アムステルダムといえば、アムステル。
ビールなのに真っ赤なパッケージのAmstel bier(アムステルビール)は、1870年に創立されたオランダのビールブランドです。
ブランド名は酵造所の近くを流れるアムステル運河に由来しています。当時はアムステル川でビールを冷やしていたそうです。
残念ながら現在はアムステルダムに酵造所はありません。がしかし、特徴的なパッケージの赤と白は、アムステルダム市の公式カラーと一緒です。

ヨーロッパを代表する三大ビールブランドの一つですが、オランダ国内ではハイネケン、グロールシュ、ババリアに次ぐ4位。
1968年にハイネケンに買収されハイネケングループの傘下にありながら現在もAmstelの名前のまま販売されています。

パッケージデザイン、味、価格と、個人的にお気に入りのビール、アムステル。
豊富な種類があるのも特徴的です。


Amstel
アムステル(1870年〜、0,5L/€0.88, Alc 5%)
友と飲むのに最適なビールを目指して開発され、誰もが馴染みやすい味を追求したアムステルは、独特な麦芽の風味を持ちながらもさっぱりとした苦すぎない味わいです。


Amstel blond
アムステル ブロンド(2010年〜、0,5L/€0.71, Alc 4%)
マイルドで爽やかなピルスナー。100%大麦麦芽から醸造されているため、渋めのコクがあります。オランダビールの中ではアルコールが低めで価格も安いので晩酌用に愛用しています。


Amstel bock
アムステル ボック(1983年〜、0,3L/€0.90, Alc 7%)
ベルギーやドイツで人気がある赤色のビールで、焙煎した麦芽の風味が特徴的。濃厚で甘めのビールです。綺麗な色なのでグラスに移して飲みたいいっぱいです。




Amstel light
アムステル ライト(1980年〜、0,3L/€0.60, Alc 3.5%)
爽やかな喉ごしで、低度数、低カロリーのライトビール。
カロリーオフは万国共通の人気アイテムです。


Amstel 0.0
アムステル ゼロ(2012年〜、0,3L/€0.43, Alc 0%)
オランダでも急速に増加しているアルコールフリーの需要。アムステルの味わいを残しつつのノンアルビールです。


Amstel Ongefilterd
アムステル アンフィルター(2017年〜、0,3L/€0.70, Alc 5.2%)
通常のアムステルよりスパイシーで少し強いホップの味わい。
ラガータンクから直接ろ過されていないため、度数5.2%とアムステルより少し高めのパーセンテージとなっています。


Amstel Radler
アムステル ラドラー(2013年〜、0,5L/€1.15, Alc 2%)
ビール+レモン水と言う、純ビール派には驚きの商品。レモンの風味がさっぱりとした爽やかな後味で飲みやすく、人気のあるビールです。
関連商品
Amstel Radler 0.0(ノンアル)
Amstel Radler Dubbel Citrus(ビール+レモン+ライム)
Amstel Radler Dubbel Citrus 0.0(ノンアル)
Amstel radler grapefruit(ビール+グレープフルーツ)





どこのスーパーマーケットでもビン、缶ともに販売しており、なおかつハイネケンよりお手頃価格。
私がよく行くスーパーマーケットVomarでは、たまに500ml, 24缶で€13くらいの特売をしているので、その時は即買いです。
何よりもビールなのに赤いパッケージという、一瞬コーラかと思わせる斬新なダッチデザインが気に入ってます。