キングスデーに欠かせないのは、何と言ってもオレンジ色

オランダの衣料品店やお土産やさんでも、キングスデーが近づくと様々なオレンジ色の物が売り出されます。
またスーパーマーケットのお菓子コーナーも、この時期はオレンジ色のお菓子が多くなります。

そこで抱いた素朴な疑問。
なぜオレンジ?
と思ったので、ちょこっと調べてみました。



ダッチオレンジ
オランダのオレンジ色の起源は、現在のオランダ王国(ネーデルラント国王)に称号が変わるよりさらに300年前、オランダが独立国家(ネーデルラント連邦共和国)として建国した16世紀まで遡ります。

その時の事実上の初代君主オラニエ公・ウィレム1世の名前とその家系が ダッチオレンジのはじまりとなっています。

オラニエ公・ウィレム1世の正式なお名前は、Willem Frederik Prins van Oranje-Nassau
Oranje(オラニエ)はオレンジ色という意味なのです。

なんでこんなお名前なのかというと、
ウィレム1世は、南フランスのオランジュ(オランダ語でオラニエ)公国を叔父さんから相続し、オラニエ公ウィレム1世となりました。
以後ウィレムの家系はOranje-Nassau(オラニエ=ナッサウ家)と呼ばれています。

現オランダのアレクサンダー国王のお名前にも(Willem-Alexander Claus George Ferdinand van Oranje-Nassau)、オラニエ=ナッサウと受け継がれています。

ちなみに南フランスのオランジュはオレンジの産地なわけではなく、なぜオランジュという街の名前になったかは謎です。

オラニエ(オレンジ色)という名前を持つオランダ王家。
その名前を表現するかのように、オレンジを象徴する色彩を幅広く使うようになりました。

自他共にオレンジ色を一押しすることで、ナショナルカラーとなって根付いてきたのです。

今ではOranjegekte(オレンジ狂)やOranjekoorts(オレンジフィーバー)という言葉があるほど、オランダ人はオレンジ色が大好きです。

またキングスデーにオレンジ色を身にまとうことは、国王の誕生日をお祝いする表現の一つなんだと思います。



ワールドカップでオランダのサッカーチームは、オレンジ軍団という愛称でも呼ばれるように、オランダにとってオレンジ色は国を象徴するナショナルカラー。
オランダを象徴するイベントやお祭りの時は、オレンジ色のTシャツや帽子、スカーフなどをみんなが身に纏います。(最近では観光客が身にまとうことが多いのかもしれません。)

なのでキングスデーに参加する際は、ぜひオレンジ色の服を!
家を出るとき、ちょっと派手かな〜っと感じるかもしれませんが、ご心配不要です。
外に出た瞬間に、すっと周りと馴染みます。


*合わせて読みたいオランダキングスデー情報*