Oude Kerk(アウデ・ケルク, 旧教会)はアムステルダムで最も古い教会です。
13世紀初め、当時アイ川とアムステル川の合流地点であった現在の旧教会がある場所は墓地でした。人々はこの場所に木造の礼拝堂を建設し、船乗りたちの安全を願っていたと云われています。

そしてその後14世紀初めに、船乗り・漁師たちの守護神、聖ニコラスに奉献され、教会へとなりました。当時は聖ニコラス教会と呼ばれていたようです。またこの時に石造になったのだとか。

15世紀には市民の人口が増加し、もう一つ教会が建てられました。それがダム広場にあるNieuwe Kerk(ニューウェ・ケルク, 新教会)です。
人々は新しい教会を新教会、昔からある教会を旧教会と呼ぶようになり、その名前が今でも双方の教会の名前になっています。
この頃、旧教会は巡礼地として人気の教会で、市民の憩いの場でもあり、また公民館のような機能も果たしていたようで、漁師さんが網や帆を繕ったりと、とにかく市民が集まっていた場所だったようです。
そのため多くの人々が集まる旧教会はアムステルダムのリビングルームという愛称で呼ばれ始めました。

<スポンサーリンク>


14世紀から16世紀にかけて50年ごと計6回の拡張工事が行われ、現在の大きな教会になりました。

17世紀、バロック絵画を代表する画家の一人、レンブラント(Rembrandt Harmenszoon van Rijn)は旧教会で結婚したそうです。レンブラントの奥様サスキヤは死後この旧教会に埋葬されています。また彼女と共に多くのアムステルダム市民がこの地に眠っています。

私が訪れたのは開園と同時時刻くらいだったこともあり、観光客も少なく静かで荘厳な雰囲気を独り占めでした。
旧教会は頻繁に音楽会やインスタレーションを催しており、この日もインスタレーション中で、教会内の床には所狭しと金色のシートが敷かれており、歴史ある建築との対比が面白かったです。

ここの床はお墓でもあります。旧教会には2500のお墓があり、12000人の方が埋葬されてます。その上をドカドカ歩くのは如何なものかとは思いましたが、気がついた時にはお墓の真上におりました。
(レンブラントの奥様サスキヤさんのお墓もありましたが、今日は金色のシートの下でした。)

有名な巨大パイプオルガンは残念ながらの修理中でしたが、石造の柱と木造の天井のコントラストで十分な満足感が得られます。

そして訪れた際は必ずルートマップをもらいましょう。(日本語はありません。)裏面の手書きっぽい説明の絵が、これまた良いです。教会についての豆知識が分かりやすく解説されてて読みいっちゃう感じです。

現在では名所として多くの観光客が訪れる教会ですが、教会として、またアートや音楽などのイベントを介して、アムステルダム市民にも常に開かれています。
増改築・修復等を繰り返しているため、最古の建築という感じは少ないかもしれませんが、13世紀の人が現在と同じようにここで祈りを捧げていたと想像すると不思議な感じがします。扉を開けて教会に入った時に急に世界観が変わったような印象がしたのは、その歴史があるからこそ。
800年以上もの間アムステルダムの”祈りの場所”として歴史あるパワースポットなのかもしれません。

Oude Kerk概要(2017年7月現在)
月〜土10〜18時、日13〜17:30時
€10.00
ミュージアムカード可
Oudekerksplein 23, 1012 GX Amsterdam, オランダ
Oude Kerk