☆ 広告掲載者募集中 ☆ 詳しくはコチラから ☆

バスタブ型の建物が特徴のアムステルダム市立美術館

オランダの芸術

薄くて大きい屋根が特徴的な建物のアムステルダム市立美術館(Stedelijk Museum Amsterdam)は、ミュージアム広場の西側に位置する近代美術館です。

油絵、彫刻、インスタレーション、映像・音声作品、版画、素描 、ポスター 、写真、グラフィックデザイン、インダストリアルデザイン、美術書などと21世紀初頭までの多くの近代美術作品が約9万点収蔵されています。

 

市立美術館の建築史

アムステルダム市立美術館が設立されたのは1874年ですが、当初は国立美術館の中に併設されていました。

設立から20年後の1895年に市立美術館の建物が完成し、オープンしました。

1895年の市立美術館<photo credit: Amsterdam Municipal Department>

オランダ建築家アドリアン・ヴィレム・ヴァイスマンによって設計された市立美術館はネオルネッサンス建築様式で、外壁上部と塔は、淡色の石と赤レンガの組み合わせで、16世紀オランダ・ルネサンス建築をイメージしています。

 

 

1938年、美術館のキュレーターだったグラフィックデザイナーのサンドバーグは、展示室内の壁を白く塗り、ホワイト・キューブと呼ばれる展示スペースを設けました。
今でこそ美術館の内装はシンプルな作りとされ、美術品を強調するように設計されていますが、当時はまだ豪華な宮殿のようなインテリアの中で美術品を展示するのが美術館と考えられていたので、ホワイト・キューブは新進気鋭な発想でした。

斬新なアイディアマンだったサンドバーグは、ごつくて重く重厚感溢れる入口の扉を、オシャレなガラス扉に変え、明るく近代的なエントランスにリフォームさせています。

 

第2次世界大戦中、貴重な収蔵品は保管庫に移送されましたが、戦争の激動にも負けずに市立美術館は展覧を続けました。

1943年、ドイツ軍がサンドバーグを逮捕しようとしましたが、サンドバーグは自転車で逃げ切り、戦後に市立美術館の館長に就任しました。

 

 

館長も美術品も建物も戦火を免れましたが、建物の老朽化は避けられませんでした。

雨漏りにより美術品がダメージを受け、100年前の設計では現在の消防法にも引っかかり、2003年末に美術館は大規模改修工事のために閉鎖されました。

改修工事中、美術館は別のビルに一時移転して営業していました。
その間も様々なレクチャーや企画展示が催され、年間60万人が訪れています。

リニューアルオープンしたのは2012年。
オープン1ヶ月で、9万5000人を超える来場者数が記録されました。

改修工事で新設された、薄く大きな屋根の建物はベンサム・クロウェル・ウィング呼ばれ、ここには実験的な作品や映像作品を展示しています。

ベンサム・クロウェル・ウィングの1階がエントランス、地下は常設展示場、バスタブと名付けられた2階には特別展示場となっており、その他の主要な収蔵品はアドリアン設計の旧棟に展示されています。

Stedelijk Museum Amsterdam 概要(2017年9月現在)
10〜18時(金曜日のみ10〜22時)
€17.50
ミュージアムカード可
Museumplein 10, 1071 DJ Amsterdam, オランダ
Stedelijk Museum Amsterdam

 

 

市立美術館の事件簿

バーネット・ニューマンの絵画切り裂き事件

1986年3月、精神病を病んでいた男が、市立美術館に展示されていたバーネット・ニューマンの絵をカッターで切りつけ、8ヶ月の禁固刑及び仮釈放2年、3年間美術館の出禁となりました。
11年後の1997年11月、同じ男がニューマンの絵をまた切りつける事件が起き、裁判で男は精神障害を主張し無罪となりましたが、永久に美術館への立入りが禁止されています。
この事件後、市立美術館では1m離れた所からしかバーネット・ニューマンの絵画を鑑賞することができなくなりました。

 

ベンサム・クロウェル・ウィング破壊事件

2011年5月、サッカーチームのアヤックス・アムステルダムの優勝祝賀イベントがミュージアム広場で開催されました。
テンションが爆上がりした悪ノリサポーターが、市立美術館ベンサム・クロウェル・ウィングの屋根とガラスパネルを破壊してしまいました。
被害金額はなんと40万ユーロ(5000万以上)とのこと…。
翌年の優勝祝賀イベントは別の場所で開催されたそうですが、近年ではミュージアム広場で再開しています。(警備体制は強化されていると思います。)