ミュージアムプレインの北側にあるRijksmuseum Amsterdam(ライクス・ミュージアム、アムステルダム国立美術館)は、中世・ルネッサンス期から20世紀までを網羅した、オランダ芸術と歴史の旅をコンセプトに展示をしています。
8000点にも及ぶコレクションにはレンブラント、フラン・ハルス、ヨハネス・フェルメールの傑作も見ることができます。

建物は建築家カイペルスによって設計され、1885年に開館しました。
美術館は2つの正方形で構成されており、各正方形の中心にアトリウム(吹抜けの大きな空間)があります。
美術館の真ん中にギャラリートンネル(遊歩道)が通っているのも特徴的です。美術館が旧市街への入り口に位置するため、この道は観光者だけでなく、通勤自転車も多く通っています。
アムステルダム国立美術博物館は1970年に国家遺産に認定され、1990年にオランダのトップ100の遺産に登録されています。


国立美術館の設立は18世紀末、オランダ政府が国益になると想定したことから始まりました。(フランスのルーブル美術館の影響力が強かったそうです。)

1800年の531日にハーグのHuis ten Bosch palace(宮殿)に開館し、200点あまりの絵画が展示されていたそうです。

1805年に同じハーグ内のBuitenhof(ビネンホフ)に移されました。

1806年にホランド王国としてナポレオンの傘下となったオランダ。
このことにより1808年にはナポレオンの弟、当時のオランダの王の命により、国立美術館はアムステルダムに移転しました。
この時に新たな美術館は建設されず、ダム広場の王宮が国立博物館を担うようになりました。アムステルダム市が保有していたコレクションも幾つか加わえられたそうです。

<トリップ邸>

1817年に今度は同アムステルダム市内のTrippenhuis(トリップ邸)に移されました。しかしトリップ邸では美術品の保管に適さないとされ、1820年に歴史的美術品はハーグのMauritshuis(マウリッツハイス王立美術館)に移され、1838年に19世紀の絵画がハーレムの博物館に移されました。

<スポンサーリンク>


アムステルダムにきちんとした国立美術館を築くため1863年に設計コンペが行われましたが、十分な設計と賞賛されるものがなく、話は流れました。

<P.J.H.カイペルス案>

1876年に再度コンペを行い、この時にP.J.H.カイペルスが優勝しました。(彼は後にアムステルダム中央駅の設計も手がけています。)
デザインは、ゴシックとルネサンスの要素を組み合わせたもので、同年101日にさっそく工事が始まりました。
外装、内装に施される彫刻のためにコンペが開かれながら工事は進み、1885713日に開館しました。

開館後の1900年代には数回の改装・増築工事が行われ、どんどん進化しています。
また同時に、第二次世界大戦中は美術品を守るため、多くのコレクションを一時的に他の都市へと移動させています。

1995年には国立美術館は民営へと委託されています。

2004年より大規模な改修工事が行われ、10年間閉鎖されていたが、20134月にリニューアルオープンされました。
この改修工事はCruz y Ortiz(スペインの設計事務所)により手がけられ、古い物と新らしい物の融合をベースにデザインされました。この時にアジアパビリオンが新たに作られています。
リニューアルオープンの2013年に年間入場者数が220万人、翌年2014年には247万人とオランダ美術館の最高入場者数を記録し、また国内最大級の規模の美術館です。

時代と環境によって進化してきたアムステルダム国立美術館は、これからもどんどん変化していくような気がします。

Rijksmuseum Amsterdam概要(2017年8月現在)
9〜17時
€17.50
ミュージアムカード可
Museumplein/Museumstraat 1, 1071 CJ Amsterdam, オランダ
Rijksmuseum Amsterdam


*合わせて読みたいアムステルダム情報*

2017年8月1日 特集”アムステルダム建築史”

2017年9月1日 特集”アムス観光 ダム広場”

2017年10月1日 特集”アムス観光 ミュージアムプレイン”

2017年12月1日 特集”オランダのクリスマス”