☆ 広告掲載募集 ☆ 詳しくはコチラから ☆

【ダッチデザイン】設計集団 MVRDVの建築を見に行こう

オランダのデザイン

 

ロッテルダムを拠点として活躍する建築家集団MVRDV。オランダが誇る設計事務所MVRDVは今では世界中で大活躍しており、東京の表参道にあるGYREはMVRDVが設計しています。

2000年初期には既に3Dで設計パース(完成予想図)を描いていたMVRDV。当時は最新技術とそのカッコ良いセンスに憧れと尊敬の眼差しが一挙に集まりました。今でも時代ごとの斬新さを常に表現しているMVRDVです。

 

 

 

1993年に設立されたMVRDV(エム・ブイ・アール・ディー・ブイ)

名前の由来は設立メンバー3人の頭文字からとった単純なネーミングとのことですが、その響きが素敵です。

ヴィニー・マース (Winy Maas, 1959年 – )
ヤコブ・ファン・ライス (Jacob van Rijs, 1964年 – )
ナタリー・デ・フリイス (Nathalie de Vries, 1965年 – )

 

 

 

MVRDVの代表建築

オランダ国内にあるMVRDVの建築をご紹介します。

 

Wozoco housing

今では世界中でプロジェクトがあり、日本を含めあらゆる国で彼らの建築を観る事ができますが、MVRDVが一躍有名となったのはWozoco housing in Amsterdam (1994–1997)、通称オクラホマだと思います。

アムステルダムに建てられた高齢者向けの集合住宅オクラホマ。

建設に伴い要望された住戸は100戸でした。

敷地内にベーシックに建設すると87戸がマックスとなってしまい、残りの13戸を建物から飛び出した形で設計されています。

とってつけたアイディアではなく、構造的にも設備的にも住環境的にも利にかなっており、なおかつアムステルダムで建築費が最も低い「ソーシャルアパートメントプロジェクトが実現したと言われました。

建物内の一般見学はできませんが、その外観を一目見ようと今でも多くの人が訪れています。

 

オクラホマについて詳しく書いた記事はこちら
【ダッチデザイン】MVRDV設計の集合住宅WoZoCo housing 通称オクラホマ
MVRDVが一躍有名となったのは1997年に建てられたオクラホマはアムステルダムに建てられた高齢者向けの100戸の集合住宅。プランに納まらなかった13戸を飛び出した形でくっつけちゃえば良いんじゃない的な冗談半分で出た案が採用されたプロジェクトです。

 

Wozoco housing in Amsterdam
用途:高齢者向け集合住宅
竣工:1997年
面積:7,500 m2(100戸)
費用:€ 4.5 million
所在地:Reimerswaalstraat 1, 1069 AE Amsterdam

 

 

 

Silodam

同じくアムステルダムにある集合住宅the Silodam Housing complex in Amsterdam、通称シロダム

アムステルダム中央駅からも近く、かつアイ湾に面した静かな立地は今でも人気物件です。

古い穀物庫をリノベーションした建物は、オフィス、商業施設、住居を兼ねている複合施設です。

パッチワークのような、異なった素材や形が積み重なったような外観のように、内部も家ごとに違ったユニットから構成されています。

湾に面している、というか湾の上にあるということから、自家用ボートでもアクセスできるオランダらしい作りです。

時々、不動産会社のHPに空き部屋が掲載されています。100㎡の1LDKで月€2000〜2500くらいの相場です。

 

シロダムについて詳しく書いた記事はこちら
【ダッチデザイン】MVRDV設計の河岸の集合住宅 Silodam
移民が多く多人種でインターナショナルなアムステルダムを象徴するかのような住み方を提案するシロダムは住宅スペースの他にも多目的な用途を持っています。新たな土地を水上に生みだし多文化交流な生活スペースを発信する新しい住み方の提案です。

 

