☆ 広告掲載者募集中 ☆ 詳しくはコチラから ☆

【オランダ】最強の折りたたみ傘 senz°

+Dutchノート

日本にいるときは透明のビニール傘を使っていましたが、オランダでは自転車移動が多いのでレインジャケットがメインになりました。でも折りたたみ傘も持ってます。さすがに人と会う時など、ビショビショで訪れては失礼なシチュエーションもあるし、暴風雨の日はトラムや電車も使うので傘は必要です。

また近年は夏の暑い日に突然降る通り雨や夕立も多いので、微妙そうな天気予報の日は折り畳み傘をバッグに忍ばせています。

 

しかしながら風車の国・オランダは、強風の日が多いのも特徴です。雨の日に強風が吹くと傘がバンっと裏返るアノ現象が発生します。

バンっと裏返ると、濡れるし、恥ずかしいし、笑いが止まらないしの三重苦。

そんな赤面を回避するために発明されたのが「senz°」の傘です。

 

 

 

暴風雨に耐えられる傘

<photo by bol.com>

senz°(センズ)はオランダのデルフト工科大学で考案された傘で、数学?物理?から計算された屈強な形状に設計された高強度の傘です。

後ろがやや長い変形6角形のフォルムで、風速70km/hに耐えることができます。

 

senz° automatic deluxe(センズ オートマチック デラックス)という製品は風速100km/hにも耐えられ、傘が飛ぶ前に人が飛んでしまうんじゃないかって心配になります。子供だったらsenz°の傘で空を飛ぶアニメみたいな現象が実現できる気がします。(非常に危険なので試さないでください。)

 

UPF50+で紫外線を跳ね返す

このsenz°の傘はUPF50+で紫外線を跳ね返すので日傘にもなるのが特徴です。
これ一本あれば、夏の強い日差しにも、突然の雷雨にも、雨の日の自転車通勤にも打ち勝つことができます。

<photo by bol.com>

(傘をさしながらの自転車は危険ですので十分に気をつけてください。自転車に取付けられる傘ホルダーのご利用をお勧めします。)

 

コンパクト

<photo by Amazon.jp>

senz° micro(センズ マイクロ)という製品は、使わない時(折り畳まれた状態の時)のサイズがスマホくらいの大きさというコンパクト仕様となっています。

傘をさしているときは80cm×75cmくらいの十分な面積をカバーしてくれて、使わないときはポケットにも入る小ささです。

 

 

<photo by bol.com>

オランダではBol.comで、日本だとAmazon.jpで購入することができるようです。頑丈な傘をお探しの時は「senz°」で検索してみてください。

 

Bol.comでsenz°を検索

Amazon.jpでsenz°を検索

 

ハリさん
ハリさん

日本は梅雨シーズンがやってきますね。オランダは梅雨でもないのに雨の日ばかりでやれやれです。