☆ 広告掲載募集 ☆ 詳しくはコチラから ☆

【アムステルダム】奇跡の音響環境を備えた音楽堂コンセルトヘボウの歴史

オランダの芸術

 

Concertgebouw(コンセルトヘボウ)とはオランダ語でコンサートホールという意味です。

アムステルダムのミュージアム広場にあるコンセルトヘボウは1888年にオープンした歴史ある音楽堂で、音響設備の優れた4つの音楽ホールがある、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の本拠地となっています。

 

2013年に創立125周年を迎えロイヤル・コンセルトヘボウHet Koninklijk Concertgebouw)へと改名しました。

 

Het Koninklijk とは The Royal(ザ・ロイヤル)の称号を意味し、

ロイヤル称号  王室御用達

を表す名誉を表しています。

 

 

 

 

コンセルトヘボウの歴史

コンセルトヘボウ協会の設立

コンセルトヘボウが建設される前の1880年代初め、アムステルダムには3つの音楽ホールがありました。

  • 1つは老朽化のため崩壊寸前
  • 1つは超小規模のホール
  • 1つは音響設備が最悪

ということで、アムステルダム市民は新しいホールを望んでいました。

 

音楽ホールの新設を行政へと依頼しましたが、要望を受け入れてはくれませんでした。そこで6人のアムステルダム市民が立ちあがりコンセルトヘボウ協会を設立しました。

コンセルトヘボウ協会メンバーには当時建設中だった国立美術館の設計をしていた建築家カイペルスも加わっていたため建設地の交渉がスムーズに進み、国立美術館の対面に建設が決まりました。

広場を囲むように国立美術館、市民美術館、コンセルトヘボウの建設場所が決まりましたが、コンセルトヘボウ建設予定地はその当時まだアムステルダム市ではありませんでした。( 1896年よりアムステルダム市となっています。)

 

 

音楽堂の建設

1882年にコンセルトヘボウ協会は株式会社Concertgebouwを設立し、建設準備が本格的に始動しました。

建設予算は株券の販売で集め、その目標額は40万ギルド(1億円くらい?)でしたが、約半分の25万ギルドしか株券は売れませんでした。

 

そこで30万ギルドで2000人収容できる音楽ホールの設計競技を開催し、設計者を選出しました。

設計競技ではオランダ建築家ファン・ヘントのデザインが選ばれ建設が始まりました。(ファン・ヘントはのちにカイペルスとともにアムステルダム中央駅の設計を手掛けています。)

 

 

オープンまでの道のり

1902年のコンセルトヘボウ<photo credit: wikipedia>

1886年に建物は完成しました。

ですが音楽堂はオープンすることができませんでした。

 

今も昔も建物を建てたり、新しい施設をオープンするには様々な許可が必要となります。完成した音楽堂もオープンするために「運河の埋立て、街灯の設置など」と周辺の整備を自治体から要請されたのです。

しかし予算カツカツで建設した音楽堂に、周辺を整備する財力は残っていませんでした。そこで(株)コンセルトヘボウは株主に出資をお願いしたのですが、自治体の要請の必要性を理解してもらえず、埋立ても街灯も不要と判断され資金を集めることができなかったのです。

 

この問題を解決するのに2年の月日が費やされ、グランドオープンしたのは1888年となりました。

初演コンサートは120人の管弦楽団と500人の合唱団により盛大に開かれたそうです。

 

 

 

 

コンセルトヘボウの建築様式

<photo credit: asvensson Concertgebouw via photopin (license)>

オランダ建築家ファン・ヘントのデザインは、それまで主流だった新古典主義(過剰な装飾性や軽薄さに対する反動として荘厳さや崇高美を備えた建築)と、この頃から流行り始めたネオルネッサンス建築(ルネサンス建築に基づきながら当時の荘厳さや各地の新しい建築方式を織り交ぜたもの)を融合した、威容ある外観が特徴です。

 

地盤の軟弱なオランダで巨大なホールの建設するには2186本の木杭をもって頑丈な基礎が築かれました。

それでも地盤沈下に悩まされ、竣工から100年後の1983年に倒壊寸前となります。

その後の大規模改修工事によって新たに400本の金属杭が打ち込まれました。この時の改修工事でメインエントランスがモダンなガラス張りのデザインへと変更されました。

 

 

 

奇跡のデザイン

音楽ホールの内装設計は音の反響残響に重点が置かれます。

そのためステージと座席の配置壁と天井の形状仕上材の材質まで計算されてデザインされるのが通常の音楽施設設計です。

 

がしかし、建築家ファン・ヘントは音楽堂設計のノウハウが皆無でした。そのため音楽ホールとしてはありえないデザインがされてしまいます。

反響音がバラバラに散ってしまう直方体のホール形状、そしてこれまた反響音が他方へと反射する天窓を設けてしまいました…。

 

 

無計画で建てられたホールは最悪の音響環境となってしまうのが常です。

反響音が計算されていないホールで演奏すると、演者は曲を合わせるのが困難となり、視聴者は耳障りな残響音を感じてしまい、本来の演奏を聞くことができなくなってしまいます。

 

ファン・ヘントが設計した音楽堂に実際にオーケストラを入れて演奏してみると…、驚くことに素晴らしい残響効果が起きました。

2000人収容規模のホールの残響時間は2秒前後を目安にされており、このホールの残響時間2.8秒(満員時2.2秒)とパーフェクトな音響設計になっていたのです。

 

まさに奇跡と偶然の産物、パーフェクトな音響設計のコンセルトヘボウは交響曲を奏でるのに最高の音楽堂・世界ベスト3にランクインしています。

 

 

 

 

 

<photo credit: Alessandro Grussu 104 – Amsterdam via photopin (license)>

ハイスペックの音楽堂を体感できるコンサートチケットは公式ホームページより購入できます。

建物に興味がある場合はガイドツアーも開催しています。ガイドツアーでは舞台裏を見て周ることができ、9月~6月には無料のコンサートを鑑賞することもできます。(現在はガイドツアーは行っていません。)

The Royal Concertgebouw概要(2022年8月しらべ)
住所:Concertgebouwplein 10, 1071 LN Amsterdam
URL:The Royal Concertgebouw

 

 

オランダの歴史関連記事
【ヨーロッパ史】アンネ・フランク 15年間の短い生涯
アンネは13歳からの2年間を隠れて暮らし、生前最後の半年間はホロコースト(強制収容所)での厳しい生活を虐げられ、最後は誰にも看取られずに15歳の時に伝染病で命を落としました。そんなアンネの生涯を今週は学んでみました。
【オランダ】チューリップの歴史とチューリップマニア
オランダにはチューリップマニアと言う言葉があります。17世紀オランダにてオスマン帝国からもたらされた球根の価格が異常に高騰し突然暴落したチューリップのバブル〜バブル崩壊 の時代。このバブル期のことをチューリップマニアと呼び、現在でもオランダでは大規模な経済的バブルのことをチューリップマニアと比喩することがあります。
【オランダ】アムステルダムの始まりの堤防・ダム広場の歴史
海抜ゼロメートル地帯で国土を開拓してきたオランダはダム(堤防)によって守られた国です。オランダの大都市アムステルダムは「アムステル川のダム」、ロッテルダムは「ロッテ川のダム」と地名に堤防によって形成された街であることがみてとれます。

 

オランダ美術史関連書籍

 

 

オランダ都市造り関連書籍