Haarlemmerstraat(ハールレンメル通り)
中央駅西側にのびるハールレンメル通りは、アムステルダムでショッピング観光をしていると、気がつかないうちに通っていることもしばしばあるような観光通りです。




ハールレンメル通りには飲食店が多く、小洒落たレストランや雰囲気の良さげなバーもポツポツとあり、お値段もソコソコしますがオシャレ度も高めです。

ヨーロッパでしか販売していない雑貨を取り扱うお店も多くあり、お土産やプレゼント選び、ちょっと変わった雑貨を見て周るウィンドーショッピングにも最適です。

全体的にオシャレ度高めなお店がポツポツあるので、個人的にも見て回るのが好きな通りです。

CentraalのDille&Kamilleと&klevering



ハールレンメル通りの周辺の運河と建物の風景は非常に美しいエリアなのに、知らない方も多い撮影スポットです。
Brouwersgracht
ハールレンメル通りに並行した1つ隣の通りにはBrouwersgracht(ブローウェルス運河)があります。
この運河は、運河地区を象徴する3つの運河(ヘーレン運河、カイザー運河、プリンセン運河)の終端であり、また2つのシンゲル運河をつなぐ運河ともなっています。
運河の交差路だからなのか、歩いて散歩するには道が複雑というか橋が少なく、運河の向こう側に行きたいのに行けないって事が多少あります。

Haarlemmerpoort

中央駅からハールレンメル通りを散策し、そのまま真っ直ぐ進みむとHaarlemmerplein(ハールレンメル広場)へと続きます。
広場から見える大きな門、Haarlemmerpoort(ハールレンメルゲート)は、19世紀に建てられたハールレムへの貿易ルートの入り口となるゲートでした。
柱の上部の彫刻と、木造天井の装飾は、建設当時のデザインの流行りでもあった新古典主義(ネオクラシズム)を象徴するようなデザインですが、モダンな四角形の建物との対比がアムステルダムでは珍しく感じます。
ハールレンメルゲートを抜けた先にはWesterpark(ウェスター公園)が広がり、買い物後の一休みに公園で過ごすこともできます。

ハールレム

オランダの公園

Winkel 43
歩き疲れた時にはプリンセン運河沿いにあるカフェ、Winkel 43で一休み。
このカフェのアップルパイはガイドブックにも頻繁に掲載されるほど有名です。
注文時にはアップルパイ・クリーム山盛りがオススメです。

Winkel 43 概要(2018年8月現在)
月7〜1時、火〜木8〜1時、金8〜3時、土7〜3時、日10〜1時
Noordermarkt 43, 1015 NA Amsterdam, オランダ
Winkel 43

*合わせて読みたいオランダ情報*