待ちに待っている春ももうすぐ。

春の日差しを感じると、冬の引きこもり生活から一転、お出かけ気分が高まってきます。

晴れの日も増えて、気温も高くなり始め、色とりどりの花が咲き始め、気分は揚々とする季節。

サンドイッチやお菓子を買って、お花見がてらノンビリと過ごしたいお花スポットをご紹介します。


Amsterdamse Bos(ボス公園)

ボス公園は3つの自治体(アムステルダム市、アムステルフェーン市、アールスメーア市)にまたがる広大な公園で、欧州で最大規模といわれております。
公園内に入ると、都市部とは思えない多くの樹木や野鳥が迎えてくれる森の中のようです。
何も考えずに歩いていると公園内で迷子になりますので、グーグルマップなどでの位置情報の確認が必須になります。

そんな巨大な公園内には400本のサクラの木があるエリア、Kersenbloesempark(サクラ公園)があり、4月上旬頃には満開の見頃を迎えます。
お弁当とピクニックシートを持って、日本スタイルのお花見が楽しめます。

Amsterdamse Bos サクラ公園 への公共交通情報(2019年2月現在)
アムステルダム中央駅から約1時間
中央駅よりメトロ#51でAmstelveen下車し、Amstelveen Binnenhofよりバス#17でRaadhuis下車
Het Amsterdamse Bos





Amsterdam Tulip Festival(アムステルダム・チューリップフェスティバル)

毎年春の訪れとともにアムステルダムで開催されるチューリップフェスティバル。
アムステルダム市内の85箇所にチューリップスポットが作られ、訪れる人々が自由に観賞することができます。
『アムステルダムのすべての市民のためのチューリップ』をテーマに、街中の様々な場所にチューリップが植えられます。
かつてはチューリップが市街地にも咲き誇っていましたが、都市開発のために街中でチューリップを見ることができなくなってしまいました。
このフェスティバルはアムステルダム市民が再びチューリップを観て春の訪れを感じられるようにという思いを込めて企画されています。
*2019年のフェスティバルのために用意されるチューリップは約50万本。
3月31日〜4月30日の間、チューリップが咲いている限り楽しむことができます。
チューリップスポットはアムステルダムの公共スペース、美術館・博物館、ホテルの庭園、市街地、著名な建物などで観ることができます。

Amsterdam Tulip Festival 2019年概要
期間:3月31日〜4月30日
場所:アムステルダム市内85箇所(公式ホームページにてマップの掲載あり)
Tulip Festival

 

Springsnow Festival(春の雪フェスティバル)

アムステルダムの運河沿いには75000本ものエルムの木が植えられています。
毎年春になるとエルムの種子が道や運河を埋めつくすのがアムステルダムの春の風景です。

白い花びらのような形の種子は、風によって木から舞落ちます。その光景は雪が降っているように美しく、春の雪とも呼ばれています。

玄関先がエルムの種子だらけになったりと多少厄介なこともありますが、エルムの種子が舞い散る風景は花吹雪のようにとても素敵です。

エルムの種子が舞い散る春の風景をもっとも楽しめる8kmの推奨ルートがあり、誰でも自由に散策できます。(推奨ルートはSpringsnow FestivalのHPより参照ください。)

Springsnow Festival 2019年概要
期間:4月21日〜5月21日
場所:
Springsnow Festival




Bloemencorso Bollenstreek(フラワーパレード)

毎年春に開催されるフラワーパレード。
チューリップ、ヒヤシンスや水仙などの花が贅沢に使われた大きな山車を観に、毎年数十万人の人々が訪れるほどの大パレードです。
通りは鮮やかな花の香りで埋め尽くされます。
パレードの総ルートはなんと40km以上。
カラフルなディスプレイを観に多くの見物客が来るため、早めの場所取りが必要なイベントです。
*2019年は4月13日に開催が予定されています。

Bloemencorso Bollenstreek 2019年概要
日時:4月13日
朝9時半頃、北海沿岸のノールドワイクをスタート。
午後3時半頃、リッセの「キューケンホフ」を通過。
ハールレムに到着するのは夜9時頃。
*パレードの前日はノールドワイクで、翌日はハールレムで「フラワー・パレード」の山車を鑑賞可能。
Bloemencorso Bollenstreek

4月にはイースターがあるので、スーパーマーケットなどでカラフルな卵型のお菓子がたくさん売っています。お弁当やサンドイッチとお菓子を持って、お花見を楽しみたいと思います。


*合わせて読みたい観光情報*