☆ 広告掲載者募集中 ☆ 詳しくはコチラから ☆

【オランダ移住】追記:オランダに到着してからすること

オランダでビジネス

オランダ移住あれこれで書ききれなかった移住プチ情報を本日はご紹介してまいります。

 

 

⑴空港から滞在先まで

オランダ、スキポール空港はヨーロッパのハブ空港と言われるほど毎日たくさんの飛行機が到着し、その利用者も多いためかハイシーズン時には混雑のしすぎで乗り遅れる人もいるほどです。

スキポール空港からアムステルダム市街地までは電車やバスの便も良く、所要時間も30分程度です。

でも初めてオランダにいらした方には電車の乗り方、もはやどの電車に乗れば良いのか、どこにいけばよいものか…となります。

電車で30分くらいの距離であればタクシーを利用される方も多いと思います。

大きな荷物や小さなお子様がいらっしゃったらなおさらタクシーをお勧めします。

がしかし、ぼったくりタクシーもございますのでお気をつけください。

 

ご利用の際には認可タクシー(TAXIのサインと青いナンバープレート)を。
また乗車前に行き先までのおおよその金額も聞いておくと安心だと思います。
もしくはUberも可能です。
空港には沢山いるのでいつでもつかまえられます。

事前にドライバーサービスを予約しておくのもいいと思います。
日本人ドライバーサービスのHoney Mocoさんが安くて親切安心でお勧めします。
(先日、自分の引越しの時に利用させていただいたドライバーサービスです。本当に親切丁寧面白い方でした!)

日本人ドライバーサービス in オランダ
オランダ初となる日本人ドライバーです。 空港送迎、観光、視察、プチ引越、荷運び等、移動手段として安心・安全・正確で良好なサービスをご提供致します。

日本出国までの準備や、オランダまでの長時間のフライト、そして入国審査まででの疲労はかなりのものとなります。ですが空港から滞在先までもマダ気を抜けないところです。

 

 

 

 

⑵携帯電話とSIM

滞在先に到着し一休みしたら、今度はオランダの携帯電話番号を取得しましょう。
(スキポール空港でお時間があれば、空港内にも携帯ショップがあります。)

SIMフリーの携帯を既にお持ちであれば、現地のSIMを購入するだけです。
滞在先付近の携帯ショップやSIMが買える場所はホテルのフロントや観光案内所で聞いたら教えてくれると思います。

メジャーな会社はKPN、Vodafone、T-Mobileです。

オランダは至る所でフリーwifiが使えるので、しばらくの間はプリペイドの安いSIMで電話だけできれば問題ありません。

 

 

 

⑶観光と交通機関

到着翌日、まずは観光してみるのが良いと思います。

どんな街か知ること、どうやって電車やトラムに乗るのか、スーパーマーケットで何が売っていて、どうやって買うのか。実際に体験してみるのが早いです。

美術館がお好きな方はミュージアムカードを作ることをお勧めします。
ミュージアムカードは年間60ユーロくらいかかりますが、美術館の料金が15ユーロくらいするので年に4箇所以上出向くのであれば断然お得です。(ミュージアムカードは美術館で購入できますが、購入後1ヶ月以内にオンラインでの住所登録が必要となりますのでお気をつけください。)

アムステルダムの交通機関は主に電車、トラム、バスとあり、これらはOVカード(日本のスイカ的な)を持っていると便利です。
カード無しで乗車する場合は車内でチケットを買えますが、高額(5ユーロくらい?)なのと、どこまで乗車するのかを伝えなければなりません。
オランダの土地勘が無いのにどこまで乗車するか聞かれても、それに降車駅名もオランダ語で読めないんですがっっっとちょっと焦ります。

カードをお持ちであれば乗車の時に”ピッ”とするだけです。(降りるときも”ピッ”っとする必要があるのでお気をつけください。乗るときも降りるときも前の人の真似をしてみましょう。)
カードでの乗車だと大体2ユーロくらいで乗車できます。

