オランダ起業を応援します!広告掲載者募集中

【チェコ】バドワイザーの始祖!?ビールの町チェスケー・ブジェヨヴィツェ

ヨーロッパ旅行

チェコ共和国、首都プラハより南へ車で1時間半ほど行ったところにある

小さな町チェスケー・ブジェヨヴィツェ(České Budějovice)。

いたって何もない町ですが、かのバドワイザー発祥の地であります。

バドワイザーといえばアメリカのビールと連想しますすが、なぜチェコの田舎町が始祖とされているのか。そこには知られていない裏話がありました。

チェコのバドワイザーの歴史

チェスケー・ブジェヨヴィツェでは13世紀頃からビール醸造が始まったとされています。
ローマ皇帝のための王立醸造所が設立されたほど、ビール醸造は主要産業として栄えていました。


他の地域のビールと区別するため、この地のビールはバドワイザー(Budweiser)と呼ばれていました。
町名のブジェヨヴィツェ(Budějovice)がドイツ語でバドワイズ(Budweis)と呼ばれており、そこからバドワイザーと名付けらたようです。

16世紀までにチェコの主要産業となったビール醸造業ですが、その後30年にも及ぶ戦争により一時荒廃してしまいます。


18世紀後半にようやく醸造所が再設立され、19世紀に入ってようやくバドワイザービールの醸造が再開し、チェコ国内のみならず海外へも輸出を始めました。


19世紀後半、1895年に正式にブジェヨヴィツェ・ブドヴァル国営会社(Budweiser Budvar Brewery)が設立され、バドワイザービールを販売しています。
が、法的にバドワイザービールの商品名で販売できるのは主にヨーロッパのみとなっています。

アメリカのバドワイザーの歴史

チェコのバドワイザーがアメリカへの輸出が始まったのが1875年です。
そのビールのクオリティーに目をつけたアメリカ人がバドワイザー醸造所のプロセスをコピーした新たな醸造所を作り、そこでできるビールを「Budweiser」と命名し、1876年にアメリカでの商標登録を行った事がアメリカのバドワイザーの始まりです。

完璧なるパクリ醸造所のビールですが、チェコのバドワイザー企業が正式に設立されたのより先に商標登録がされいます。

アメリカのバドワイザーとチェコのバドワイザーは商標登録を巡り紛争状態となりますが、チェコ側がアメリカでの商標権を放棄することで収拾しました。
チェコのバドワイザーはアメリカではチェコヴァル(Czechvar)と名付けられています。

争いが終わったところで、アメリカのバドワイザーは日本を含む各国で商標登録を素早く行い、チェコのバドワイザーが築き上げてきたネームバリューを世界各国から奪い取ってしまったのです。
これにはさすがにチェコ側の激怒し、訴訟は今でも続いているようです。

が、一度登録された商標権を覆すのは容易ではありませんし、アメリカのバドワイザーが出まわっている国では、チェコのバドワイザーはチェコヴァル(Czechvar)と名付けられています。
今更バドワイザーはチェコのビールと言われてもピンとこないでしょう。

日本でバドワイザーと聞くと、アメリカのビールとなります。
アメリカのバドワイザーは確かにアメリカの醸造所で作られているビールなので、アメリカのビールなのですが、そのビールが作られる工程の技術や歴史はチェコが起源となっている、なんとも複雑で因縁が深いビールでした。。。

商標権、特許の力が垣間見れるビールの話となってしまいましたが、
チェスケー・ブジェヨヴィツェにあるバドワイザー醸造所では工場内が見学でき、併設されているレストラン・バーで始祖のバドワイザーを味わう事ができます。

始祖(チェコ)と本家(アメリカ)、
果たして味は一緒なのかどうか味比べしてみるのも面白いかもしれません。

České Budějoviceへのアクセス
アムステルダムからチェコ・プラハへ(約1時間20分)
プラハから特急電車(約2時間)
České Budějovice下車
バドワイザー見学工場まではČeské Budějovice駅から徒歩約30分