☆ 広告掲載募集 ☆ 詳しくはコチラから ☆

一時帰国のスマホ準備!プリペイドSIMとポケットWiFiどっちが便利?

+Dutchノート

 

一時帰国といえばお土産の準備!

 

も大切ですが、忘れてはならないのは日本でもスマホを使えるように準備しておく事です。

 

 

オランダまたは海外在住の方は、お住まいの国で購入したSIMをスマホに入れて電話やインターネットを利用している方が多いのではないでしょうか。

オランダまたは海外で購入したSIMのまま一時帰国した場合は、日本到着とともに圏外になってしまいます。

 

 

お使いのキャリアによっては海外利用設定などをすることで日本でも使うことが可能かもしれませんが筆者が使っているKPNは日本利用が不可になっていました。

そのため一時帰国する度に色々調べて悩んでとSIM選びに時間を使っていたので、本日は一時帰国中にスマホを使える様にする方法をまとめてみました。

滞在期間や人数や端末数によってオススメが異なるので比較しながらまとめてみました。一時帰国準備の参考にしてみてください。

 

 

 

日本でもスマホでインターネットを使える様にする方法

一時帰国した時にスマホでインターネットを使うには2つの方法があります。

  • プリペイドSIMを使う
  • ポケットWiFiを使う

 

SIMを交換してスマホを日本仕様へとチェンジするためにプリペイドのSIMを購入するか、

または、

ポケットWiFiをレンタルして、いつでもどこでもネットを利用できるようにするか、

のどちらかの方法になります。

 

 

 

プリペイドSIMを使う

短期間だけ使用できるプリペイドSIMを購入してスマホに差し込むだけで直ぐに日本でもネットを利用する事ができます。

(お使いのスマホがSIMフリー端末であることが必須です。)

プリペイドSIMは空港や家電量販店、オンラインストアでも低予算で購入することができます。

 

デメリットとしてはSIMカードに連携しているアプリが使えなくなる事です。

例えばWhatsAppはオランダの電話番号と連携しているのでSIMを入れ替えてしまうと利用できなくなってしまいます。

(オランダのSIMカードに戻せば再び利用できるようになります。)

 

日本で購入できるプリペイドSIMはこちらから >>

オランダで購入できるプリペイドSIMはこちらから >>

ポケットWiFiを使う


オランダのSIMカードのままでスマホを利用したい場合はポケットWiFiを使う方法があります。

ポケットWiFiは1台あれば家族全員分のスマホをカバーできます。ラップトップやゲーム機もネット接続する事ができるので、滞在先のご実家にネット環境が無い場合は特に重宝します。

 

デメリットはご家族で1つのポケットWiFiを利用する場合、誰かがポケットWiFiを持って出かけてしまうと他の人はネットが使えなくなってしまう事です。

ポケットWiFiの予約はこちらから >>

 

 

 

プリペイドSIMとポケットWiFiの違い

プリペイドSIMとポケットWiFiを比較してみました。

プリペイドSIMポケットWiFi
購入方法店頭、オンラインレンタル
データ量1GB〜無制限5GB〜無制限
端末SIMフリー制限なし
台数1台複数可
利用日数7〜30日1日〜
初期費用無しレンタル手数料
月料金3000円〜5000円〜

 

 

 

プリペイドSIMの特徴

プリペイドSIMは日本の空港やコンビニで購入する事ができます。

利用可能日数が7日間〜30日間とあり、データ量が1GB〜10GBが平均でしたが、最近は20GBや無制限もあります。

 

ねずくん
ねずくん

無制限だとデータ量を心配しなくていいので嬉しいですね!

 

成田・羽田・関西空港で購入すると無制限の30日間SIMで約7000円くらいです。(2021年しらべ)

 

空港到着後の疲れた中での買い物が面倒な時はオンラインで事前に購入して日本の滞在先に配送しておくと便利です。

そしてオンライン購入の方がリーズナブルです。

 

事前にオンラインで購入しても利用日数はスマホにプリペイドSIMを装着した時点からカウントされるのでご安心ください。

また滞在先がホテルや旅館でも事前に伝えておけば受け取りしておいてくれるのではないかと思います。滞在先に相談してみてください。

 

ハリさん
ハリさん

オランダにも日本のSIMが購入できるお店があるよ!

オランダで日本で使えるプリペイドSIMの販売店がありました。日本に一時帰国する前にオランダで購入して持っていけるので、日本の空港に着いたら直ぐに使えます。

30日間で1〜10GBまであり、ユーロで支払いもできるので便利です。

オランダで購入できるプリペイドSIMはこちらから >>

SIMフリー端末とテザリング

プリペイドSIMはSIMフリーのスマホが必須となりますが、オランダでスマホを使っている時点で既にSIMフリーのスマホな方が多いのではないかと思います。

また利用可能な端末は1台となってしまいますがテザリングができるスマホなら他の端末でもネットを使う事ができます。

(プリペイドSIMによってはテザリング不可の製品もある様なので購入前に仕様をご確認ください。)

 

プリペイドSIMのデメリット

デメリットはSIMカードのアクティベートが必要なのと、WhatsAppなどの一部のアプリが使えなくなる事です。

プリペイドSIMカードを装着してから有効化するまでにはいくつかの手順があります。製品付属の説明書に倣えば設定できる様になっていますが、ごくごく稀に上手く設定できない場合があります。そして製品によっては不具合があっても返品・交換が不可となっています。

 

またSIMを交換してしまうと電話番号と連結しているアプリが使えない事があります。WhatsAppで業務連絡などをしている場合はお仕事に支障が出てしまう場合もあります。

オランダのSIMに戻してフリーWiFiの元でネットに繋げばWhatsAppのチェックもできるのですが、一回一回SIMの差し換えをしなければならないのは手間ですし、オランダのSIMに戻してしまったら圏外なのでフリーWiFiが使える環境が必要になります。

 

 

 

ポケットWiFiの特徴

ポケットWiFiは事前申込みの時に空港やコンビニで端末を受け取るか、滞在先に配送してもらうかを選ぶ事ができます。

ねずくん
ねずくん

空港からレンタルできると直ぐにネットが使えて便利ですね!

