何事にも動じない無表情キャラで愛されているミッフィーちゃん。
絵本の販売数は全世界で8500万部を超えています。
かつて日本では”うさこちゃん”と呼ばれていましたが、ミッフィーの正式名はオランダ語のNijntje Pluis(ナインチェ・プラウス)で、親しみあるMiffyは英語名です。



ミッフィーの生みの親、ディック・ブルーナさんの故郷がユトレヒト、またブルーナさんによってミッフィーが誕生した地もユトレヒトであり、ユトレヒトにはミッフィー美術館やミッフィーのオブジェがあったり、お土産屋さんでもミッフィーグッズが盛りだくさん。
ミッフィーファンにはオランダ・ユトレヒトは聖地と言えるでしょう。


Dick Bruna(ディック・ブルーナ)
ブルーナさんのお父さんは出版社を経営しており、その影響もありブルーナさんは幼い頃から本好きだったそうです。
オランダ画家のレンブラントやファン・ゴッホの画集に魅了され油絵を学び始め、画家を志し高校を中退して、イギリスやフランスでも絵を学びました。
のちにユトレヒトに戻り、お父さんの出版社でグラフィックデザイナーとして働き始め、さまざまな書籍の装丁を任されました。
ブルーナさんの装丁デザインは、”書籍のタイトルさえ分かればいい”という、それまでの装丁の概念を覆し、パッと一瞬で引きつけるような、シンプルで斬新なデザインスタイルでした。

その後も出版社のシンボルマークだったクマのイラストをリメイクし人気を呼び、26歳という若さで初の絵本「de appel」(りんごちゃん)を刊行しています。

1955年、28歳の時に、「nijntje」(ナインチェ)という、うさぎを主人公とした字のない絵本を刊行。
これがミッフィー誕生の瞬間でした。

当時子供向けの本といえば写実的な描写が主流で、当時としては斬新でモダンなキャラクターたちに、大人たちには「子供には理解できない」と敬遠されていました。
がしかし、逆にシンプルな線と明解な色彩が子供たちの支持を得たのです。
1963年には、「ナインチェ」を新たに描き直し、各国語に翻訳されました。
翌年1964年に石井桃子さんの翻訳により「ちいさなうさこちゃん」として日本で刊行され、以来多くの子どもたちに愛されています。

ブルーナさんはその後アーティストとして独立し、社会福祉関係などの仕事にも関わってきました。
80歳を超えても毎日自転車でユトレヒトのスタジオに通って創作活動を続けていたという、自転車大国オランダの生粋のオランダ人。

ですが2011年に高齢のため引退し、2017年2月16日、ユトレヒトにてその生涯を終えました。 (満89歳)

Dick Bruna(本名:Hendrik Magdalenus Bruna ヘンドリック・マフダレヌス・ブルーナ、1927年8月23日 – 2017年2月16日)


ブルーナさん亡き後も、ミッフィーちゃんの人気は変わりません。
今でも聖地ユトレヒトでは街中のあちこちでミッフィーちゃんに出会うことができます。




Centraal Museum(セントラルミュージアム)
セントラルミュージアム内にあるスタジオ・ディック・ブルーナ展には、ブルーナの作品が6000点以上あり、赤十字などのために作成した児童書、本の表紙、ポスターデザインからのオリジナルの図画など、非常に多様な作品で構成されています。
またブルーナのデザインスタジオ(仕事場)を再現しています。

Centraal Museum概要(2018年6月現在)
スタジオ・ディック・ブルーナ展(2015年9月19日〜2025年9月19日)
火〜日11〜17時
€13.50
ミュージアムカード可
Agnietenstraat 1, 3512 XA Utrecht, オランダ
Centraal Museum

 

Nijntje Museum(ナインチェ·ミュージアム)
セントラルミュージアムの向かいにあるナインチェ·ミュージアム。
ここはミッフィーちゃんを堪能できる託児所のような美術館です。
デパートにある子ども広場のミッフィーバージョンのようなところです。
小さなお子様にはたまらなパラダイスなのですが、子どもたちの傍らでは疲れた顔をしたお父さんを多く見かけます。

Nijntje Museum概要(2018年6月現在)
火〜日11〜17時
ファミリーチケット(大人2人+小人2人)€23.50
ミュージアムカード可
Agnietenstraat 2, 3512 XB Utrecht, オランダ
Nijntje Museum

 

Nijntje pleintje(ナインチェ広場)
ミッフィーの名前がついている運河沿いにある広場、ナインチェプレイン。
ブルーナさんの次男で彫刻家のマルクさんが制作したナインチェの像があります。

Nijntje pleintje概要(2018年6月現在)
無料
1e Achterstraat 1, 3512 VL Utrecht, オランダ
Nijntje pleintje

 

Miffy’s Traffic Light(ミッフィーの信号機)
デパート(バイエンコルフ)がある交差点の歩道用信号機はミッフィーバージョンです。
止まれの赤バージョンと、歩くの緑バージョン、どちらもお見逃しなく。
交通量が多い交差点なので、撮影に夢中になると危ないので気をつけましょう。

Miffy’s Traffic Light概要(2018年6月現在)
無料
St Jacobsstraat 1A, 3511 AA Utrecht, オランダ




Theo Blom(テオ・ブロム)
1888年創業の老舗のお菓子屋さん。ブルーナさんが大好きだったクッキーが有名なお店です。
お土産としてミッフィーの絵が描かれたクッキーやチョコレートも販売しています。

Theo Blom概要(2018年6月現在)
火〜金8〜18時、月・土8〜17時
Zadelstraat 23, 3511 LR Utrecht, オランダ
Theo Blom

 

W. van der Biji(ヴァム・ファン・デル・バイル)
絵葉書やコイン、切手などを取り扱うコレクションショップ。
オーナーがブルーナファンということで、ブルーナさんに関する切手やビンテージコレクションが充実しています。

W. van der Biji概要(2018年6月現在)
火〜土10〜17時、月13〜17時
Zadelstraat 43, 3511 LS Utrecht, オランダ

 


ミュージアムショップや観光案内所でもミッフィーグッズを多く販売しているので、お土産探しも含めて観光できます。
他にもユトレヒト市内にはミッフィーの像が置いてあったり、標識の上にさりげなくブルーナさんデザインのイラストをがあしらってあったりします。
隠れミッフィー(ブルーナデザイン)を探しながら散策するのも楽しいかもしれません。


*合わせて読みたいオランダ観光情報*