☆ 広告掲載募集 ☆ 詳しくはコチラから ☆

オランダで口座開設

オランダに移住

 

オランダで口座を開くには、まずどんな銀行があるのかを知りましょう。

有名なのは

ING BANK

ABN AMRO

 

この2つがメジャーな銀行なイメージです。(個人談)

筆者はINGを選びましたが、決めてはダッチカラーと獅子のロゴが素敵だったからです。

2つの銀行の違いと、口座開設方法の実体験をまとめたので参考にしてみてください。

 

 

 

 

オランダの銀行の違い

※2017年に調べた内容です。現在と違う点もありますので、詳細は各銀行のホームページ等でご確認ください。

ING BANK

https://www.ing.nl/particulier/english/index.html

INGはオランダ人の利用率が高く、予約無しで直接店舗に行って手続きが即日可能です。

口座維持費は年間€17で、銀行の中では安い方です。

口座は自動的に普通預金口座と貯蓄口座が作られます。

給料の振込先や、今月使う分を普通口座に入れておき、溜める分は貯蓄の方に入れることで、節約にもなるし、引き落としは普通口座からしかできないので、防犯にもなります。

旅行などでお金が必要になった時は、いつでも貯蓄口座から普通口座へオンラインバンクまたはアプリで簡単に使う分補充できます。

オンラインバンクも今年から英語のページができました。

そして何より便利なのがアプリです。携帯にアプリを入れてしまえば、いつでもどこでも簡単に残高チェックや送金、支払い出来てしまいます。指紋認証型の携帯であれば、ログイン時のパスワードも必要ないという現代的なアプリです。

 

 

ABN AMRO

ABN AMRO Bank
Regel bij ABN AMRO uw bankzaken zoals u dat wilt. Persoonlijk, met de app of online.

ABNは外国人が多く開設する銀行らしいです。

口座維持費は年間€22ですが、INGとは€5しか変わらないですね。

ABNは完全予約制なので、新規開設などの窓口を通す作業は事前予約が必須です。

その際、支店ごとへの直通電話はないため、ホームページなどに載っているABN(本社?)コールセンターに電話して、どこの支店で予約を取るかなどと土地勘が無いと一苦労です。近所に支店があれば直接行って予約を取ったほうが100倍スムーズです。

銀行には常に1人は案内の人がいるので、その方が予約受付やその時に必要な書類の案内、また口座開設後に困った事(オンラインの使い方など)など、簡単な事なら対応してくれます。

ABNのオンラインバンクは英語に特化しているので、とても分かりやすいです。アプリは使った事はないけれど、ほぼほぼINGと同じだろうと予測しています。

 

 

 

 

銀行口座開設

筆者はINGで口座を開く事にしました。

特にどちらでも良かったんですが、予約無しで対応してくれる方が何かあった時に便利かなぁと。あとダッチカラーだったので選びました。

 

普通口座を開設してみよう

・パスポート
・BSNナンバー

この2つが口座開設に絶対必要な書類です。

その他、登録に必要なもので、住所と電話番号、メールアドレスを聞かれました。住所は念のため賃貸契約書を持って行きましたが、BSNの書類に載ってた住所を見て入力してたので必須ではなかったですね。

これらの書類があれば、登録は係りの人がデータを入力してくれるので、係りの人とおしゃべりをしていれば10分くらいで終わります。

 

筆者の場合はオランダでの銀行開設は初めてだったので、

  • 口座の内容(普通預金と貯蓄預金について)、
  • カードの使い方とか、
  • INGは保険会社でもあるので保険のご案内まで色々教えてもらい、

所要時間は30〜40分くらいでした。

 

その日に受け取ったテンポラリーカードとPINコードで、ATM利用、買い物、オンラインバンクが即日で使えました。

口座番号もあるので給料の受取り、日本の銀行からの送金も即日可能です。

自分の名前入りの正式のカードは1週間ほどで自宅に郵送されました。(ポストに入ってるっていうセキュリティーの無さでした。)

 

INGのカードはダッチカラーのオレンジ色で、ライオンさんが描いてあって可愛いです。

INGでもらったお水

 

 

 

