☆ 広告掲載募集 ☆ 詳しくはコチラから ☆

【オランダごはん】あぁお肉が食べたい ステーキのLoetje

オランダのお店

 

創立40年のLoetje。

40年前はビリヤード台のあるカフェだったそうです。

メニューにステーキを載せたことからステーキといえばLoetjeとして知れ渡り、今ではビリヤード台は無くなってしまいましたが、theステーキ屋さんとしてオランダ各地に店舗を展開しています。

店舗ごとにインテリアのコンセプトが異なり、アムステルダム駅前にあるLoetje Centraalは明るく広々とした店内にデルフトブルーのタイルがあしらわれています。

 

ペイプ地区にあるLoetje in De Pijpはモダンな落ち着いたインテリアになっています。

 

アムステルダム・ノードにある店舗は、アイ湾に面して前面ガラス張りの湾ビューになっており、さらに天井にエイが描かれていました。

 

 

 

 

どの店舗もメニューは同じで、メインは3タイプのステーキです。


<Reference:https://www.loetje.nl/>

オランダ語、英語のメニュー以外にも中国語や日本語のメニューもあります。

 

 


がっつり食べるならXLサイズが良いでしょう。写真奥がテンダーロインステーキのXLサイズで、写真手前がバリ島風テンダーロインステーキ普通サイズです。

バリ島風はちょっとだけスパイシーでした。

お肉は柔らかく、濃厚ソースがたっぷりだけどクドくも無く、ペロリと食べれちゃいます。

 

付合せにフレンチフライ(フライドポテト)のオーダーもできます。2人で1つで十分な量でした。

メニューには載ってませんが食パンも注文できます。ステーキソースにパンをつけて食べると超美味しいのでおすすめです。

 

 

 

 


<Reference:https://www.loetje.nl/>

ステーキ以外にもハンバーガーやマグロのステーキなどもあり、サイドメニューも豊富です。

夕方4時まではクラブサンドやフォカッチャなどのメニューもあります。

 

デザートにはオランダ名物のアップルパイもありますが、必見なのはクレム・ブリュレ。

フランスのデザートですがオランダでは中々見かけない(気がする)ので、Loetjeに行ったら食べたくなります。

 

Loetje (Amsterdam Centraal) 概要(2020年3月現在)
8〜22:30時
Stationsplein 10, 1012 AB Amsterdam, オランダ
Loetje Centraal

 

 

アムステルダムの美味しいレストラン
【オランダごはん】山盛り魚介をカジュアルに楽しめるThe Seafood Bar
1984年創業のThe Seafood Barでは新鮮なシーフードをたらふく食すことができます。魚屋さんのレストランなだけあり魚介類は豊富で新鮮。そして盛り付けが豪快です。メニュー数も多いので多人数で訪れてシェアして食べたいレストランです。
【オランダごはん】伝統的なオランダ料理が揃っているHaesje Claes Restaurant
1974年創業のHaesje Claes(ハーシェ・クラース)はオランダ伝統料理レストラン。創業当時は豆のスープとミートボールが売りの小さな定食屋さんでしたが、今では旧市街の6つの建物にまたがり、アンティークな雰囲気を持つ広々としたお店です。
【オランダごはん】デザートは焼きたてアップルパイのWinkel 43
オランダ名物のアップルパイが美味しいカフェで人気のWinkel 43。午後3時のティータイムを中心に年中混み合っています。パイというよりも林檎のケーキなオランダのアップルパイ。リンゴがゴロゴロたくさん入っているのが特徴的です。