☆ 広告掲載者募集中 ☆ 詳しくはコチラから ☆

【オランダ】12月5日のシンタクラースの日に食べる物

オランダのクリスマス

 

 

12月6日は聖人ニコラウスの命日で、聖ニコラウスの日(シンタクラースの日)となっています。

聖ニコラウスは、4世紀頃に実在した人物で、サンタクロースの起源となった人物と言われています。

英名:Saint Nicholas(シント・ニコーラース)
蘭名:Sinterklaas(シンタクラース)

 

 

11月に蒸気船に乗ってオランダへとやってきたシンタクラースは約1ヶ月ほどかけてオランダ各地を訪問し、12月6日にスペインへと帰ります。

シンタクラースが帰路へ着く前日の12月5日にお祝いをするのが一般的で、多くのオランダ人は12月5日に家族で一緒に食事をしプレゼントを贈る風習が昔よりあります。

しかし近年は12月25日に家族で集まって食事をし、プレゼントを贈りあう事が増えてきたため、12月5日のシンタクラースの日にプレゼントを貰えるのは子どもたちだけとなっている家庭も多いようです。

 

 

シンタクラースの日の食べ物

子どもたちのイベントとなりつつあるシンタクラースの日に欠かせない食べ物があります。

主にお菓子が多いのでスーパーマーケットでもお手頃価格で揃えることができます。

今からでもまだ間に合います。週末のシンタクラースの日のお家パーティーの参考にしてみてください。

 

Speculaas(スペキュラース)

speculaas

photo by albert heijn

Speculaas(スペキュラース)は、コショウ、シナモン、生姜、クローブ、カルダモン、ナツメグが入った、スパイスの風味が独特なビスケットです。

建物や模様などの型抜き柄なのが特徴的で、お土産屋さんなどでは風車型のスペキュラースが多く、Windmill Cookies(風車のクッキー)などとも呼ばれています。

白胡椒が入っていたり、アーモンド粉で作られてたりと、お店や家庭によって味が異なっています。

 

ねずくん
ねずくん

スペキュラース入りのアイスも美味しいですよ!

speculaas

photo by AH

 

 

Kruidnoten(クラウドノーテン)

photo by albert heijn

Kruidnoten(クラウドノーテン)は、丸くて小さなジンジャービスケットです。

一般的にはスペキュラースと同じ材料で作られていますが、一口サイズの小さいジンジャービスケットのことをクラウドノーテンと名付けられています。

 

ハリさん
ハリさん

お水を混ぜて焼くだけで簡単に作れるクラウドノーテンのお菓子キッドもスーパーで買うことができます!

photo by AH

 

 

 

Pepernoten(ペーパーノーテン)

<photo credit: Wytse Kloosterman _DSC7871.jpg via photopin (license)>

Pepernoten(ペーパーノーテン)はクラウドノーテンと形が一緒で、同じお菓子にも見えますが違いがあります。

ペーパーノーテンは蜂蜜と甘い香りが特徴のアニス(スパイス)が使われており、ソフトな食感のジンジャークッキーです。

 

ねずくん
ねずくん

最近は丸いビスケットがクラウドノーテンで、ペーパーノーテンはサイコロ型の物が多いみたいです。

 

photo by ah

 

 

Chocoladeletters(チョコラーデ・レターズ)

photo by AH

Chocoladeletters(チョコラーデ・レターズ)は、シンタークラースの日を代表するチョコレートです。

チョコをプレゼントする時に、相手のイニシャルのチョコを準備して交換するのが伝統的なスタイルになっています。

スーパーマーケットでも種類が豊富で、ナッツがトッピングされたり、デコられたりと豪華なもチョコもあります。

オランダではWMの需要が多く、IJから始まる名前が少ないとのこと。在庫が偏らないように生産工場で調整して作ってるそうです。

 

 

Schuimpjes(スキャンピェス)

photo by AH

Schuimpjes(スキャンピェス)は、メレンゲのキャンディーで歯応えがある飴ちゃんです。

シンタクラースの季節になるとSinterklaas Schuimpjes(シンタークラース・スキャンピェス)と、シンタクラース・バージョンが登場します。

シンタクラース・バージョンは通常バージョンよりもカラフルになっているので、パーティー感が演出できます。

 

 

 

Bischopswijn(ビスコプシュワイン)

Bischopswijn(ビスコプシュワイン)はオランダ版のホットワイン(またはグリューワイン)で、シンタークラースの司教(Bisschop)にちなんで名付けられています。

赤ワインにオレンジ、レモン、クローブ、シナモンスティックを加えて超弱火で3時間ほど煮込んで、最後に砂糖を混ぜて完成! っと意外と手間暇かかったドリンクになっています。

 

ビスコプシュワインの作り方はこちら(英語サイト)↓

This Dutch Mulled Wine Is the Perfect Winter Drink
This recipe for bischopswijn is the Dutch version of gluhwein, a delicious mulled wine that is traditionally consumed on Sinterklaas.

 

 

 

 

シンタクラースのお祝いをする日の前夜(4日の日の夜)に、シンタクラースが夜中に白馬に乗って空を飛び、良い子にプレゼントを届けにやってきます。

暖炉やヒーターの傍か玄関に靴を置き、靴の中にシンタクラースへの手紙、白馬のために人参を入れ、靴の横にホットチョコレートやビールも用意しておきましょう。

すると翌朝には靴の中にお菓子やプレゼントが入っているそうです。

【オランダ】白馬のおジジがやってくるシンタクラースの日
一説ではシンタクラースはトルコからオランダへとやってきた子ども達に優しい司祭でオランダ滞在中はアムステルダムに在住しておりその後スペインへと渡ったと云われています。一方サンタクロースはシンタクラースの話が起源になったとされています。