☆ 広告掲載者募集中 ☆ 詳しくはコチラから ☆

【オランダ】キングスデーの歴史を探ってみよう

オランダの歴史

4月27日はウィレム・アレクサンダー国王の誕生日です。

この日はKoninginnedagKings Day / キングスデー / 王の日といわれ祝日となり、オランダ国民一丸ととなって国王の誕生日を 盛大 かつ クレイジー にお祝いする日になっています。

 

ハリさん
ハリさん

全国民が国王の誕生日を知っていてお祝いするって、ちょっと素敵ですね。

 

キングスデーは国内最大イベントで、今では観光行事の1つともなっていますが、もともとは王女様の誕生日パレードが始まりだったそうです。

 

 

キングスデーの起源を探ろう

現オランダ王国の三代目国王ウィレム3世の時代、長女ウィルヘルミナ王女の5歳の誕生日(1885年8月31日)プリンセスデーとして定められました。

ウィレム3世が亡くなると、第一継承権だったウィルヘルミナ王女が女王に即位します。そして翌年の女王ウィルヘルミナの誕生日(1891年8月31日)が初めてキングスデーと呼ばれる国民の祝日となりました。

11歳で女王となったので 8月31日 のキングスデーは58年の間つづきました。

1948年に女王ウィルヘルミナの娘ユリアナ王女が女王に即位し、翌年(1949年)からは女王ユリアナの誕生日(4月30日)がキングスデーと変更されました。

そして女王ユリアナの娘ベアトリクス王女が女王に即位したのは1980年。女王ベアトリクスの誕生日は1月31日でしたが、自分の誕生日をキングスデーとはせず、代わりに4月30日を国民の祝日のままとし、クイーンズ・デーと名前を変えました。

よって現国王アレクサンダーが即位するまでの64年間は、4月30日がキングスデー(クイーンズ・デー)となっていました。

アレクサンダー国王が即位したのは2013年になります。以来4月27日がキングスデーとなっています。そして歴代初めてキングスデーがキング(男性)の誕生日となっています。

次の王位継承権はカタリナ王女なので、男性キングのキングスデーはレアなのかもしれません。

 

 

 

歴史を学んだので、あとはキングスデーではしゃぐだけです!

【アムステルダム】キングスデーのイベント情報
キングスデーのアムステルダムはパーティーシティー。フォンデルパークなど大きな公園では早朝からフリーマケットが開催されアムステルダムの運河にはたくさんのボートがスピーカーを携えて爆音で走行していきます。各所の広場では音楽フェスが開催され若者で朝から晩までお祭り騒ぎです。人気の会場を幾つかご紹介します。