De Pijp(デ・ペイプ)地区には観光客に人気のあるハイネケン・ミュージアムがあります。


ハイネケンミュージアムでは、オランダを代表するハイネケンビールを造る工程を見学でき、最後に試飲もできる体験型ミュージアムとして連日多くの観光客が訪れるスポットです。



がしかし、せっかくアムステルダムを訪れるなら、アムステルダムで現在も作っているビールを楽しむのも乙です。

ハイネケンミュージアムから徒歩15分のところにある醸造所、Brouwerij Troost(ブリュワリー・トゥロースト)は、De Pijp(デ・ペイプ)地区でもっとも活気のあるブリュワリーです。

Brouwerij Troost(ブリュワリー・トゥロースト)は2013年にできた割と新しい醸造所ですが、現在はアムステルダム市内に3店舗のお店を構え、年中問わず地元民で賑わっています。


2013年にオープンした最初のお店はDe Pijp(デ・ペイプ)店。
もともと修道院だったところを改装して、醸造所を建設しました。
年間10万リットルをも醸造し、今ではアムステルダム最大の独立系醸造所となっています。



常に新しいビールを開発するとともに、スピリッツにも力を注いでおり、オリジナルのGINも取り扱っています。


レストラン&バーなので、お酒以外にもおつまみやバーガー、デザートもあり、食事とお酒を一緒に楽しむことができます。
※De Pijp、Westergas、Oud West の3店舗とも支払いはPIN(カード)のみとなっております。




Westergasの店舗では毎週土曜にガイドツアーも開催されており、45分の醸造所ツアーに€8で参加できます。
醸造のプロセスを見学し、さまざまな発酵段階のビールを味わうことができ、さらにお土産に瓶ビールがもらえます。
※21歳未満の方は大人の同伴が必要です。

 

Brouwerij Troostのビール

Troostのビールは十何種類もの品揃えがあります。その中のいくつかをご紹介。


Pilsner (Alc 4.8%)

アルコール低め?のサッパリしたラガービールは駆け付け一杯に最適なビールとして人気があります。


Lefgoser

ドイツビールを参考に製造されたビールで、レモンの香りと少しの酸味、塩気が特徴的です。


Lentebier

飲みやすさとフレッシュホップの香りが特徴的で、ワインのような香りを楽しめるビールです。


Extra Wit (Alc 5%)

小麦麦芽とオート麦フレークで作られたベルギーの小麦ビール。ちょっとビターホップな白濁色のホワイトビールです。


New England I.P.A. (Alc 5.5%)

I.P.A.独特の苦味は少なく、トロピカルフルーツの風味を持った甘めのビールです。



De Pijp店 概要(2019年5月現在)
16〜0時(金16〜3時、土14〜3時、日14〜0時)
De Pijp Cornelis Troostplein 21, 1072 JJ Amsterdam, オランダ
Brouwerij Troost
Westergas店 概要(2019年5月現在)
16〜1時(金16〜3時、土12〜3時、日12〜0時)
Pazzanistraat 27, 1014 DB Amsterdam, オランダ
Oud West店 概要(2019年5月現在)
16〜1時(金16〜3時、土14〜3時、日14〜0時)
Bilderdijkstraat 205, 1053 KT Amsterdam, オランダ
天気の良い日や気候のいい時期はとても混み合うので、大人数の場合は予約が必須です。
Westergas店は屋外席が広くて、公園の中なので、自然の中で屋外ビールを楽しむことができます。

*合わせて読みたいオランダ観光情報*