りにある屋台で焼きたてを販売しているので、ぜひとも食べたい案件です。

Gouda kaasmarkt 概要(2022年3月現在)
毎週木曜日10〜12時30分 (4月14日〜8月末)
※祝日は開催されない場合があります
見学無料
Markt 1, 2801 JG Gouda, オランダ
Gouda kaasmarkt

 

ゴーダの観光情報はこちら
【オランダ】800年のゴーダチーズ歴史・古都ゴーダを観光しよう
ゴーダチーズとストロープワッフル発祥の町ゴーダ。毎年開催されるゴーダのチーズマーケットでは伝統的なスタイルを見る事ができます。歴史ある古都を散策し、焼きたてのストロープワッフルを食べて、チーズをお土産に購入できるオランダが詰まった町です。

 

 

 

ボートでチーズが運搬されるエダムのチーズマーケット

アムステルダムの北部の湖岸辺にある小さな町エダム。E川をダムで堰き止めて開拓された事から E Dam(エダム)と町の名前がついています。

かつては造船所があったり材木商が盛んだったりとオランダ指折りの商業都市でしたが、今ではそれらの歴史ある建物が多く残されているのどかな地域です。

本場のエダムのチーズマーケット(EDAM kaasmarkt)は1922年に閉鎖されてしまいましたが、今では市民ボランティアなどの協力のもと、毎年エダムのチーズマーケットが開催しています。

2ヶ月間のみの短い期間ですが、昔ながらのボートでチーズが運搬される伝統的な様子を見ることができます。

Edam kaasmarkt 概要(2022年3月現在)
毎週水曜日10:30〜12:30時 (6月29日〜8月17日)
20:30〜22時(8月13日の土曜日のみ)
見学無料
Jan Nieuwenhuizenplein, 1135 WT Edam, オランダ
Edam kaasmarkt

 

エダムの観光情報はこちら
【オランダ】自然豊かなチーズの町エダムをお散歩
造船・貿易・チーズ産業で潤っていたエダムには歴史的な価値のある建造物が多く残されています。エダムは自然豊かでお散歩観光に適した町です。アムステルダムからバスで30分と日帰りでも散策できるのでチーズマーケットと合わせてのショートトリップがおすすめです。

 

 

 

 

 

おまけのチーズマーケット

ダンスショー付き・ホールンのチーズマーケット


<photo credit: Hoorn kaasmarkt>

かつては港町として栄え、貿易の拠点とされていたホールンは、1650年以降に港としての機能を失い、農業市場を中心に発展しました。

市場は中央広場で行われ、いつからかチーズ広場と呼ばれるようになったほどチーズの取引が盛んでした。ピーク時には年300万kgのチーズが取引され、チーズマーケットの有名な町の1つでした。

しかし酪農家の権力が大きくなりすぎたために20世紀にチーズマーケットは閉鎖されています。

今は観光イベントとして酪農家の協力のもとに開催されるホールンのチーズマーケット(HOORN kaasmarkt)。チーズマーケットを模したイベントが開催され、ダンスショーなどのパフォーマンスを楽しむ事ができます。

2022年は開催が未定です。まだ詳細の発表がありません。

 

 

 

 

<チーズマーケット案内人のチーズマン。チーズカラーのスーツ姿で登場。>

春から夏にかけてのみ一般公開される各地のチーズマーケットは観光用に開催されている町興しの印象が強いのですが、色々説明してくれるのでチーズやオランダの歴史を学べたり、またオランダの伝統衣装を見ることができる貴重なイベントになっています。

チーズマーケットが開催される広場の周りには屋台が並んでおり、パンやチーズを買って食べたり、お土産を買うのも醍醐味の1つとなると思います。小銭とエコバックを持って訪れてみてください。

小さな町への日帰り観光、都市部とは違った1日が楽しめると思います。

 

 

 

 

オランダチーズ情報
オランダ産のメジャーなチーズ8種
オランダ人の平均年間チーズ消費量は14.3kg/人と、日本人の6.5倍以上の消費量。オランダ産のチーズは世界輸出量第1位を誇っており、種類が豊富なので好みや用途に合わせて選ぶことができます。オランダのスーパーマーケットでも主流なラインナップのチーズをいくつかご案内いたします。
オランダ産チーズを詳しく学べるアルクマールのチーズ博物館
チーズの名産地アルクマールのチーズ博物館ではオランダ産チーズの歴史や加工方法などを学習することができます。映像を見ながら、またはゲームをしながら学べる体験型の博物館になっており、建物前の広場では金曜日にチーズマーケットが開催されています。
【オランダ】アムステルダムのチーズ専門店でチーズを買おう
アムステルダムで買えるチーズのお土産やさん情報!チーズ専門店では真空パック商品が多いでの日本へのお土産用には最適です。また試食コーナーが充実しているのでお気に入りのチーズ探しもできちゃいます。オランダ土産のチーズ選びも楽しみましょう。