☆ 広告掲載者募集中 ☆ 詳しくはコチラから ☆

【オランダ】800年のゴーダチーズ歴史・古都ゴーダを観光しよう

オランダの食

オランダで最も歴史があり、最もポピュラーなゴーダチーズ。

オランダのチーズの名称は基本的に生産地の名前がついています。

ゴーダチーズもその一つ、ロッテルダム近郊の町ゴーダ(Gouda)で作られたことからチーズの名称となりました。

 

厄災続き!?古都ゴーダの歴史

ゴーダは、中世末期には大都市として発展し、今でも歴史的建造物が残っている古都です。

かつては栄えた都市ですが…

14世紀、15世紀には大火災に見舞われ…
16世紀には伝染病が猛威をふるい……
17世紀〜19世紀には大不況が襲い国内で最も貧しい都市でした。

(不況時代は”Goudaner(ゴーダ市民)”と”bedelaar(乞食)”は同義語であるという差別があったそうです。)

約500年にわたり厄災に見舞われた不運なゴーダですが、現在は歴史ある街並みやチーズマーケットが人気があり、観光業も取り入れて奮闘しています。

 

ゴーダチーズのあれこれ

<photo credit: kaaswinkeldewaag.nl>

オランダのチーズ生産量の60%を占めているゴーダチーズは、オランダでもっとも主流なチーズで、日本人好みのクリーミーでクセのない風味が特徴です。

発祥は1184年までさかのぼり、今日でもなお作られているチーズの中で世界で最も古い製法のチーズとなっています。

現在ではほとんどが工場生産となっていますが、300人ほどのチーズ職人は伝統的な製法で今なおチーズを作っています。

日本ではなかなか味わえない、ハーブや香辛料が入ったタイプや、スモークチーズも人気です。

チーズフォンデュやケーキの材料としても最適。

スライスしてパンに挟んで食べるオランダ式もオススメです。

オランダのチーズの種類
オランダ人の平均年間チーズ消費量は14.3kg/人と、日本人の6.5倍以上の消費量。オランダ産のチーズは世界輸出量第1位を誇っており、種類が豊富なので好みや用途に合わせて選ぶことができます。オランダのスーパーマーケットでも主流なラインナップのチーズをいくつかご案内いたします。

 

 

 

ゴーダチーズの製法

  1. 生乳を65度以下で30分ほど加熱して低温殺菌したのちに、32度まで冷まします。
  2. 凝乳酵素を加え、タンパク質を凝固させます。
  3. 固まったら細かく切って、水分を取り除きます。
  4. 固形分を型に詰めて圧力をかけて水分を取り除いて成型します。
  5.  数日間ほど塩水に浸して塩分を加え、その後しっかり乾燥させます。
  6. 温度12〜15度、湿度80〜90%を保ち発酵・熟成させます。

 

熟成度合によって味が異なるのがポイントです!

Jonge:ヤングチーズ
・熟成1〜2ヶ月
・柔らかくクリーミーで匂いも少ない。

Belegen:熟成チーズ
・熟成4〜8ヶ月
・まだ柔らかめだが、少し塩気が感じられる。

Oude:オールドチーズ
・熟成10ヶ月〜
・スライスすると崩れやすく、旨味が出てくる。
・ぐっと締まって堅めで、塩味が強く、クセも強い。

 

 

ゴーダのチーズマーケット!

古都ゴーダはゴーダチーズの名称の由来となっているものの、ゴーダで生産されたチーズではなく、ゴーダのチーズマーケットで売買されたチーズということから命名されています。

12世紀から作られてきたゴーダチーズは、ゴーダで軽量・検品され、そのまま競りに出されていました。

全盛期は1937年で、年間で450万kgものチーズの競りがゴーダで行われました。

工場生産が主流となり、20世紀後半にはゴーダのチーズマーケットは終焉を迎えてしまいましたが、現在は町興しの一環として観光客向けのチーズマーケットを春から夏にかけて開催しています。

