Setenil de las Bodegas(セテニル・デ・ラス・ボデガス)、通称セテニルと呼ばれているこの村は、渓谷に沿ってひっそりと佇む小さな村です。

10年ほど前に、旅行雑誌でセテニルの事を知り、その村の造りに衝撃を覚えました。
渓谷に沿って連なる建物が、
崖の間に位置する、
岩と岩にサンドイッチされたような形態。


巌壁の中腹を掘って住処とした、半洞窟のような住居群の村です。




敵から隠れるように作られた村なのか、
スペインの暑い日差しを避けるために考えられた方法なのか、
歴史的な背景は解明されていませんが、目を疑うような光景が広がります。


半洞窟のような家は、村の中でも一部分のみで、多くの家は普通に建設されており、
村全体の俯瞰はアンダルシア地方独特の白い家並みです。



村の中を散策すると、ところどころに洞窟のような日陰の路地があります。

両サイドが住居の人工的な壁面で、上が岩でできている、ナニこれ的な風景です。


外壁は綺麗に巌壁になぞって造られているので、岩が先なのか、家が先なのか(もちろん岩が先です)。ものすごく一体化しています。




建物内部は、一部の壁と天井が岩でできており、洞窟のような雰囲気です。
夏は涼しく、冬は暖かいと思うので、合理的な感じがします。

ちょうど工事している物件がありました。やはり家を建てるのではなく、掘るといった方法です。


岩がせり出している部分が、大きな庇のようになっており、その下にはカフェやバーがあります。


地元のおじちゃんたちの集いの場にもなっていました。





巌壁と建物とがミルフィーユのように層になっています。
異様な村の造りを見に、今では多くの観光客が訪れるそうです。
節度ある観光マナーで、村の静かな暮らしが変わらない事を願います。

Setenil de las Bodegasへのアクセス
アムステルダムからスペイン、マラガ空港へ(約3時間)
マラガからロンダ行の電車(約2時間)
ロンダからセテニル行のバス(約30分)

 


*合わせて読みたいEU観光情報*