SILODAM
用途:複合施設、集合住宅
竣工:2003年
面積:19,500 m2(165戸)
費用:€ 16.8 million
所在地:Silodam 351, 1013 AW Amsterdam

 

 

 

Parkrand

Parkrand(パークランド)は、周辺の公園や自然にとけこむ建築がコンセプトになっています。

建物の幅135m x 奥行き34m、建物高さ34mと巨大な建築物ながら、アーチ型にくり抜かれた造形になっていることでその大きさを感じさせず、また隣接する小さな公園とも一体性を伴うデザインになっています。

建物がくり抜かれているデザインは、建物の裏側にある緑や空が垣間見え、巨大な建造物にも関わらず周辺環境に圧迫感を与えません。

 

Parkrandについてもっと詳しくはこちら
【ダッチデザイン】MVRDV設計の公園型集合住宅Parkrand
Parkrandは5つのタワーで構成されており、タワーとタワーの間は開放的な屋外スペースになっています。巨大建築物だけれども視線が抜けることで、都市部での建造物と自然のありかたを提案したプロジェクトです。
Parkrand
用途:集合住宅
竣工:2006年
面積:35,000 m2(174戸)
費用:€ 28.5 million
所在地:Doctor H. Colijnstraat 518, 1067 CP Amsterdam

 

 

 

Valley

見た目がカオスなこのプロジェクトは、総床面積75000㎡もあり、オフィス・住宅・商業施設の混合プログラムを含む多機能ビルとなります。

 

Valley Amsterdamの詳細はこちら
【ダッチデザイン】MVRDV設計の渓谷型集合住宅 Valley Amsterdam
MVRDVが手がける集合住宅VALLEY AMSTERDAMが2021年に竣工。 見た目がカオスなこのプロジェクトは総床面積75000㎡もあり、オフィス・住宅・商業施設の混合プログラムを含む多機能ビルとなっています。
VALLEY AMSTERDAM
用途:集合住宅、商業施設、オフィス
竣工:2021年予定
所在地:Beethovenstraat Amsterdam

 

 

 

Depot

DEPO(収蔵庫)とは、貴重で繊細な文化財を長期間、最良の状態で保存しておく倉庫のことで、隣接するボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館(BoijmansVan Beuningen)の作品を保管するために建設されたのがDepot(デポ・ボイマンス)です。

収蔵庫は美術館の舞台裏です。

貴重な美術品は温度・湿度・照度の管理が必須となっているため基本的には学芸員や美術館職員しか入ることが許されないエリアです。

そんな秘密の舞台裏に潜入できるのがデポ・ボイマンスの魅力になっています。

デポ・ボイマンスではボイマンス美術館が所有する15万点以上の作品を誰もが鑑賞できるようになりました。

 

デポ・ボイマンスの詳細記事はこちら
【ダッチデザイン】MVRDV設計の世界初・公開型収蔵庫 Depot
オランダを代表する設計集団MVRDVの最新建築Depot Boijmans(デポ・ボイマンス)がオープン!美術館ではなく美術館の収蔵庫を見学できる世界初の施設。大釜な見た目の外観とは異なり内部は騙し絵のような空間が広がっています。
Depot Boijmans Van Beuningen 建築概要
設計:MVRDV
用途:複合施設、文化施設
竣工:2020年
面積:15,000 m2
費用:€ 94 million
所在地:Museumpark 18, 3015 CX Rotterdam

 

 

 

MARKET HALL

ロッテルダムにある人気観光スポットのマルクトハル

1階部分がマーケットとなっている巨大な建物は、世界中から観光客が訪れるランドマークとなっています。

アーチ状の外観も目を惹くことながら、アーチ内部の一面に広がる絵画の美しさには圧倒されます。

オランダの広場でよく見られる屋外マーケット。

そのマーケットの衛生面や保護を目的とした試みで計画されたマルクトハルは、アーチ状の建物部分が集合住宅となっており、その真下(アーチの中)が全てマーケットとなっています。

