オランダにはTulpenmanie(チューリップマニア)と言う言葉があります。

17世紀オランダ、オスマン帝国からもたらされたチューリップ球根の価格が異常に高騰し、突然暴落した時代、チューリップのバブル〜バブル崩壊の時代がありました。
このチューリップ・バブルを、チューリップマニアと呼ばれています。
また現在では大規模な経済的バブルの比喩として使われる言葉となっています。



Tulpenmanie(チューリップマニア)
1554年、オスマン帝国からウィーン(オーストリア)に、チューリップの球根と種が送られたことから、ヨーロッパにチューリップが知れ渡りました。
鮮やかな色味と大きな花弁のチューリップは、当時ヨーロッパで知られていたどの花とも異なっており、多くの人々が興味を抱きました。

ウィーンからヨーロッパ各地にチューリップの球根が広まり、オランダでチューリップ栽培が本格的に開始されたのは1593年のことです。
その後チューリップがオランダの厳しい環境にも耐えうることを植物学者が発見したことから、チューリップの生産がオランダ各地で始まりました。

またこの頃のオランダは、黄金時代の幕開けの時期。
ちょうど貿易によって富を増やしていた時に、チューリップ栽培が盛んになったため、オランダ産のチューリップは各国へと輸出されました。
*この頃の貿易で、アムステルダムの商人たちは、1回の航海で400%の利益を上げていたそうです。

人気急上昇のチューリップは、誰もが欲しがる贅沢品となり、品種も豊富に改良されました。
赤・黄・白色などの単色だけではなく、縞模様があるものもが開発されたのです。
この縞模様チューリップは、鮮やかで目を見張るものがあり、瞬く間に大人気商品になりました。
(現在では、この縞模様は、チューリップのみに感染する病気(モザイク病)として知られています。)

縞模様チューリップの人気が高まったため、この球根の価格はどんどん上昇しました。
球根を実際に見たこともない世界各国の投資家による先物取引により価値が跳ね上がったのです。
よってオランダで本格的にチューリップ栽培が始まってからわずか40年あまりで、チューリップ球根は、ジン、ニシン、チーズに次いで4番目に取引高の大きな輸出品として成長したのでした。

1636年の秋、バブルはピークを迎えました。
11月から急激に高騰した球根価値は、その後3ヶ月で20倍近くへと上がったのです。
たった40個の球根が100,000ギルダー(600万円)以上で取引されていたようです。
(参考:当時の価格、バター1トン=100ギルダー(6000円)、熟練工の年収=150ギルダー(9000円))

しかしこの急激な高騰はたった3ヶ月しか続かず、年明けの2月には大暴落となってゆくのでした。

<チューリップマニアを皮肉った絵画 『Wagon of Fools(愚か者の車)』(1637年) 風に吹かれ、チューリップを派手に描いた旗がたなびく中、花の女神フローラは腕にチューリップの花を抱え、酔払い、商人、二つの顔を持つ女神フォルトゥーナとともに、車に乗って海への墜落へと向かっている。>

たった3ヶ月で20倍近くの価値がついたチューリップ球根。
しかしよく考えてみてください。
美しい花とはいえども、年収の600倍以上の値段。しかも球根だから咲くかどうかも曖昧。咲いてもチューリップの花は短命です。

って誰が買うんだよっ。
そうです。取り憑かれたように球根を買っていた投資家たちが、そこに気がついたのです。
気がつくのが遅いくらいですですが、単純に仕入れ価格が20倍にもなってしまったら、末端価格はそれ以上。

そもそも短期間で価格が高騰した理由は、球根を転売目的に買う人々が多く現れたためでした。
買い手が見つけられないと知れ渡った途端、チューリップに対する需要は崩壊し、価格は大暴落してしまったのです。

1637年2月にバブル崩壊、さらにチューリップ貿易が停止してしまい、5月には価格は昨年の11月以前の値段に戻ってしまったのです。
このバブル崩壊により、チューリップマニア期に交わされた支払済みの高額契約に対し、球根が取引先の手に渡ることはなかったそうです。

あまりにも急激に相場が下がったことにより、チューリップ投資家たちは大パニックに陥りました。
被害額も大きいため大事件となってしまったため、オランダ政府が介入し、異例の”10%手数料で契約解除できることとする”と宣言したものの収まらず、裁判所は一種のギャンブルと言う見解を示し、”個人の契約に限り代金支払責任は無い”と判決を下したそうです。

****チューリップバブル崩壊について、伝染病が原因と言う説もあります。
球根の取引が行われる街で”ペスト”が大流行してしまい、球根の買い手が取引に現れなくなってしまったからだとも言われています。***

正確な情報が残っていないことから、このチューリップマニアは一部の裕福な商人たちの間で起こったことという見解もあり、定かではありません。

しかしオランダが、チューリップの貿易や品種改良に力を注いだことは明確で、今ではオランダ産のチューリップは世界トップのシェアを誇っています。
オランダのチューリップにどんな過去があったとしても、やっぱり美しいチューリップに魅せられてしまいます。



オランダのチューリップについてもっと詳しく知りたい方は、チューリップミュージアムにいってみましょう。

アムステルダム チューリップミュージアム
Amsterdam Tulip Museum概要(2018年2月現在)

10〜16時(4月27日、12月25日は休館)
€5
ミュージアムカード不可
Prinsengracht 112, 1015 EA Amsterdam, オランダ
Amsterdam Tulip Museum
ブラックチューリップミュージアム
De Zwarte Tulp概要(2018年2月現在)

火〜日10〜17時(月曜休館、祝日休館)
€7.50
ミュージアムカード可
Heereweg 219,2161 BG LISSE, オランダ
De Zwarte Tulp

*合わせて読みたいオランダ観光情報*