☆ 広告掲載者募集中 ☆ 詳しくはコチラから ☆

【デン・ハーグ】オランダの永田町・ビネンホフの歴史

オランダの歴史

オランダの第3の都市、ハーグ(Den Haag)。

首都ではないものの、国会議事堂や大使館などが集まり、オランダの行政の中心地となっています。

日本大使館もハーグにあるため、オランダに長期滞在の方はビザの手続きや免許証の切り替えなどで訪れることがあるかと思います。

そんなハーグの観光の中心はBinnenhof(ビネンホフ)と呼ばれるエリアです。

ビネンホフには広場を中心に国会議事堂や官庁が集まっていて、ホフフェイバー(Hofvijver)と呼ばれる池が隣接しています。

ビネンホフの国会議事堂は、現在も使用されているヨーロッパで最も古い国会議事堂になります。

また13世紀後半に建てられた騎士の館・リデルザールでは毎年9月の国会開会宣言が行われる重要な儀式の場となっています。

 

 

Binnenhofの歴史

Binnenhofの起源についてはほとんど解明されていません。

一番古い記録が、13世紀(1229年)にホラント伯爵(Floris IV van Holland)がビネンホフの土地(湖と小さな宮殿)を購入したとされています。

13世紀後半には、城壁や門、教会、礼拝堂、2つの塔を持つRidderzaal(リデルザール)と呼ばれる大ホールが建設され、城化されました。

15世紀にオランダがブルゴーニュ公国の支配下となった時に、ビネンホフは城としての役割はなくなり、部分的に貴族の住居となったり、リデルザールは貿易商や商人が自由に使える公共空間として使われました。

16世紀後半にマウリッツ(ネーデルラント連邦共和国の初代君主の次男)がビネンホフを所有し、伯爵やら貴族の住居として使われ、増改築が繰り返されました。

17世紀に行政用の広い会議室(Vergaderzaal)が建設され、ビネンホフが政治の中心へとなりました。(この会議室(Vergaderzaal)は、今でも議事堂として使用されています。)

 

19世紀初期にナポレオンの統治下となった時、行政の中心はアムステルダムに移され、ビネンホフは取壊しの対象となりましたが、取り壊される前にオランダがフランスから独立しネーデルラント国王となりウィレム1世が国王に即位しました。
その時に行政はビネンホフへと再び移り、17世紀に建てられた伯爵の家・Torentjeは首相官邸として使われるようになりました。

19世紀中頃に、古い行政の建物の建替え工事の議案が提出され、その中にビネンホフ一帯の建物も含まれましたが、
歴史的価値を気にかけた地元住民の大反対の抗議が殺到し、建替え工事は中止となっており、19世紀以降から現在までビネンホフの姿はほとんど変わっていません。

 

 

ビネンホフは一般開放されているため、誰でも観光することができます。
(建物内には入れません)
リデルザールは一部展示室が自由に見学できますが、館内ツアーを申込むと色々見てまわれるようです。