ビジネス口座を開設してみよう

その後に日本からの送金等を済ませて手持ちのお金を補充し、今度はビジネス口座の開設に行ってきました。予約無しの飛び込みで行けるのはINGにしてよかったです。

今回必要な書類は

・自分の口座のカード
・KVKで発行してもらった書類
・パスポート

この3つで事足りました。銀行のシステムがKVKのシステムと連動してるっぽいです。

いくつか簡単な質問はされましたが(税金を納めてるか?など)、今回もおしゃべりしてる10分ほどで終わりました。

ビジネス口座など開いた事がなかったので、勧められるがままスタータープランにしてもらいました。

1年間は口座維持費が無料ですが、来年からは月々€9.5ほどかかるっぽいです。

こちらも即日にテンポラリーカードが発行されたので、オンラインバンクも使えてアプリでは個人の口座の方と連動できる!ってことでしたが帰宅後試した所まだ連動できず…。

オンラインバンクのログイン名がまだテンポラリーの名前になってるからだと思ったのですが、いつまでたっても使えなかったので後日窓口に訪ねてみたら登録にミスがあったためでした…。

おしゃべりしすぎて窓口のお姉さんが入力を間違えてしまったそうです。

すぐに修正してもらった後は問題なく今でも利用できています。

 

ビジネス口座開設5周年祝いにINGよりケーキをいただきました!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Plus Dutch(@plusdutch)がシェアした投稿

 

 

 

移住情報の記事はこちら
【オランダ移住】日本の銀行の選びかた
海外から日本の銀行を管理するのは大変です。特に大手銀行は窓口か電話対応しかありません。色んな銀行を使ってみた結果、ネット銀行が海外在住者として使いやすいです。ネット銀行を選んだ理由、ポイント、メリットをまとめました。参考にしてみてください。
ヨーロッパから日本のニュースを見るためのVPN選び・動画配信サービスも利用可能に
ヨーロッパ(欧州経済領域(EEA)およびイギリス)からヤフージャパンへのアクセスに制限がかかってしまったのでVPN設定を取り入れる事にしました。動画配信サービスの利用なども見越して人気VPNサービスの違いを比較してみました。
【オランダ5年】移住・海外生活に必要な3つのこと
海外で生活することは容易なことではありません。お金、言語、仕事の話の3つに焦点をあてて経験と考えをまとめてみました。これからオランダや海外で生活を始める方、移住を考えてる方の判断材料として、海外生活をイメージしながらの準備に役立てばと思います。
【保存版】オランダの飲食店経営に必要なライセンスSVH資格試験の勉強方法(有料記事)
実際にSVH試験に合格した筆者が効率良くSVH試験勉強をした方法をまとめました。要点をまとめて効率よく勉強すれば短期間での試験勉強でも合格を狙うことが可能です。これから試験に挑戦する方は参考にしてみてください。
一時帰国のスマホ準備!プリペイドSIMとポケットWiFiどっちが便利?
プリペイドSIMにするかポケットWiFiとするか一時帰国する度に悩んでましたが、最近はデータ無制限が主流となったのであとは日数と予算と端末数で比較で十分です。一時帰国準備の参考にしてみてください。
【保存版】オランダ移住・アムステルダム住宅事情と家探し(有料記事)
今日はアムステルダムの賃貸住宅事情をご紹介します。オランダに住むにあたり、必要不可欠なのが住民登録です。住民登録が可能な家を賃貸しなければなりません。値段だけで決めてしまうと住民登録ができなくてビザが取れないなどの問題が発生してしまいますのでお気をつけください。
海外生活実現への第一歩!スマート留学してサクッと英語学習したまとめ
フィリピン留学は費用が安く質の高いカリキュラムが受けれるので人気ある英語学習方法です。実際に短期留学し本気で勉強したからこそ今のオランダ生活で英語で困ったことはほとんどありません。フィリピン留学の魅力を実体験からご紹介します。
日本からも海外からでも受講できるオンライン英会話教室で渡航後にも継続して学習しよう
パソコンとインターネットだけあれば日本からでもオランダからでも海外からでもレッスンが受けられるオンライン英会話教室をご紹介します。日本から始めたレッスンをそのまま渡航先でも続けることができるオンライン英会話教室です。
【オランダ移住】オランダに到着してからすること
オランダに到着してからの数日間に必要な情報を簡単にまとめました。空港からの移動方法、携帯電話とSIM、観光と電車の乗り方、自転車のルール、直ぐに必要なオランダ語、救急病院など、移住後に最初に必要な情報です。