OVカードはアムステルダムだとセントラルステーションで買えると思います。
スキポール空港でも購入できますので、空港からアムステルダムまで電車をご利用になる場合は、空港で電車に乗る前に購入しちゃった方がお得+便利です。

利用の時にはチャージの残高が一定額残っていないと罰金になるのでお気をつけください。
電車利用の場合は残高20ユーロ以上、トラムの場合は4ユーロ以上必要だったような(曖昧)。
アムステルダムからデン・ハーグまで電車で往復20ユーロちょいなので、日本大使館まで電車で行く予定の方は最初に50ユーロくらいチャージしとけば問題ないと思います。その後は駅やスーパーマーケットでチャージできます。(現金でチャージする場合は駅のみになります。)

また観光案内所でトラムの1日券なども売っています。

 

 

 

 

⑷自転車と車

観光してみると感じるのが都市部での自転車の多さだと思います。

道路には必ずと言っていいほど自転車レーンがあります。

一見歩道と見間違えやすいので、自転車レーンを歩かないようにお気をつけください。

車も自転車も日本と逆の右側通行ですので、道を渡るときなど左右しっかり確認しましょう。

 

観光するのに自転車をレンタルすることもできますが、自転車に乗るときはオランダのルールを守りましょう。

①自転車レーンを走行する。
②曲がるときは手信号をする。
③駐輪するときは鍵をしっかりかける。
④慣れるまではスピードを出さない。
⑤急に止まらない。
⑥自転車の信号を守る。

慣れてしまえば自転車があると便利ですが、慣れるまでは危険でしかありません。

 

車をレンタルされるには、現地の免許証か国際免許証が必要です。また道路標識も異なるので、事前に予習して安全運転を。

 

 

 

⑸オランダ語

観光や買物などでは英語が通じます。

レストランなども英語のメニューがある所が多いです。

そしてオランダ語で話しかけられても、こっちが英語だと相手も英語に切り替えてくれます。

最初にオランダ語に悩まされるのはスーパーマーケットだと思います。

訪れると分かると思いますが、商品表示はオランダ語です。

野菜などは見れば分かるんですが、箱に入っていて中身の写真などがパッケージに無いと、なんだこれってなります。
(たまに通りすがりの他のお客さんに聞くんですが、皆さん親切に教えてくれます。)

食品アレルギーなどをお持ちの場合は買い物も大変かもしれません。

 

【オランダ語・入門1】困った時のグーグル先生!Google翻訳を使いこなそう
新しい言語を学ぶには時間がかかります。誰でも無料で使えて、筆者がほぼ毎日利用している便利な翻訳方法をご紹介します。ここではオランダ語の翻訳方法で紹介しますが、英語やその他の外国語でも応用することができるので試してみてください。

 

 

 

⑹病院

オランダはホームドクター制度なため、健康保険加入後にホームドクターを登録する必要があります。

ですがビザが取れるまで健康保険に加入できないので、急病の時は救急扱いになります。

保険外料金となりますが、健康第一です。

日本語での医療相談ができる病院もあります。

病院を利用されるときはパスポートとクレジットカードと現金をお持ちください。

病院によってはカードが使えないようです。

また海外保険に加入しておくことも大切です。

 

 

私自身オランダ生活がまだまだ浅いため、今日はざっくりとしたご紹介になってしまいました。

実際に来てみて何に困るか、何が便利かは人それぞれになってしまいますし、最終的には自分自身で調べるしか無いのですが、多少であれオランダでのスタートの様子を想像していただけたらと思います。

 

 

 

ねずくん
ねずくん

オランダ生活に役立つマメノートも不定期で更新中です👇

 

外国人に日本の文化を尋ねられた時に上手に紹介する方法
外国人の方に日本について質問された時に役立つ本をご紹介します。日本に無知で、英語もネイティブまでは到達できない、そんな筆者を救ってくれたスーパー役立ちアイテム本です。