オランダ南部の都市Maastricht(マーストリヒト)。


市内に流れるマース川(Maas)が、都市の名前の由来ともいわれております。

オランダで最も古い町といわれているマーストリヒト。
マーストリヒト西部では旧石器時代(約25万年前)のネアンデルタール人(ホモ・サピエンス)のものとみられる遺跡が発見されており、都市が誕生するずっと前から、この地域には既に人間の居住があったようです。

紀元前10年頃にローマ人の集落ができはじめ、中世紀(500〜1500年頃)には豊かな都市へと発展したとのこと。

17世紀頃にはフランス帝国の支配下となっており、オランダの統治下となったのは19世紀に入ってからでした。


フランスの支配下だった歴史もあり、土地的に隣国のベルギーやドイツに挟まれていることから、オランダ国外の文化の影響を大きく受けており、街並みからしてオランダの風景とは異なる都市です。


オランダなのにオランダではないヨーロッパの風景が堪能できる、歴史ある古都マーストリヒト。
様々な食文化の影響も受けていることから美食の街とも呼ばれ、市内には数多くのレストランがあり、平日でもランチタイムは賑わっています。

春のカーニバル、夏の食の祭典、冬のクリスマスマーケットは有名なので、イベント時期に合わせて観光するのがオススメです。




マーストリヒトの観光スポット

Basiliek van Sint Servaas (聖セルファース教会)

マーストリヒトの初代大司祭だった聖人セルファースが384年に葬られたのがこの教会の起源と云われています。
埋葬された場所に小さな木造のチャペルが建てられ、
11~15世紀にかけてロマネスク様式の大聖堂が建設され、多くの巡礼者が訪れています。

Basiliek van Sint Servaas概要(2018年12月現在)
10〜17時、日12:30〜17時
€4.50
Keizer Karelplein 3, 6211 TC Maastricht, オランダ
Basiliek van Sint Servaas

 

Sint-Janskerk (聖ヤンス教会)

聖セルファース教会のお隣にそびえる赤い塔が目印の聖ヤンス教会。
後期ゴシック様式のプロテスタント教会で、教会への入場は無料です。
高さ70mの赤い塔は、かつては牛の血の色で赤く染められたとか、いないとか。

Sint-Janskerk概要(2018年12月現在)
月〜土:11〜16時
塔の入場料€2.50
Vrijthof 24, 6211 LD Maastricht, オランダ
Sint-Janskerk

 

Basiliek van Onze Lieve Vrouwe (聖母教会)

11世紀に建てられたローマカトリックの教会で、ロマネスク様式の建物です。
海の守護神でもある聖母マリア像が有名で、この聖母マリア像を拝むと争い事が仲裁されるという言い伝えがあるそうです。

Basiliek van Onze Lieve Vrouwe概要(2018年12月現在)
8〜17時
博物館入場料€3.00
Onze Lieve Vrouweplein 7, 6211 HD Maastricht, オランダ
Basiliek van Onze Lieve Vrouwe

 

Helpoort & Wall (地獄の門と城壁)

マーストリヒトには13〜16世紀に建てられた城壁が残っており、城壁の東には”地獄の門”と呼ばれるオランダ最古の門があります。
中世のペスト流行時に、ペスト患者をこの門から追い出し、門外の建物へと収容したことから”Helpoort (地獄の門)”と呼ばれるようになったそうです。
公園が併設されているのでお散歩気分で周れます。


地獄の門から西側へと城壁と公園が続きます。公園内の城壁の上にも公園があります。


公園内には動物のオブジェがあったりと、不思議な公園です。

市街地内にも城壁跡が残っています。

Helpoort概要(2018年12月現在)
St. Bernardusstraat 24b, 6211 HL Maastricht, オランダ
Helpoort

 

Stadhuis van Maastricht (市庁舎)

マルクト広場の中心に建っている市庁舎は1664年に建設されました。
塔には49個の鐘を組み合わせたカリヨンがあり、決められた時間に鐘が鳴り響きます。

Stadhuis van Maastricht概要(2018年12月現在)
Markt 78, 6211 CL Maastricht, オランダ
Stadhuis van Maastricht




De Bisschopsmolen (デ・ビショップス・モーレン)

観光雑誌でもおなじみの水車のあるパン屋さん。
この地方の名物のフルーツパイやパンを、水車でひいた粉で焼いています。


お店のお隣には水車。


カフェエリアが隣にあって、朝食メニューやランチメニューで焼きたてのパンを食べれます。


焼きたてのフルーツパイも店内でも食べれます。
メニューには記載されてなかったですが、注文できました。

De Bisschopsmolen概要(2018年12月現在)
火〜土:10〜18時、日:10〜17
Stenenbrug 3, 6211 HP Maastricht, オランダ
De Bisschopsmolen

 

Boekhandel Dominicanen (ドミニカネン)

13世紀に建てられたゴシック様式の修道院教会、ドミニカ教会を改装し、2006年にオープンした本屋さん。
歴史ある天井フレスコ画や、ステンドグラスが残されており、神聖な雰囲気の中で約5万冊の本が並んでおります。
”世界一美しい書店”、”天国の書店”などの通り名がつくほどのインテリアは、アムステルダムの建築家Merkx + Girodが手がけています。

本屋さんとは思えない外観です。


店内奥はカフェエリア。

Boekhandel Dominicanen概要(2018年12月現在)
火〜土:9〜18時、日:12〜17、月:10〜18(木曜のみ21時まで)
Dominicanerkerkstraat 1, 6211 CZ Maastricht, オランダ
Boekhandel Dominicanen

*合わせて読みたいオランダ情報*