青色の絵付けを施されている陶器はオランダの伝統工芸品です。

この陶器はデルフトブルーと呼ばれ、オランダを代表する工芸品です。

これらの陶器はファイアンス焼きと呼ばれる陶器の一種で、イタリアのフィレンツェが名前の由来となっています。




このファイアンス焼きがオランダで主流になったのは16世紀になってからでした。

16世紀までオランダの陶器技術はまだ未熟で、質の良い陶器を作る技術もありませんでした。
原料となる粘土の選定や技術をイタリアで学び、オランダ独自のファイアンス焼きが出来上がったのは16世紀後半のことでした。

この当時オランダでは、風景画や自然画が繊細に描かれている優雅な中国製陶磁器が非常に人気がありましたが非常に高額な品物だったため、一部の富裕層しか手に入れることができませんでした。

ファイアンス焼き職人たちはこぞってこの中国陶磁器の柄を見よう見まねで模倣し始めました。これがデルフトブルーの始まりです。
デルフトブルーがどことなくアジアンテイストなのは、パクった背景があるからでしょう。


デルフトブルーの登場は、瞬く間に人気が急上昇しました。

17世紀にはデルフトブルーがオランダ各地に広まり、デルフトだけでも32箇所もの工房がありました。

また王室用の食器や花瓶にもデルフトブルーは持ちいれられており、王室コレクションもございます。

<王室コレクションはRoyal Delft美術館で見ることができます。>



しかし18世紀後半より、デルフトブルー工房が1つずつ姿を消して行くことになります。

まず始めに、英国製の安価で高品質の陶器の出現により、デルフトブルーの需要は少なくなってしまったのです。

そして追い打ちをかけるかのように、19世紀に入ると印刷技術が発展し工場生産品が広く出回るようになり、1つ1つ手作りのデルフトブルーの需要は皆無となってしまいました。



そこで立ち上がったのはデルフトブルー職人のJoost ThooftさんとAbel Labouchereさんです。

彼らはデルフトに唯一残っていた工房を買い取りました。

そして陶器の品質の見直しをはかり、より強い粘土を発見し、デルフトブルーの復興を目指したのです。

1904年に工房を有限会社Porceleyne Flesとし、その後も陶磁器業界の名声を回復する働きを続けました。

40年にも及ぶ彼らの努力が認められ、1919年にはの称号Royal(ロイヤル:王室御用達)を付与されました。

今ではオランダのお土産としても人気のあるデルフトブルー。その多くは工場生産のものが多いです。伝統的なデルフトブルーを生産しているのはKoninklijke Porceleyne Fles(通称:Royal Delftのみとなっています。

Royal Delftの工房には美術館が併設されており、そこではデルフトブルーの歴史や工法が学べ、様々な歴代の陶器や工房内を見学する事ができます。




*合わせて読みたいオランダ観光情報*