☆ 広告掲載者募集中 ☆ 詳しくはコチラから ☆

【オランダ】クリスマスに食べる物・スーパーで揃うホームパーティー食品

オランダのクリスマス

 

オランダではクリスマスより12月5日のシンタクラースのお祝いの方が伝統行事でしたが、最近ではクリスマスの方が盛大にお祝いする家庭が多いようです。

オランダ人の多くの方はクリスマスツリーなどでお家を飾り、25日と26日に家族と一緒に食事をし、プレゼント交換をします。

 

 

オランダのクリスマスの食べ物

オランダのスーパーマーケットでもお手軽に購入できるクリスマスの食べ物を選んでみました。ホームパーティーの参考にしてみてください。

*Albert heijn(アルバート・ハイン)などで販売している商品から選んでみました。写真をクリックすると商品ページにとぶようになってます。

*記載しているオランダ語の読み仮名はあまり自身がありません…。

 

Banketstaaf(バンケットスターフ)

photo by AH

Banketstaaf(バンケットスターフ)はクリスマスの伝統菓子の1つで、パイ生地の中にアーモンドペーストが詰まったペストリーです。

 

 

Jan Hagel(ヤン・ハーゲル)

photo by AH

Jan Hagel(ヤン・ハーゲル)はオランダの典型的なクッキーで、アーモンドスライス、シナモン、お砂糖がトップに散りばめられており、焼き上がってから四角くカットされているのが特徴です。

昔からある庶民クッキーなので特別なお菓子ではありませんが、いつもあるからお祝いの席にもある茶菓子の1つです。

コーヒーのお供に、またはアイスの付け合わせにしても◎。

 

 

Kerstkranjes(ケーストクランニェス)

photo by AH

Kerstkrans(ケーストクランス)とはクリスマスリースのことで、クリスマスシーズンに見かけるドーナツ型のビスケットの事もKerstkranjes(ケーストクランニェス)と呼びます。

クリスマスリースをモチーフにしたこのビスケットは、ツリーのデコレーションとして飾る用のビスケットでもあるそうです。(もちろん食べられるビスケットです!)

 

Kerststol(ケストストル)

photo by AH

Kerststol(ケストストル)は、リキュールに漬けたドライフルーツとアーモンドペーストが詰まったオランダ版のクリスマスシュトーレンです。

シュトーレンはもともとはドイツの菓子パンで、焼いてから2〜3週間保存することでしっとりとし風味が豊かになるため、長期保存用のパンとして作られました。

オランダでは通常のシュトーレンをstol(ストル)とよび、クリスマス用のシュトーレンをKerststol(ケストストル)またはFeeststol(フェイストストル)と呼ばれトッピングが少し豪華になっています。

 

Boerenjongens(ブーレンヨンヘンス)

photo by AH

Boerenjongens(ブーレンヨンヘンス)はオランダ北部フローニンゲンの特産品で、ブランデー漬けのサルタナ(レーズン)です。

クリスマスや結婚式など特別な日に食べる縁起物で、昔はブランデーをメインとした飲み物でしたが、今ではレーズンをケーキやアイスにのっけて食べるスタイルへと変わっています。

特に高齢の方に人気があり、祝日や誕生日にも食べることが多いです。

 

Advocaat(アッフォカート)

photo by AH

Advocaat(アッフォカート)は卵黄とブランデーで作られたオランダの伝統的なカスタードです。

エッグノッグ(牛乳ベースの甘い飲み物)よりもより濃厚で、病みつきになる悪魔のスイーツとも呼ばれています。

そのままストレートで、またはカクテルにしたり、はたまたアイスやデザートのソースとしても◎。

 

ねずくん
ねずくん

正直、筆者はこれが苦手です…が、オランダ人の友人はこれが大好きです…。

 

ROLLADE(ロルラーデ)

photo by AH

Rollade(ロルラーデ)と呼ばれるお肉料理。

ハーブやニンニクなどをお肉で巻いてオーブンで焼き、薄く切って食べます。

お肉は牛、豚、鳥となんでもありだそうですが、定番は豚肉。

スーパーマーケットでは、すでに下準備ができているものも売っているのであとはオーブンで焼くだけです。トマトやピスタチオなど様々なものが巻かれてるバージョンなどもみかけます。

 

GOURMET(グルメット)

photo by Amazon

Gourmetstel(グルメットステル)と呼ばれるホットプレートでのホームーパーティーがクリスマスの定番で、好きなものを各々で好き勝手に焼いて食べるスタイルになっています。

二段式になってるのが一般的なグルメットステルで、BBQ用の大きなプレートの段と、アヒージョなどの液モノ系にも対応できる小分けの段があります。

グルメットステルはオンラインで年中購入できますし、冬になるとスーパーマーケットや家電屋の店頭でも販売しています。少人数用だと€20〜、5〜10人用で€50〜くらいです。

 

photo by Amazon

Amazon.nlでグルメットを検索

 

ねずくん
ねずくん

最近はチーズフォンデュもできちゃうグルメットもあるようです↓


 

photo by AH

スーパーマーケットはグルメット用のパーティーパックも売っています。グルメットパーティーにお呼ばれされたら、自分の好きなものを持って行き、みんなでシェアしていただきます。

 

Garnalencocktail(ハーナーレン・カクテル)

photo by AH

Garnalencocktail(ハーナーレン・カクテル)はエビとカクテルソースをあえたシーフード料理です。

特に伝統的な食べ物ではありませんがパーティーの前菜として人気があります。

photo by AH

photo by AH

牛肉のカルパッチョやクリームトマトスープもクリスマスパーティーの前菜に人気のある一品です。

 

 

 

今年もコロナ禍のクリスマス。ホームパーティーでお祝いする方が多いのではないでしょうか。

通年でも25日からほとんどの飲食店がホリデーに入り年始まで閉まっているお店もチラホラとあるので、オランダではクリスマス=ホームパーティーが一般的です。

 

そして26日はボクシングデーと呼ばれる大バーゲンセールです。

ボクシングデーはクリスマス仕事だった人のための休暇とかの意味もありますが今ではバーゲンセールのことを指し、クリスマス用品の売れ残りを含め、冬物が大安売りになるので繁華街が一気に活気に溢れ、この活気はお正月まで続きます。

クリスマスに栄養を補給し年末セールに備えましょう!

 

【オランダ】大晦日に食べる物・オリボーレンを自宅で作ろう
オランダの大晦日といえばオリボーレンを食べる日です。シャンパンとオリボーレン片手にカウントダウン花火を家族と楽しめば伝統的な年越しです。オランダ銘菓の年越しオリボーレンを手作りしてみましょう。誰でも簡単に作ることができます。