☆ 広告掲載者募集中 ☆ 詳しくはコチラから ☆

【オランダ】クリスマスマーケットに行ってみよう

オランダのクリスマス

12月になると、ヨーロッパ各地でクリスマスマーケットが始まります。

クリスマスマーケットの発祥の地はオランダのお隣国のドイツ。14世紀頃から始まったと云われています。

 

ドイツの都市ドレスデンのストリーツェル市場(Striezelmarkt)で毎年開催されるクリスマスマーケットは、今から約600年前の1434年に初めて開催され、2014年に580周年を迎えています。ドイツで最古の歴史あるクリスマスマーケットとして有名です。

 

【ドイツ】ケルンのクリスマスマーケット
ケルンのクリスマスマーケットは10箇所以上で開催され、その中でも世界遺産ケルン大聖堂前で開かれるクリスマスマーケットは市内最大規模のマーケットで、約1ヶ月の開催期間中に毎年400万人以上の来場者が訪れます。12月のケルンはジンジャーブレッドと焼き栗とホットワインの香りが街を覆いつくしクリスマスの訪れを知らせてくれます。

 

 

ヨーロッパ各地では11月末〜12月上旬にクリスマスマーケットが始まります。

オランダでは12月5日の聖ニコラスのイブが終わってからクリスマスの準備が始まるため、12月中旬から20日以降のクリスマス直前から短期で開催されることが多いです。

そしてオランダのクリスマスマーケットは規模もあまり大きくないのが特徴です。

 

【オランダ】白馬のおジジがやってくるシンタクラースの日
一説ではシンタクラースはトルコからオランダへとやってきた子ども達に優しい司祭でオランダ滞在中はアムステルダムに在住しておりその後スペインへと渡ったと云われています。一方サンタクロースはシンタクラースの話が起源になったとされています。

 

 

 

クリスマスマーケットの多くは街中の大きな広場を中心に開催され、大きなクリスマスツリーがあったり、多くの屋台が出店されます。日本の神社の縁日に近い感じだと思います。

 

 

出店にはクリスマス用のモミの木や、デコレーションアイテム、リースやクリスマスカード、カラフルなチョコレートやキャンディーなどなど、キラキラしたものが沢山並んいます。ホットチョコレートやホットワイン、ホットドックやワッフルなど食べ歩き系も充実してます。

 

 

 

クリスマスソングのミニコンサートやストリートパフォーマンスなどもありクリスマス気分をあげるにはもってこいです。大規模なクリスマスマーケットには観覧車やメリーゴーランドなどの仮設遊園地も併設され、マルっと1日遊べちゃうレベルです。

 

 

お出かけの際には現金をお忘れなく!屋台なのでPINやカードは使えないお店もあります。小銭をポケットに入れておくと便利です。

小物やブーケ、お菓子などクリスマス用品をマーケットで買い揃え、お家の飾り付けをし、クリスマス当日は家族と自宅でお祝いするのがオランダ流のクリスマスです。

 

寒い日が続くオランダですが、寒い日にあえて外へ。
ひと歩きしてから飲むホットチョコレートは絶品だと思います。

 

2018年12月 クリスマスはオランダ南部へ行こう
【オランダブログ・バックナンバー】12月のテーマはXmasマーケット。マーストリヒト、ブリュッセル、ケルンの3都市はXmasマーケットが有名&人気の街です。3〜4日で3都市を巡ることができます。ヨーロッパのクリスマスを存分に味わえるマーストリヒトとその周辺のクリスマスマーケットをご紹介します。