オランダで口座を開くには、まずどんな銀行があるのか。
有名なのは

ING BANK

ABN AMRO

私の中ではこの2つがメジャーです。
どちらもオランダ国内に多くの店舗とATMがあります。違いもそこまでありません。

 

ING BANKはオランダ人も多く利用していて、予約無しで直接店舗に行って手続きが即日可能です。口座維持費は年間€17で、銀行の中では安いです。
口座は自動的に普通預金口座と貯蓄口座が作られます。給料の振込先や、今月使う分を普通口座に入れておき、溜める分は貯蓄の方に入れることで、節約にもなるし、引き落としは普通口座からしかできないので、防犯にもなります。旅行などでお金が必要になった時は、いつでも貯蓄口座から普通口座へオンラインバンクまたはアプリで簡単に使う分補充できます。
オンラインバンクも今年から英語のページができました。そして何より便利なのがアプリです。携帯にアプリを入れてしまえば、いつでもどこでも簡単に残高チェックや送金、支払い出来てしまいます。指紋認証型の携帯であれば、ログイン時のパスワードも必要ないという現代的なアプリです。



 

ABN AMROは外国人が多く開設する銀行らしいです。口座維持費は年間€22ですが、INGとは€5しか変わらないですね。
ABNは完全予約制なので、新規開設などの窓口を通す作業は事前予約が必須です。その際、支店ごとへの直通電話はないため、ホームページなどに載っているABN(本社?)コールセンターに電話して、どこの支店で予約を取るかなどと土地勘が無いと一苦労です。近所に支店があれば直接行って予約を取ったほうが100倍スムーズです。銀行には常に1人は案内の人がいるので、その方が予約受付やその時に必要な書類の案内、また口座開設後に困った事(オンラインの使い方など)など、簡単な事なら対応してくれます。
ABNのオンラインバンクは英語に特化しているので、とても分かりやすいです。アプリは使った事はないけれど、ほぼほぼINGと同じだろうと予測しています。



 

今回私はINGで口座を開く事にしました。特にどちらでも良かったんですが、飛び込み予約無しで対応してくれる方が、何かあった時に便利かなぁと。電話で英語で会話するのって、結構大変ですからね。



口座開設に必要な書類は
・パスポート
・BSNナンバー
この2つは絶対です。
その他、登録に必要なもので、住所と電話番号、メールアドレスを聞かれました。住所は念のため賃貸契約書を持って行きましたが、BSNの書類に載ってた住所を見て入力してたので必須ではなかったですね。
これらの書類があれば、登録は係りの人がデータを入力してくれるので、係りの人とおしゃべりをしていれば10分くらいで終わります。
今回オランダの銀行開設は初めてだったので、口座の内容(普通預金と貯蓄預金について)とか、カードの使い方とか、INGは保険会社でもあるので、保険のご案内まで色々教えてもらい、私の場合は30〜40分くらいかかりました。
その日に受け取ったテンポラリーカードやPINコードで、ATMや買い物、オンラインバンクもすぐに使えました。口座番号もあるので、給料の受取り、日本の銀行からの送金も即日可能です。
自分の名前入りの正式のカードは1週間ほどで自宅に郵送されました。(ポストに入ってるっていうセキュリティーの無さ)INGのカードはダッチカラーのオレンジ色で、ライオンさんが描いてあって可愛いです。



その後、日本からの送金等を済ませて手持ちのお金を多少補充し、今度はビジネス口座の開設に行ってきました。予約無しの飛び込みで行けるのはINGにしてよかったなっと。
今回必要な書類は
・自分の口座のカード
・KVKで発行してもらった書類
・パスポート
この3つで事足りました。銀行のシステム上でKVKのシステムと連動してるっぽいです。いくつか簡単な質問はされましたが(税金を納めてるか?など)、今回もおしゃべりしてる10分ほどで終わりました。

ビジネス口座など開いた事がなかったので、勧められるがままスタータープランにしてくれました。1年間は口座維持費が無料ですが、来年からは月々€9.5ほどかかるっぽいです。
こちらも即日にテンポラリーカードが発行されたので、オンラインバンクも使えて、アプリは個人の口座の方と連動できるってことでしたが、帰宅後試した所まだ連動できず。。。

オンラインバンクのログイン名がまだテンポラリーの名前になってるからだと思ったのですが、いつまでたっても使えなかったので、後日窓口に訪ねてみたら登録にミスがあったためでした。おしゃべりしすぎて、窓口のお姉さんが入力を間違えてしまったそうです。




*合わせて読みたいオランダ観光情報*