 

レンタル日数は1日〜可能で、データ量は5GBなどもありますがレンタルするなら無制限の一択でしょう。

レンタル料金は1日500円〜、14〜30日7000円〜くらいになります。

ですが別途でレンタル手数料が500円〜かかります。

 

無制限のネット環境

ポケットWiFiの一番のメリットは複数端末で同時にネットを使える事です。

ポケットWiFiがあれば、ご家族分のスマホ、ラップトップ、ゲーム機などと複数の機器を同時にネット利用する事が可能です。

もちろん複数台を同時に繋げばネット速度が落ちますが、4G LTEなどの最新機種のポケットWiFiをレンタルすればイラつくほどの遅さにはなりません。

またポケットWiFiはスマホと同サイズくらいコンパクトサイズなので持ち歩きにも適しています。

 

ポケットWiFiのデメリット

デメリットはバッテリーの充電が必要な事、複数人で利用する場合は一緒に行動しないとネットが使えない事、紛失した場合は弁償になる事です。

バッテリーは連続接続時間が7〜12時間が平均値です。充電し忘れると出先でネットが使えなくなってしまいます。

またご家族で共有利用する場合、外出先ではぐれた時はポケットWiFiを持っている人しかネットを使えなくなってしまうので、連絡を取り合って再開する事ができません。

そしてポケットWiFiはレンタル品なので紛失等した場合は弁償となります。

 

 

SIMかWiFiか、どっちにする?

プリペイドSIMもポケットWiFiも無制限タイプが登場したことで、データサイズで選ぶ必要がなくなってきました。

予算、利用機器台数、滞在先のネット環境で選べば良さそうに思います。

プリペイドSIMを選ぶ人

  • 個人で利用
  • 他の端末はテザリングでOK
  • 滞在先にネット環境がある
  • 低コストで納めたい

ポケットWiFiを選ぶ人

  • 数人で利用
  • 複数端末同時利用
  • 滞在先にネット環境がない
  • WhatsAppを良く使う

 

ご家族で一時帰国される場合は、お父さんのスマホにプリペイドSIM、お母さんはポケットWiFiを利用 と2つ持ちにするのも良さそうです。ネットゲームがしたい子どもたちはお母さんの周りにいつもいるから安心でしょう。そして外出中のお父さんに「帰りにアイス買ってきて」とお願いすることもできそうですw。

 

日本に配送のプリペイドSIMはこちらから >>

オランダに配送のプリペイドSIMはこちらから >>

ポケットWiFiの予約はこちらから >>

 

 

New!!使い放題のSoftBankレンタルWifi



 

 

音声通話が必要な場合

プリペイドSIM、ポケットWiFiでは電話は利用できません。一時帰国中に音声通話を使うにはLINE通話やSkypeなどアプリを使うことになります。

日本滞在中にレストランを予約する電話、または折り返し先を尋ねられた時に電話番号が必要になってきます。

 

そんな時のために日本でも電話をかけられる様にするにはキャリアSIMを契約しなければなりません。

しかしながらドコモやソフトバンクなどのキャリア契約は1ヶ月未満の短期契約を行なっておりません。

 

電話番号付きのジャパンSIM

一時帰国時に電話できない悩みを解決してくれたのがジャパンSIMという格安SIMです。

ジャパンSIM年間8ドルという超低料金で維持できるキャリア契約SIMになっています。

初期費用に39ドルかかりますが、あとは使わなければ月額0ドルです。

一時帰国した時に利用して、その時に使った分だけ支払いになります。

着信は無料、発信通話が$0.85/分(1分約96円)ですが一部無料になる時間帯もあります。

データ通信利用は$59(約6720円/2MBまで)となります。

 

年額はかかりますがたったの8ドル、あとは使った月だけの支払いなので、頻繁に一時帰国される方、日本の電話番号も保持したい方にはとても便利なSIMになっています。

帰国するたびにSIMを買ったり、ポケットWiFiを予約したりする手間も解消できます。

使ってみて不要だなと思ったらいつでも無料で解約できるようです。

 

アメリカが本社なのでドル払いですが、ホームページは日本語になっています。

ジャパンSIMの詳細はこちらから >>

 

 

 

 

あとがき

昔に比べたら日本もフリーWiFiスポットが増えています。

それでも都内の複雑な電車乗り換え、久しぶり会う友達との待ち合わせなどと出先でもインターネットは必須です。

そして久しぶりの日本は地元でも迷子になりがちなので地図情報が必要だったりもします。

 

筆者は前回の一時帰国時はプリペイドSIMを使ったのですが、WhatsAppが使えなくなってしまったのがとても不便でした。

なので次回はポケットWiFiレンタルにしてみようと思いますが、失くさないかが不安です。

 

プリペイドSIMは日本到着後に空港やコンビニでも購入できますが、ポケットWifiは事前予約が必要なので帰国前にお手続きをお忘れなく!

ポケットWiFiの予約はこちらから >>