4月27日はウィレム・アレクサンダー国王の誕生日です。

この日はKoninginnedag(Kings Day / キングスデー / 王の日)といわれ祝日となり、
オランダ国民一丸ととなって国王の誕生日を盛大にかつクレイジーにお祝いする日です。
国中の人が国王の誕生日を知っていてお祝いするって、ちょっと素敵です。

キングスデーは国内最大級のイベント行事、今では観光行事の1つとなっていますが、もともとは王女様の誕生日パレードが始まりでした。



キングスデーの起源
1885年8月31日、当時の国王ウィレム3世の長女、オランダの王位継承者であるウィルヘルミナ王女の5歳の誕生日がプリンセスデーとして定められたのが始まりとなっています。

ウィレム3世が亡くなった1890年11月、ウィルヘルミナ王女が女王に即位し、翌年の女王ウィルヘルミナの誕生日(1891年8月31日)が初めてキングスデーと呼ばれる国民の祝日となりました。

のち58年間、女王ウィルヘルミナの誕生日がキングスデーでした。

1948年9月、女王ウィルヘルミナの娘ユリアナ王女が女王に即位します。
そして翌年、1949年からは女王ユリアナの誕生日4月30日がキングスデーと変更されました。

女王ユリアナの娘ベアトリクス王女が女王に即位したのは1980年。
女王ベアトリクスの誕生日は1月31日でしたが、自分の誕生日をキングスデーとはせず、代わりに4月30日を国民の祝日のままとし、クイーンズ・デーと名前を変えました。

よって現国王アレクサンダーが即位するまでの64年間、4月30日がキングスデー(クイーンズ・デー)となっていました。

アレクサンダー国王が即位したのは2013年のこと。
歴代初めてキングスデーがキング(男性)の誕生日となったのです。

<photo credit: Paula Abrahão Koningsdag via photopin (license)>

パーティー好き、海外らしいイベントを味わいたいなら、4月27日のキングスデーにアムステルダムを訪れましょう。

2018年4月27日は金曜日なので、夜な夜なイベント、パーティーがくり出されることと思います。

キングスデー前後のホテルはいっぱいなので、今から予約は正直難しいかもしれません。

また当日、アムステルダム市内の公共交通機関は規制が入りますので、一部トラムは運休、車の通行禁止区域もありますので、お出かけ前にご確認ください。




*合わせて読みたいオランダキングスデー情報*