2019年5月 ”神話と遺跡と太陽の国ギリシャ”

オリンピック発祥の地、南ヨーロッパに位置するギリシャ共和国。

ミコノス島、サントリーニ島と、エーゲ海に煌く島々はリゾート地として言うまでもなく人気がありますが、やはりギリシャといえば古代遺跡の巣窟。



首都アテネのアクロポリスを代表に、多くの神秘的な建造物が残されています。

遥か昔、紀元前3000年頃〜紀元前1200年頃は、 ヨーロッパ地域で最初の高度な文明でもありましたが、
今ではどこか下町感あふれる情緒ある風景を体感することができる国だと思います。

今月はギリシャの首都アテネと、古代遺跡を中心にご紹介いたします。





今月のブログリンク

2019年5月6日 ”ギリシャ・アテネで下町観光”

2019年5月13日 ”ギリシャ・スニオン岬の夕焼けで黄昏れ”

2019年5月20日 ”ギリシャ・アクロポリスの巨大古代遺跡”

2019年5月27日 ”ギリシャ・メテオラの断崖の修道院”





*合わせて読みたいオランダ観光情報*