酪農家さんと商人とのやり取りの様子を目の前でパフォーマンスしてくれるので、伝統的なスタイルを見る事ができます。

チーズマーケットが開催される広場には多くの出店がでており、お土産用のチーズを買うこうとができます。

オススメなのはパン屋さんの屋台です。焼きたてのチーズパンやチーズクロワッサンをお手頃価格で食べられます。

Gouda kaasmarkt 概要(2019年3月現在)
10〜12:30時 (4月4日〜8月29日の毎週木曜日)
(※5月30日は開催されません)
見学無料
Markt 1, 2801 JG Gouda, オランダ
Gouda kaasmarkt

 

【オランダ】チーズマーケットへ行こう
オランダでは中世の頃よりチーズ産業が盛んになり今では年間約 60万トン 以上のチーズがオランダで生産され世界へと輸出しています。 世界一位の輸出量を誇るオランダのチーズ市場(シジョウ)では、現在でも伝統的な卸し市場(イチバ)があり一般見学もできるため人気の観光スポットとなっています。

 

 

 

ゴーダはストロープワッフル発祥地

ゴーダはチーズだけではなくオランダ銘菓のストロープワッフルの発祥地でもあります。

もともとはパン屋さんの残り物の生地を薄く焼いた物だった貧困時代の食べ物だったのですが、なんとそれが大ブレークし、今ではオランダ人も愛する銘菓です。

見た目は平べったいビスケットですが、間にシロップがたっぷりと挟まっています。

コーヒーカップの上でちょっと温めて食べると一段と美味しくなります。

パン屋さんやマーケットで焼きたてを買う事もでき、お店によってシロップがキャラメルだったり、スパイスが効いていたりと味も大きさも異なります。

焼きたてのストロープワッフルが食べられるカフェinゴーダ
Siroopwafels & Banketbakkerij-Tearoom Van den Berg
月8:30〜17時、火〜金8:30〜17:30、土8〜17時
Lange Groenendaal 32, 2801 LT Gouda
Siroopwafels & Banketbakkerij

 



旅行前にネットでお土産を注文しちゃおう!お届け日指定で帰国に合わせて配送指定。
荷物軽減で飛行機の重量制限も気にしなくてOK。お土産選びの時間を節約にもなるよ。

注文する

 

ゴーダの観光スポット

Oude Stadhuys (旧市庁舎)  

ゴーダの広場のど真ん中に建っている、お城のようなゴシック様式の建物は、1459年に建てられた市庁舎(Oude Stadhuys)で、歴史ある建築物です。

2012年に新市庁舎が近所にできたため、現在は結婚式場やパーティー会場として機能しています。

Oude Stadhuys 概要(2019年3月現在)
Markt 1, 2801 JG Gouda
Oude Stadhuys

 

 

Goudse Waag (計量所)

1668年に建設された計量所は、かつては市場に出回る様々な物の計量がされていました。
1920年以降はチーズのみの計量所となり、全盛期のチーズマーケットでは欠かせない重要機関でした。

現在は軽量所の中に博物館もあり、チーズの歴史や計量所の詳しいことを知ることが出来るようになっています。

Goudse Waag Museum 概要(2019年3月現在)
1月〜3月21日:10〜15時
3月22日〜10月:12〜17時
チーズマーケットのある木曜日は10時〜
€4.50
Markt 35, 2801 JK Gouda
Goudse Waag Museum

 

Sint Janskerk (聖ヤンス教会)

オランダで最も長さのある聖ヤンス教会。
建物の奥行きは123mで、16世紀に建てられたゴシック様式の教会です。

ゴーダの聖ヤンス教会は72個の美しいステンドグラスがとても有名です。
うち61個は1530年から1603年までの16世紀のステンドグラスが残っています。
また中には20mのステンドグラスもあります。
1つ1つのステンドグラスが、歴史描写の絵画のようになっており、とても繊細で色鮮やかな作品です。

Sint Janskerk 概要(2019年3月現在)
月〜土:9〜17時
€7.50
ミュージアムカード可
Achter de Kerk 2, 2801 JW Gouda
Sint Janskerk