アムステルダムにはたくさんのマーケットがありますが、その中でもヨーロッパ最大規模と云われているIJ-Hallen(IJハレン)のフリーマッケットに行ってきました。
なので本日は月曜日ではありませんが、号外で更新します。

IJ-Hallenは月に1度開催されているフリーマーケットで有料ですが(一人€5)地元の人も買い物に行くほどの人気があります。

行き方はセントラルステーションから電車、バス、フェリーなどと色々ありますが、今回はフェリーで行ってみました。なんせフェリーは無料ですからね。
セントラルステーションの北側のフェリー乗り場から"906"番のフェリー、NDSM行きに乗ります。この日は日曜日でしたが、30分に1本でてました。IJ-Hallenに行くと思われる人たちが沢山です。


フェリーに15分ほど揺られ、そこから5分くらい歩くと大きな倉庫が見えてきます。フェリーから降りた人達の流れについていけば、まず迷うことはなかったです。倉庫の入口"Kaartje"と手書きで書いてある場所で入館料€5を払って、コインをもらったら中に入れました。もらったコインはゲートでお兄さんに渡します。


倉庫の中に入ると、ちょー巨大な空間にお店がぎっちりと出展されてました。主には衣料品が多かったです。そこは日本と一緒ですね。でもバックなどは革製品の物が安く多彩でした。
食器や鍋などのキッチン用品は年期が感じられる品が多かったです。(綺麗に洗ってから出品すればいいのにって思うものも多かった。。)レコードを売ってる所も多く、若者が漁ってました。
でも一番日本と違うなと感じたのは小物などの雑貨です。ちょっとした置物や瓶などがアンティーク。日本のヤフオクで売ったら高く売れるんじゃないかって思うものが多数ありました。しかもフリーマーケットなので、購入価格はネギれます(笑)。

<スポンサーリンク>



屋外にも出店スペースがあって、椅子などの家具も安くて、車で来ればよかったなっと。車持ってないんですけどね。
会場にはハンバーガーやフレンチフライの屋台やトイレもあり、また退場するときに手にスタンプを押してもらえば再入場できるシステムもありました。

倉庫の半分は普段はアトリエになっている感じで、その風景だけでも倉庫好きには楽しめるものでした。

月1回、土日の2日間開催されているうちの、日曜日の夕方、仕事帰りに訪れたのですが、規模が大きすぎてクタクタでした。そして出店品も残り物感が。。。やっぱりフリマは1点物なので、行くなら土曜の午前中から気合を入れて!がオススメです。

IJ-Hallen概要(2017年1月現在)
月1回、土日の2日間開催
€5.00
Tt. Neveritaweg 15, 1033 WB Amsterdam, オランダ
http://ijhallen.nl/en/index.php