☆ 広告掲載募集 ☆ 詳しくはコチラから ☆
PR

【オランダ】135年続くキングスデーの歴史

オランダの歴史
ⓘ記事内に広告が含まれています

 

4月27日はウィレム・アレクサンダー国王の誕生日です。

この日はKoninginnedagキングスデーと呼ばれる祝日となり、オランダ国民全員で国王の誕生日を「盛大」にお祝いする日です。

 

ハリさん
ハリさん

全国民が国王の誕生日を知っていてお祝いするって素敵ですね。

 

キングスデーはオランダ国内最大級のイベントで、今では観光行事の1つともなっています。

キングスデーの歴史は古く135年以上前に遡ります。初代はキングではなくプリンセスの御誕生日をお祝いするパレードが始まりだったようです。

本日はオランダのキングスデーの歴史を勉強してみたいと思います。

 

 

 

初代キングスデーは8月31日

現オランダ王国はウィレム1世が国王に即位した1815年に始まります。

ウィレム1世の孫にあたる三代目国王ウィレム3世の時代に、長女ウィルヘルミナ王女5歳の誕生日(1885年8月31日)がプリンセスデーとして定められました。

ウィレム3世が亡くなった1890年にウィルヘルミナ王女が女王に即位します。

そして翌年の女王ウィルヘルミナの誕生日(1891年8月31日)が初めてキングスデーと呼ばれる国民の祝日となりました。

幼くして女王となったウィルヘルミナの誕生日を祝う8月31日のキングスデーは、娘のユリアナ王女が即位する1948年までの57年間つづきました。

 

 

 

 

二世代に渡る4月30日のキングスデー

1948年にユリアナ王女が女王に即位し、翌年の1949年からは女王ユリアナの誕生日の4月30日がキングスデーと変更されました。

そして女王ユリアナの娘ベアトリクス王女が女王に即位したのは1980年。女王ベアトリクスの誕生日は1月31日でしたが、自分の誕生日をキングスデーとはせず、代わりに4月30日を国民の祝日にしてクイーンズ・デーと名前を変えました。

よって現国王アレクサンダーが即位する2013年までの65年間は4月30日がキングスデー&クイーンズデーとなっていました。

 

 

 

 

現在は4月27日がキングスデー

現国王のアレクサンダー王が即位したのは2013年です。以来4月27日がキングスデーとなっています。そして歴代初めてキングスデーがキング(男性)の誕生日となっています。

次の王位継承権はカタリナ王女なので、男性キングのキングスデーはレアなのかもしれません。

ちなみにカタリナ王女のお誕生日は12月7日です。冬のキングスデーも初となりますが、王位が継承されるのはまだまだ先のお話かもしれません。

 

キングスデーの前にオランダ国王について勉強しよう!
毎年4月27日はキングスデー。オランダ国王の誕生日を、国民全員がお祝いする日ですが、今ではオランダ全土でパーティーが開催されるようなビックイベントデーになっています。キングスデーでお祭り騒ぎを楽しむのなら、オランダ国王のことも知っておくべきだと思い、調べてみました。
【ダッチオレンジ】オランダのイベントで欠かせないオレンジ色の歴史と伝説
キングスデーに欠かせないのは、何と言ってもオレンジ色です。オランダの衣料品店やお土産やさんでも、キングスデーが近づくと様々なオレンジ色の物が売り出されます。またスーパーマーケットのお菓子コーナーも、この時期はオレンジ色のお菓子が多くなります。なぜオレンジ?と思ったので調べてみました。
【アムステルダム】キングスデーのイベント情報と楽しむためのルール
キングスデーはオランダ全国でお祭り騒ぎ。アムステルダムでも大きな公園では早朝からフリーマケットが開催され、午後には運河にたくさんのボートがスピーカーを携えて爆音で走行。広場では音楽フェスが開催され老若男女が晩まで踊りまくります。