ハールレームにあるテイラーズ博物館は、ハールレムのシルク製造と銀行家であるピーター・テイラー・ファン・デル・フルスト(Pieter Teyler van der Hulst、1702-1788)の名前に由来しています。
彼は芸術と科学に大きな関心を持っており、”知識が人類を豊かにすることができる”という彼の意志により、彼の資産は芸術と科学の推進を目的とした財団に置くべきであるとして、オランダ初の博物館として建てられました。

芸術科学研究機関として設立されましたが、もともと博物館ではなく、実験室やワークショップでした。
初代責任者にあたるTeylers Museum Martin van Marum (1750-1837) はここの実験室を使い静電気についての研究をしていました。その他にも水力発電の原理を実証する実験なども行っており、それらの実験に使われた機具や、化石が展示されています。

<スポンサーリンク>



アートコレクションは”伝統”をテーマとし、若いアーティストに感動的な例を提供するために集められました。コレクションは、慎重に管理され、必要に応じて復元されました。
アートコレクションの責任者であった Haarlemmer Wybrand Hendricks(1744-1831)は、自信もアーティストであり、彼の絵も多く展示されています。彼の絵には広角レンズや凸面鏡などの光学補助器具が使われたものもあります。

美術館概要(2017年1月現在)
火-金 10-17、土日祝11-17
月曜休館
€12.50
ミュージアムカード可
Spaarne 16, 2011 CH Haarlem, オランダ
+31 23 516 0960
www.teylersmuseum.nl