小売店やレストランも含めると100店舗以上のお店が連なり、雨風しのげる密度の高いマーケットには常に活気があり、店舗ごとの商品やディスプレイもクオリティーが高いです。

集合住宅部分は、アーチ内部にリビングやダイニングが面しており、マーケットとのつながりがあります。

外面には大きな窓やテラスがふんだんに設置され、多くの日の光が取り込めるようになっています。

不動産会社の空き部屋情報では、110㎡の3LDKで月€1300〜2500くらいの相場です。階や方位によって金額が大きく異なるようです。

 

ロッテルダム建築特集はこちら
【オランダ】ロッテルダムでダッチデザイン建築巡り
近代都市ロッテルダムはダッチデザインの近代建物が多くある国際的な建築都市です。戦後の復興により多くの建物が1950年以降に建設された新都市ロッテルダムの観光といえば建築巡りがメインになります。ロッテルダムで見逃せない全11物件のご紹介です。
MARKET HALL
用途:マーケットホール、集合住宅
竣工:2014年
面積:100,000 m2(228戸、100店舗、駐車スペース1,200台)
費用:€ 175 million
所在地:Dominee Jan Scharpstraat 298, 3011 GZ Rotterdam

 

 

 

Book Mountain

ロッテルダム南西にあるスパイケニッセ(Spijkenisse)という小さな町にあるピラミッド型の大きな図書館。

MVRDVによって設計され、2012年に竣工したBook Mountain「本のお山」と呼ばれているライブラリーになります。

 

図書館のメインとなるのが書籍。スパイケニッセ図書館は1万5千冊もの書籍スペースがあります。その本棚がピラミッドのように構成されているのがブックマウンテンの最大の特徴です。

 

ブックマウンテンの詳細はこちら
【ダッチデザイン】MVRDV設計のピラミッド図書館 Book Mountain
ロッテルダム南西のスパイケニッセという小さな町にある大きな図書館。MVRDVによって設計され2012年に竣工したBook Mountain「本のお山」と呼ばれているライブラリー。知識の源の書籍がピラミッド型に積み重なっています。

 

Book Mountain
設計:MVRDV
用途:図書館、複合施設
竣工:2012年
面積:9,300 m2
費用:€ 10 million
所在地:Markt 40, 3201 CZ Spijkenisse

 

 

 

Stedelijk Museum

Coming soon,

 

 

 

MVRDV KM3

MVRDVのかなり初期の本がこちら。2006年発行なので約20年前の本ですが、MVファンには有名なKM3。 まだそこまで3Dデザインが発達していなかった頃の最新のデザイン形態がこの本にありました。 グラフィック中心なので見るだけでも楽しめる一冊です。

アマゾン.jpで購入 >>

楽天で購入 >>

Amazon.NLで購入 >>

 

 

フロリアードのメインデザインはMVRDV
【オランダ】フロリアードで見のがせない建築・アート・デザイン
たくさんの見どころがあるフロリアードで注目すべき「パビリオン」「アート作品」「庭園」を一挙公開!見逃せない建築、アート作品、映えスポットの23箇所をマルっとまとめました。

 

HNIでは MVRDV展が開催中(2022年9月まで)
【ロッテルダム】HNI・建築研究センターのMVRDV建築展(2022年9月4日まで)
HNI(新研究センター)はデザインや建築の博物館であり、著名デザイナーのアーカイブを管理・保管する研究所にもなっている、ミュージアムカードも使える建築・デザインミュージアムです。ロッテルダムの建築巡りをする時にも立ち寄りたいスポットです。

 

スペインにもMVRDV建築があるよ
【スペイン】バルセロナで見たい世界の巨匠の建築8選
バルセロナといえばガウディの歴史的建造物が観光のメインとなっていますが、実はバルセロナには素晴らしい近代建築が多くあるのをご存知でしょうか。 巨匠と呼ばれる世界の建築家たちがデザインした、観光雑誌にはあまり載っていない、名作建築のご紹介で...